2月6日 AFPの記事によると、カナダでは移民は「機会」のひとつと考えられているが、それにたいし、英国や米国、スペインでは移民を「問題」ととらえている人が多いこと明らかになった。


フランス
では移民に対して否定的な意見を持つ人が急増した。


移民
犯罪を増加させると考える人

フランスでは、2009年25%以下、2010年には40%と急増した。


移民を「機会」であるよりは「問題」であると考える人

英国で66%以上
米国 スペインで50%以上に上った。


しかし一方で、移民たちが社会に 適応できていると考える人の割合も人


米国で59%、スペインでは54%と半数以上に上った。

また、英仏独ではおよそ40%、オランダ、イタリアではわずか36%ほどだった。


一方、移民らが社会に適応できていると考える人

カナダでは、およそ60%で、移民を「機会」と考える人の方が多く、移民を「問題」とみる人はわずか27%だった。


また、移民が社会に適応するための方法としては

ドイツでは言語の習得が重要と考えられ、

オランダでは言語と文化

イタリア、スペイン、フランスでは政治制度と法の尊重が最も重要だと考えられていた。


<参照調査リンク>
欧米世論の移民問題に対する意識を調べる「欧米トレンド:移民(Transatlantic Trends: Immigration

<参考記事>
移民は「問題」、欧米世論調査

Advertisements

バンクーバーは、50%以上が中国(香港、台湾、中国)からの移民と言われています。

そして、今年も、Gung hay fat choy! Gong Xi Fa Cai!という祝い声をにする季節がやってきました。

バンクーバーでも所々で、中国旧正月のイベントが多数行われています。

地元紙、Vancouver Sunの写真(右)にもあるように、そのお祝いのカラーは赤とゴールド。

お年玉袋も、赤とゴールドで、中国では「红包」と言われているようです。

そして、我が家も、週末はリッチモンドのAberdeen Centreへ。モール内のデコレーション、ランタンがいっぱい飾られていました。

Aberdeen Centreのイベント紹介ビデオはこちら。

バンクーバーは、北米に居ながらも、しっかりと中国のお正月が体験できる街なのです。

今日は、ノースバンクーバーで開業予定のヘアサロン、ジャイブ・ジャイブのグラントオープニングパーティに参加してきました。

このサロンオーナー、ハセガワさんは、なんと同郷の三重県出
身で、このJive Jive Hair & Make は、バンクーバーのこ
の店が、6店目の支店をオープンされたのです。

日本とカナダの両方で、ビジネスを展開している実業家でも
あり旦那様が、日本のサロンをケアしてくれているので、彼女
はバンクーバー支店の開業に全力をそぞくことができたと言っ
ておられました。

実業家と聞くと、すごいやりてで、おそらく性格もキツイと、普
通なら想像しがちですが、、、、本当に、とても気さくで、親しみやすい笑顔の素敵な女性です。

女の子2人の母親でもあり、、、とにかく、とてもよく動く人です、、、。

このサロンは、ノースバンクーバーのロンズデールー・キーのからとても近くて、ロケーションも抜群。お店の
インテリアもなんとなく、日本の支店と同じ、北欧のもつ特有な可愛らしさが感じられます。

やっとバンクーバーで出会えた三重県人。そんな彼女と二人で「三重県人会」でも始めようかと、、、、
なんて、二人で話が盛り上がって?います。(笑)

今、グランドオープニングスペシャルなど、いろいろな割引もあるので、ぜひ、、、、、
近くまで行ったのなら、どうぞ気軽に立ち寄ってみてください。

<サロン ロケーション>

Jive Jive Vancouver Branch

7 Lonsdale Avenue
North Vancouver, British Columbia V7M 2E4

Tel: 778-340-6243
Email: jagumi@live.jp

5月の初旬、バンクーバーのローカル日系雑誌、The Bulletin というバイリンガルの雑誌の広告で、バンクーバーの中国系カナダ人のコミュニティーについて学ぶイベントを発見。

これは、異文化に興味を持っている人を対象に、BC政府その他現地の団体の協力で、チャイナタウンの入り口にあるSUCCESSという移民をサポートする団体の会場にて開催された。

最初は、中国の代表的な文化遺産として、calligraphy 中国の書法や、絵法を、国内外で知られている名人によってデモストレーションされた。

書道は別にしても、ペインティングはやはりかなりの違いを感じた。その後、すごいボリュームの食事。さすが、中国。食べ物へのこだわるは本物。

食事を終えたら、今度は以前、バンクーバー市内で起きた、中国系移民による木の伐採事件について、当時市役所でボランティアをしていた女性からの話があった。

その当時、かなりのボリュームで中国(香港、台湾を含める)系の移民が急増していた。

お金を持って移民してくる大半の中国系移民は、長年その場所で大切にされてきた木々を、自分の購入した家の敷地内だからという理由から、ためらうこともなくどんどん切り倒していった。

欧米の価値観では、生活空間に木があることは文化への意識、水準の高さを示すものでもあり、その見解で見ると、中国系移民のこれらの行動は、教育の低さ、または野蛮な人種のとる行動として扱われることとなり、後に、バンクーバーの新聞の紙面を飾る大問題へと発展していった。

なんの遠慮もなく、何百年も植わっていた木を平気で切り落としていく中国系の移民に対し、憤りはどんどん高まっていき、市へ不服、不満の声が多数寄せられ、増え続けていった。

何年がその戦いが続いた後、最終的には法律で、市の許可なしでは敷地内であっても勝手に木を切り倒せない。許可が下りても、限られた数しか伐採してはいけないというルールが決められた。

その過程を通し、、、、

中国系の移民は、欧米系の住民に対する”木々に対する熱いこだわり”を知り、欧米系の住民は、中国系の移民が考慮なしに木を切り倒したのではなく中国の文化でもある Fung-Shuiによったものだと、理解できたようだ。

、、、、というのは、Fung-Shuiは方角に何があるかが、幸せな人生に大きくかかわってくるので、木がそこにあるとエネルギーの流れが悪くなる場合があるらしい。

それは、信じている人にとっては大切なことだが、それを信じていない人にとっては、全く理解を越えるものとなる。

しかし、自分の文化、価値観だけで、周りの様子を見ずに行動する自体はやはりどうかと思う。

それは、”郷に入れば郷に従え”と教わってきた、私が日本人なのだからだろうか?


YWCAの就活の授業で、インストラクターから、Dress for SuccessというNPO団体が、バンクーバーでプロフェショナル・ウーメンズ・グループ・プログラムを提供していて、とても素晴らしいNPOだから、このサービスを一人でも多くの人に利用して欲しいと強く勧められた。

女性の自立と就職を助け、キャリアアップの相談、サポート、または就職面接の際のスーツを無償で提供するなど、いろいろなサービスを提供しているとのこと。

全てがドネーションなどによって運営されているため、提供されているものの品質が実際にどんなものなのかを確かめたくて、気に入らなかったらそのまま帰ってもいいとのことだったので、その提案を受け入れてみることにした。Nothing to lose!!!

実際に、その団体のオフィスについて、プロフェショナルな対応を受けた時、私のその考えは全く違っていたことに気がついた。入荷したばかりの新品のも多数提供していたようだ。

私のトータル・コーディネーションをしてくれた女性は、リタイヤーする前は大会社の人事部に勤めていたらしい。年を取っていたので少し心配だったけれど、その女性のコーディネーとしてくれた組み合わせはとてもお洒落で、ビックリした。それ以外に、化粧品、アクセ、靴、カバンまで、移民で求職中の女性というだけで、サービスの対象になるなんて、さすが北米は購買欲の高い国、買ったけれど一度も着なかった服などを、社会貢献の為にガンバっているNPOに寄付する確率は、かなり高めなのだ。

日本から帰国して、結婚前に着ていたスーツがどれ一つも着れなくなっていた私にとっては、嬉しいギフトだったことには間違いない。

インターナショナルな組織なので、海外に住んでいる人は自分の住んでいるエリアでも、このNPOが活動をしているかもしれない。興味があったらウェブや、ソーシャルメディアでチェックしてみるべき!

3月のとある日、バンクーバー郊外のリッチモンドで、義理の叔父、叔母の40周年結婚記念日を祝った。

娘夫婦の用意した、かわいいデコ。

当人たちは、楽しく大笑いしながら、

皆の前でワインを腕くみしながら飲んだ

りとか、、、

仲よくしている二人を見ていると

こっちまで嬉しくなる、、、。

その日、義理の叔母がまだイタリアに住

んでいた頃、彼女の経営していたヘア

サロン、叔父が若くて細かった頃の写

真等を初めて見せてもらった。

イタリアから、カナダへ、、、。家族の歴史を感じた。

このカップルも、祖国を離れ、海を越えてやってきた移民なのだ。

Happy 40th Anniversary!!!

年頭に、興味深いタイトルの記事を発見した。

カナダで急増する中国人移民、目的はマネーではなく新しい人生』、その情報を少しかいつまんで紹介したい、、、

カナダではここ10年ほどで、中国人の移民が急増している。バンクーバーでは、2001年の中国系住民は5年前に比べて22.8%増。2006年には同11.3%増加。

しかし彼らは、必ずしもビッグな”ビジネスチャンス”を狙って、カナダへやってくるわけもなく、中には、祖国の親族から ”経済的支援” を求める移民もいる。

2007年に中国・広東省から移住した女性も、「生活水準は下がりました、、、、」「中国では金銭的な問題などありませんでしたから」、、、と言う。しかし、バンクーバー近郊で一軒家を購入するためその夫婦は、実家からお金を借りるしかなかったという。夫彼女の夫はエンジニアだが、今のところはパートタイムの仕事が見つかっただけ。

北米の教育と、職務経験がない移民は、技能があったとしても、楽に仕事が見つかる人はあまりいないのが現状。祖国で医者をしていた人が、この国へ来たら、ある仕事と言えば、コンビニの定員とか、ビルの清掃、タクシーの運転手など、自分のキャリアとは全く違った仕事でも、背に腹は代えられないからである。

では、なぜそこまでして、海を渡り移住するのか?

その彼女は、「自分の人生を変えたかったんです」と答える。生活水準が下がったとしても、彼女はカナダでの第2の人生に「かなり満足」しているという。

彼女たちが住んでいるリッチモンド市は、リッチというサウンドが耳に心地よいらしく、中国系の移民からは非常に人気が高く、今では、総人口19万弱のうちの半分を占めている

バンクーバーの中国系住民は約38万人。その中の5人に、1人が中国からの移民という計算になる。海を渡ったとはいえ、ここではマイナリティーではなく、マジョリティーになっている中国系の移民達。

彼らの大半は、このようにカナダでの生活にすんなりと馴染み、第二の人生をエンジョイしている。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

人気ブログランキングへ