9月30日は、International Translation Day として、各国で翻訳・通訳向けのイベントが行われた日でした。

ここBC州のバンクーバーでは、翻訳・通訳のプロの集団、Society of Translators and Interpreters of British Columbia (STIBC)の30周年記念イベントが行われた。

私たちが参加したのは、夕方のイベント。

午後のイベントには、現地の Global TV のキャスター、Mike MCCardell 氏書いた本の一冊から、彼がその中のストリーを読み、各言語に翻訳されたものを国ごとに読み上げた。 マイク氏は、”Everybody has a story” というフレーズを使うことで有名。大切なことをテレビを通して視聴者に伝えている、心あるキャスターとして知られている。

他には、旧バンクーバー市長のSam Sullivan氏が Greeting Fluency プロジェクトに関する紹介をするなど、ゲストとして参加していた。

Sam Sullivan氏は、数年前のトリノオリンピックでバンクーバー代表として、5輪旗を受けとった市長でもある。

彼は、19歳のときにスキーをしていて首の骨を折り、以来手足の自由が利かない。閉会式前の24日、AP通信とのインタビューで自身の障害についてこう語っている。

“Becoming a quadriplegic was really, really difficult. It took me seven years of depression and difficulties. Eventually I came through and decided I was going to focus on making my life better, and the lives of others.”

(四肢まひになったのは本当につらかった。7年間、うつ状態と苦悩が続きました。最終的には切り抜け、自分の人生をどう良くしていくかに集中しようと決めたのです。自分の人生とほかの人々の人生を)

“Some people consider disability as a tragedy. I look at is as a career move.”

(人によっては障害を悲劇だと考える人もいる。私はそれをキャリアアップととらえています) 参考はこちら

彼の、事故によるハンディを受け入れ、自己の最善を尽くして生きようとする ”前向きな姿勢” と、純粋な ”文化に対する理解の心” を持っている彼には、心を惹かれるものがある。

Greeting Fluency プロジェクトとは、簡単な外国語のフレーズを学んで、国際交流のきっかけにすること。移民の国カナダでは、お隣は別の国から移住してきた人というのも、そんなに珍しくはない。 サム氏は日本語もかなり上手だった。いい意味で驚き。この人なら、人の痛みが分かるから、きっと非営利な素晴らしいプロジェクトをこの先もリードしていってくれるのだと感じた。

『翻訳も通訳』も、同じ言葉では理解し合うことができない人たちを結ぶ、架け橋の役、相手のメッセージを正しく伝える、とても大切な仕事。相手を理解しようとする心がなかったら出来ない職業だと思う。 重要な書類の翻訳や、裁判の通訳などは、やはりプロにお任せしたい。

カナダ、またはBC州で翻訳・通訳のプロを探したいのなら、まず、STIBCに問い合わせるのが一番だろう。

最近、トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦 を読んで、なるほどと思うことがありました。

「文化、習慣」の違いをお互いに理解していないことが摩擦となり、問題を引き起こしてまうことがあります。

日本人の視点から、中国人の行動について理解できない部分とは何だろうって考えてみました。そこで、代表的な5つの習慣について説明されているサイトを見つけたので、それから内容を少し抜粋してみました。

<1、使用済みのトイレットペーパーを便器に流さないのはなぜ?>

中国からの観光客の増加に伴い、東京・浅草寺や秋葉原のトイレでは、昨年あたりから 使用済みのトイレットペーパーがごみ箱に溢れかえるという事態が頻発し始めたということ。中国では下水道や水洗トイ レの普及率が低いほか、トイレに置かれているのが、日本のように水に溶ける紙ばかりではないので便器に流す習慣がない。中国ではトイレを詰まらせないよう使用済みの紙を備え付けのご み箱に捨てる方が正しいマナーなのです。  トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦

<2、トイレの便座に足跡があるのはなぜ?>

昨年、バンクーバー空港のトイレでも同じ中国語の注意書きを見かけました。その時は、その注意書きがなぜ貼られているのか、意味がよく分からなかったのですが、なるほどでした。田舎に住んでいる中国人は、洋式トイレの場合は、和式のトイレの様に便座に靴のまま上がって使うそうです。それは、直接便座に座りたくないからとのことです。中国の田舎モン式トイレの使い方


<3、中国人が「値切り」をするのはなぜ?>

中国では自由市場や青空市場が主流なので、その環境で言い値で買う客などいないそうです。同じ商品でも、駆け引き次第で、いくらでも値段に差が出る。それとは逆に、日本では中国人観光客に定価以上の値段で買わせ、バックマージンをとる悪徳ガイドも存在するらしいので、大人しくしているとボッタクられる可能性があるという危機感あるとのこと。 トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦

<4、商品の袋を勝手に開けるのはなぜ?>

中国ではニセモノが多く市場に氾濫しているので、買う前に中身を確認しなければ、怖くて買えないとのこと。 トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦

<5、中国では並ぶ習慣がない?>

中国は昔から、戦争などで生活が苦しい上に、人が多く、物が足りない、チャンスもない。平等なんてそんな甘っちょろいものはない。誰も自分を守ってくれないのだから、自分でそれを取りに行くしかない。そんな危機感の中を生きてきた人々は、たとえ平行棒のような高い柵があっても、ヒョイっと乗り越え割り込んで行く。長年の習慣は中国人のDNAとして残ってしまっ たという説もあり。生き残るのにマナーは邪魔!?毎日が生存競争の中国―米紙柵を乗り越える中国人と線1本で並ぶ日本人

<日本は中国は違う?>

実は、日本も40年前までは、大声で話す人、ゴミのポイ捨て、バスでの座席争い、交通ルールの無視、河川や空気の汚染などの 問題があったらしく、それを解決したのが、義務教育だそうです。日本の教育者は勉強だけではなく教養をも教え、子どもたちは義務教育を通して、正しいマナーを学んでいる。一 方で中国の学校はただひたらすに受験の成功を追い求めるばかりで、残念ながら、礼儀の教育は保護者に頼るしかないのが現状なようです。海外でも受け入れられるエチケットとは何かということを、保護者自身が学んでいなければ、子どもに伝えるのはとても無理でしょう。日本人はなぜ礼儀正しいのか?「義務教育の成功」に学べ―中国ブログ

最近、中国大使館は公式ホームページに「中国公民向け訪日旅行に関するお知らせ」を掲載し、中国人観光客に日本旅行の際の注意点や心得を紹介したようです。 中国大使館が公式サイトに「日本旅行の注意点」、来日後のマナーを細かく指南

確かに、”郷に入れば郷に従え”という考えはもっともだと思います。でも、文化の違う海外から旅行者を誘致しているのであれば、ホスト側の責任・役割として、例え、それらの行動がその国では受け入れがたいものだったとしても、”マナー違反だから”と決めつけてしまうだけではなく、相手がなぜ、そのような行動を取るのかを理解しようとすると努力と、相手にこちらの希望や必要を知ってもらうため、「相手に通じる言葉、方法でのコミュニケーション」を取り続けることが必要だと思います。

嫌だというネガティブなエネルギーを逆に利用して、「嫌だからなんとかしたい!、、、だったら、こういうしたらどうだろう?」などとポジティブなアクションとして使ってみると、最終的にはお互いとって、よい解決策が生まれるのではないでしょうか?

8月2日、3日に『大須の夏まつり』のイベントが行われた。

去年は知らないうちに終わってしまっていたので、今年こそはとせめて夫の仕事が終わって急いで、2人で駆けつけた。2日の土曜日のパレードには参加できなかったが、大須観音でのイベントにはかろうじて間に合った。

蒸し暑い夏の名古屋で、コスチュームを着るなんて、私には到底考えられない。

7時を過ぎでも超蒸し暑く、背中から汗が流れおちる。

海外、国内から参加されているコスチュームを着ている皆さんに、本当に御苦労さまだと言いたかった。いくら好きな事とはいえ、やはり暑いものは暑いに決まっている。

特に特殊メイクをしている人たち。っていうか全身カラーでペイントしてた人たち。本当に大変だっただろうな。ご苦労さまでした。

パレードのビデオをYoutubeで発見した。リンクはこちらです。

WORLD COSPLAY SUMMIT 2008 PARADE / 世界コスプレサミット2008 名古屋 大須 パレード