9月30日は、International Translation Day として、各国で翻訳・通訳向けのイベントが行われた日でした。

ここBC州のバンクーバーでは、翻訳・通訳のプロの集団、Society of Translators and Interpreters of British Columbia (STIBC)の30周年記念イベントが行われた。

私たちが参加したのは、夕方のイベント。

午後のイベントには、現地の Global TV のキャスター、Mike MCCardell 氏書いた本の一冊から、彼がその中のストリーを読み、各言語に翻訳されたものを国ごとに読み上げた。 マイク氏は、”Everybody has a story” というフレーズを使うことで有名。大切なことをテレビを通して視聴者に伝えている、心あるキャスターとして知られている。

他には、旧バンクーバー市長のSam Sullivan氏が Greeting Fluency プロジェクトに関する紹介をするなど、ゲストとして参加していた。

Sam Sullivan氏は、数年前のトリノオリンピックでバンクーバー代表として、5輪旗を受けとった市長でもある。

彼は、19歳のときにスキーをしていて首の骨を折り、以来手足の自由が利かない。閉会式前の24日、AP通信とのインタビューで自身の障害についてこう語っている。

“Becoming a quadriplegic was really, really difficult. It took me seven years of depression and difficulties. Eventually I came through and decided I was going to focus on making my life better, and the lives of others.”

(四肢まひになったのは本当につらかった。7年間、うつ状態と苦悩が続きました。最終的には切り抜け、自分の人生をどう良くしていくかに集中しようと決めたのです。自分の人生とほかの人々の人生を)

“Some people consider disability as a tragedy. I look at is as a career move.”

(人によっては障害を悲劇だと考える人もいる。私はそれをキャリアアップととらえています) 参考はこちら

彼の、事故によるハンディを受け入れ、自己の最善を尽くして生きようとする ”前向きな姿勢” と、純粋な ”文化に対する理解の心” を持っている彼には、心を惹かれるものがある。

Greeting Fluency プロジェクトとは、簡単な外国語のフレーズを学んで、国際交流のきっかけにすること。移民の国カナダでは、お隣は別の国から移住してきた人というのも、そんなに珍しくはない。 サム氏は日本語もかなり上手だった。いい意味で驚き。この人なら、人の痛みが分かるから、きっと非営利な素晴らしいプロジェクトをこの先もリードしていってくれるのだと感じた。

『翻訳も通訳』も、同じ言葉では理解し合うことができない人たちを結ぶ、架け橋の役、相手のメッセージを正しく伝える、とても大切な仕事。相手を理解しようとする心がなかったら出来ない職業だと思う。 重要な書類の翻訳や、裁判の通訳などは、やはりプロにお任せしたい。

カナダ、またはBC州で翻訳・通訳のプロを探したいのなら、まず、STIBCに問い合わせるのが一番だろう。

“What is the No. 1 selling duo in music history?”

そうなんです。60年代のスパースター、サイモン&ガーファンクルでもなく、、、70年代から音楽活動を始めた、ホール&オーツなのです。

なんといっても、80年代に爆発的にヒット曲を生みだした、Daryl Hall and John Oatesのライブを聞くのは今回が初めてだったので、かなり興奮気味。会社も早退して心待ちにしていたイベント。

9月3日、バンクーバーのPNE (Pacific National Exhibitionの略)で薄暗くなった8時頃過ぎにコンサートが開始された。

Out of Touch, Private Eyes, Family Man, Kiss on my list、、、私の大好きな曲をしっかり歌ってくれ、大満足。

実は、このコンサートの情報も夫が教えてくれたもの。同じ世代だからこそ、違う国で育っていても、趣味が違ったとしても、その時代に流行っていた音楽だから、それぞれ曲に対する思いがあり、、、、

当時から20年以上たっているが、素晴らしいものはいつまでたっても素晴らしい!ずっとこのまま音楽活動を続けてほしいと思う。

何曲か会場で大合唱となり、声を出して歌っている周りの人混みをみると、、、うーん。確かに中年の人ばっかり。っていうか、私もそうか?(笑)

ひとつ、ネガティブだったのは、すぐそばにいた高校生くらいの女の子がすごくつまらなさそうに彼氏に文句ばっかり言っていて(彼氏も彼女と同世代だったが、彼はかなりのファンのよう)周りの人を無視し続けていたこと。そんなにつまらないんだったらそこから出ていけばいいのに!後ろから蹴り飛ばしたいほどの怒りを感じたが、、、、ライブという貴重な体験を無駄にしたくないので、舞台にフォーカスするよう試みた。

音楽には好みがあるが、他人も自分と同様尊重するよう育てれらているはずの北米でも、他人の気分を害する行動しか取れないティーンが増えているのは間違いない。とても残念なことだ、、、。

古いとか言われても、しったこっちゃない。彼らの歌は、私の中で永遠に『大好きな歌』として残っていくことは間違いない、、、

プレジデントのオンライン版で面白い記事を発見したので、簡単に紹介したい。

日本企業のグローバル化が進む中、海外進出に伴う、現地人材の採用に多くの企業は苦戦しているようだ!ヨーロッパでもアジアでさえも、「日本びいきであったとしても、日本企業に就職したい!」という学生は少ない。

【なぜ、日本企業で働くことに魅力を感じないのか?

中国で約3万人弱の大学生を対象にしたアンケート(2005年)の結果、人気グローバル企業トップ50社の中で選ばれた日本企業は、ソニーとパナソニックの2社のみ。それも 22位と41位。トップ10には程遠い。

社会人に対するアンケートでは、企業の国籍別でみると、日本企業は、欧米はもとより、韓国、香港、台湾、そして 中国の地場企業より下にランクされている。

それは中国だけではなく、欧米やアジアでも同様の傾向がみられる。各国々のトップクラスの学生たちが就職を希望する企業として、日本企業を選ぶのは台湾以外はほぼ、全くないに近い状況のようだ。親日的といわれるタイでさえ、「日本の製品や文化は好きだが、日本企業には勤めたくない という 人が多い

東大大学院を卒業し、日本人に帰化した外国人でさえ、就職先として選ぶのはやはり、「日本企業」ではなく「欧米企業や地場企業」だという。


【国別による企業選択の基準の相違】

中国
中国人の場合、日本人には「お金で動く」というイメージがあるが、中国の有能な人材ほど自身のキャリアを重視しており、少々給料が安くともキャリアアップを優先する傾向あり。

企業の人事に対し、どんな内容の仕事か」「何年働けば管理職になれるか」「どのような基準で昇格を決めるのか」といった点について、納得のいく答えを求める。また実力主義・個人主義の傾向が強く、日本的な年功序列や横並び賃金は忌避れる。

華南地域、香港やシンガポールの中華人は、金銭面へのこだわりが強いようだ。少しでも給料がよいと、それまでのキャリアをあっさり捨てて転職することも厭わない。

タイ、インドネシア
東南アジア諸国では、実力主義の傾向は少なく、成果主義賃金で大きく差をつけたりすると「かわいそうだから私の分を分けてあげてください」と言われたりする。職場の雰囲気や企業風土を大切にする点は日本人と共通するが、日本人より自らのキャリアや、企業の社会的ステータスを大切にする。

◆インド
経営理念や理論が企業選びの基準。「各人の給料がいかにして決定されるか」といった仕組みが明快で論理的で ないと働く人々は我慢できない。また、企業のビジョンにも重きを置き、その企業がインドとその社会にどのような貢献をしているかを気にかけ る。

国によって、企業に求めるものが違うにもかかわらず、どの国でも日本企業には人気がない。


その最大の理由は、日本企業では何もかもが「曖昧」であることだ


『仕事の責任範囲、昇格基準、給与体系、評価基準』など、人事諸制度明確でない (*1) ばかりか、企業の経営理念、海外拠点の経営方針もはっきりしない。(*2)

(*1)
金銭を重視する人にとって「どれだけ働けば、いくらもらえるのか」がわからず、
キャリアを重視する人にとって「いつ頃どのよ うな仕事を任されるのか」がわからない。
ビジョンを重視する人にとっても「どんな理念を持った企業なのか」がわからない。

そのため誰からも魅力を感じてもらえない。

(*2)本社で明確な方針を 出していても、現地に伝わっていない

「海外子会社の現地化を進め、○○年までにこのポジションに現地人を昇格させる」と本社の会議で決定しているのにもかかわらず、 肝心の現地のマネジャークラスには伝えられておらず、昇進させようと思っていた人が見切りをつけて転出したりする。


第二の理由
として、現地人材への権限の委譲が少ない こと。

「日本の企業なんだから日本人が回すのが当たり前」という姿勢があから さまで、現地人材を欧米などで現地子会社の副社長クラスに登用しても、実質的な権限は与えず、重要な問題は日本人だけで集まって決めることが依然少なくない。ましてアジアとなると、現地採用の人材をトップクラスのポジションに就けている例もほとんどない。


第三
有能なマネジャークラスへの報酬が低い

コストカットのために海外に進出する企業が多く、また、年功序列型報酬制度のため、勤続年数が長いだけで、有能で多くの仕事をこなしている現地の人材よりも多くの給料をもらっている

これは能力を持つ人材にとっては我慢できないことであり、このため日本企業では仕事のできる人からやめていき、そこそこ働いて安定した生活が確保されることを重視する人材だけが残る傾向にある。


第四に、
体系的な人材育成プログラムがない。

新人研修やワーカーのスキルアップには熱心だか、会社を左右するトップクラス向けの育成プログラムが不十分。上層の育成プログラムを重視している欧米企業と正反対なので、意欲のある人材は残らないし、入ってこない。


第五に、
社会貢献の姿勢が少ない。

欧米企業は諸政府や団体が行う社会的な事業に寄付したり、学生に奨学金を出す のに熱心だが、日本企業は積極的ではない

一つの大学で50人、100人の学生に多額の奨学金を提供する欧米企業に比して、日本企業は「年間 3000円を、二人に対して」といった具合にスケールが大きく異なる。なかには社会貢献に熱心な企業もあるが、全体としては少数派。


第六
に、日本人は英語が不得手

多国籍の人々に囲まれて仕事をする際、言葉がわからないままでは、企業のビジョンも示せず、的確な指示もできない。

ここまで詳しく説明されているので、とても分かりやすい。日本側から見れば問題でないと思えることも、外から見れば大きな問題であることが、ここでも明確になっている。人事の担当者が、自ら、海外生活を体験してるかどうかなど、『外から日本を見る目』または、その感覚を身につけていることによって、企業にとって有益となるグローバル人材を確保できるかにも大きくかかわってくるだろう。

<参考記事>

「世界の働きたい企業ランキング」日本勢はなぜ不人気なのか

オリンピックのカウントダウンが始まり、世界中の人が、私の住んでる街バンクーバーにやってきます

そこで、現地のブリティシュ・コロンビア州民として、ここ特有の 『美しさ』 とは一体何だろうと、少し考えてみることにしました。この場所がなぜ  ”BEAUTIFUL” British Colombia  と呼ばれているのかを、、、。

それを、たった90秒で見せてくれたビデオを発見!!!

いろいろな出来事の中で、今、ゆっくりと深呼吸をして、目を閉じて、自然の空気を感じてみること。バンクーバーアイランドなど、周りにある島々などの、、、、大自然の澄んだ空気を感じることができるビデオでした。

ブリティシュ・コロンビア州の著名人、マイケル・J・フォックスや、サラ・マクラクランなどが出演しているプロモーションビデオです。Michael J. Fox, Ryan Reynolds, Erick McCormack, Kim Cattrall, Steve Nash, and Sarah McLachlan.

深く深呼吸して、ブリティシュ・コロンビア州の自然に

触れてみてください。

ダウンタウンのカフェでコーヒーでも飲みながら、カナダのことを語ってみたいです。

ブログを読んでくれた方!!!バンクーバーに来る際は、

ぜひ、”ひと声” かけてくださいね。待ってま~す。(笑)


<ブログ内、関連記事>

バンクーバーオリンピック公式グッズ、五輪マーク入りの赤い手袋!
オリンピック開催前の、バンクーバーのダウンタウンの様子

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

人気ブログランキングへ