“What is the No. 1 selling duo in music history?”

そうなんです。60年代のスパースター、サイモン&ガーファンクルでもなく、、、70年代から音楽活動を始めた、ホール&オーツなのです。

なんといっても、80年代に爆発的にヒット曲を生みだした、Daryl Hall and John Oatesのライブを聞くのは今回が初めてだったので、かなり興奮気味。会社も早退して心待ちにしていたイベント。

9月3日、バンクーバーのPNE (Pacific National Exhibitionの略)で薄暗くなった8時頃過ぎにコンサートが開始された。

Out of Touch, Private Eyes, Family Man, Kiss on my list、、、私の大好きな曲をしっかり歌ってくれ、大満足。

実は、このコンサートの情報も夫が教えてくれたもの。同じ世代だからこそ、違う国で育っていても、趣味が違ったとしても、その時代に流行っていた音楽だから、それぞれ曲に対する思いがあり、、、、

当時から20年以上たっているが、素晴らしいものはいつまでたっても素晴らしい!ずっとこのまま音楽活動を続けてほしいと思う。

何曲か会場で大合唱となり、声を出して歌っている周りの人混みをみると、、、うーん。確かに中年の人ばっかり。っていうか、私もそうか?(笑)

ひとつ、ネガティブだったのは、すぐそばにいた高校生くらいの女の子がすごくつまらなさそうに彼氏に文句ばっかり言っていて(彼氏も彼女と同世代だったが、彼はかなりのファンのよう)周りの人を無視し続けていたこと。そんなにつまらないんだったらそこから出ていけばいいのに!後ろから蹴り飛ばしたいほどの怒りを感じたが、、、、ライブという貴重な体験を無駄にしたくないので、舞台にフォーカスするよう試みた。

音楽には好みがあるが、他人も自分と同様尊重するよう育てれらているはずの北米でも、他人の気分を害する行動しか取れないティーンが増えているのは間違いない。とても残念なことだ、、、。

古いとか言われても、しったこっちゃない。彼らの歌は、私の中で永遠に『大好きな歌』として残っていくことは間違いない、、、

Advertisements

Vancouver’s Christmas Music Station

103.5 QM/FM

一日中ずっとクリスマスソングが聞けます。

現地のラジオから流れているクリスマスソングを、

iPhoneやwebを使えば、日本にいても

同じ歌を、今、この瞬間、同時に聞いてると思うと

とても遠いのに、すごく近い気がする、、、。

* 帽子をクリックすると、サイトに行きます。

<クリスマス関連ブログ>

ひと足早いホワイトクリスマス?バンクーバーの初雪 2010
カナダでクリスマス - 赤とゴールドのクリスマス・ツリー エドモントンにて
カナダ、バンクーバーのGREENなクリスマス・ビジネス

カナダのクリスマス – フェスティバル・オブ・ツリー クリスマスツリー編 (エドモントン)

カナダのクリスマス – フェスティバル・オブ・ツリー  ジンジャーブレット編 (エドモントン)
カナダで見つけた、おしゃれなクリスマス用靴下たち (エドモントン)
カナダ、エドモントンでサンタへの手紙を送る、赤いポスト箱を発見!
ラストミニッツ?クリスマス・ショッピング
ワンダー・クリスマス - ユニバーサル・スタジオ

カナダ、バンクーバーでクリスマスのディナーを大切な家族と共に過ごす

サンタ追跡サイト!今どこを飛んでいる?アフリカ、ヨーロッパ経由、北アメリカへ

バンクーバーのクリスマスライツ Festival of Lights - バンデューセン植物園

『MIDLAND SQUARE』はなだ色のノエル。今年初めてのクリスマス

とかく何かと、苦手なことにチャンレンジしている時は、積極的に、視野が広がるイベントなどに参加する必要があると思います。

その意味を兼ねて、バンクーバーのダウンタウンにある、Orpheum Theatreで、Academy Symphony Orchestraの演奏する、オーケストラを聞きに行って来ました。

建物もすごくゴージャスで、やはり正装でないと、建築物に失礼な気がするというか、、、アッパークラスの階層に人たちの交流場のような雰囲気。

オーケストラの演奏は、教会で慣れているつもりだったけど、やはりシンフォニー音楽を聴いたのは初めてで、会場全体に広がっていく迫力があり、音楽の深さを感じました。

言葉もないのに、心にずーんと響くような何かが確かにそこにはあった。

そのあとにオペラが続く。

実はオペラも初めてで、少し心配でした。というのは、オペラは好きな人は好きだし、嫌いな人は嫌いだとよく言われているから、自分はどっちのタイプが良く分からなかったから。

そのオペラも、ドイツ語だったりしたりして、、、、

でも、全然大丈夫でした。

意味は分からなくても、何か、心に響いてくる歌声だったからです。

素晴らしいものは、やはり素晴らしいのですね。

また、シンフォニーを聞きに行きたいと思いました。

名古屋で開催される、女性限定のカンフィレンス、ゴスペルライブコンサートのご案内。

<カンファレンスのご案内>

2009年20日(金)、21日(土)、22日(日)

今回のカンファレンスのテーマは「私は神の美しい作品-女性の心と体-」と題し、神さまがよしとされた美しい作品としての自分自身を、今一度見つめなおす機会としたカンフィレンスです。

セミナー参加資格 女性

◆全日参加セミナー①、②&ミュージック・ワークショップ\10,000円

◆セミナーのみ参加者 ①、②\5000円

※3日間のワークショップ参加者は3月22日(日)に行われるコンサートに出演します。
コンサート・チケットの委託協力をお願いします。
セミナー①②のみ、有料の託児所の用意あり。(1セミナーごとに¥500)

募集人数  100名  定員に達し次第、終了。

22日(日)
女性だけで歌う、ゴスペルのライブコンサートが行われます。
前売り料金、2000円、当日2500円

Women’s Conference 2009 講師紹介

この中に向井かおりさんという方がいて、彼女とは、バンクーバーで一度、お会いしたことがあります。本当に、すごく透きとおった歌声をもつシンガーで、現地でCDも購入しました。今でも、お気に入りの一枚です。心が洗われるようなボイスを持っています。

思いっきりゴスペルを歌って、不景気の波を海の向こうへ吹き飛ばせっ!


問い合わせは、以下のサイトまで
“STAND” Women’s Ministry