“What is the No. 1 selling duo in music history?”

そうなんです。60年代のスパースター、サイモン&ガーファンクルでもなく、、、70年代から音楽活動を始めた、ホール&オーツなのです。

なんといっても、80年代に爆発的にヒット曲を生みだした、Daryl Hall and John Oatesのライブを聞くのは今回が初めてだったので、かなり興奮気味。会社も早退して心待ちにしていたイベント。

9月3日、バンクーバーのPNE (Pacific National Exhibitionの略)で薄暗くなった8時頃過ぎにコンサートが開始された。

Out of Touch, Private Eyes, Family Man, Kiss on my list、、、私の大好きな曲をしっかり歌ってくれ、大満足。

実は、このコンサートの情報も夫が教えてくれたもの。同じ世代だからこそ、違う国で育っていても、趣味が違ったとしても、その時代に流行っていた音楽だから、それぞれ曲に対する思いがあり、、、、

当時から20年以上たっているが、素晴らしいものはいつまでたっても素晴らしい!ずっとこのまま音楽活動を続けてほしいと思う。

何曲か会場で大合唱となり、声を出して歌っている周りの人混みをみると、、、うーん。確かに中年の人ばっかり。っていうか、私もそうか?(笑)

ひとつ、ネガティブだったのは、すぐそばにいた高校生くらいの女の子がすごくつまらなさそうに彼氏に文句ばっかり言っていて(彼氏も彼女と同世代だったが、彼はかなりのファンのよう)周りの人を無視し続けていたこと。そんなにつまらないんだったらそこから出ていけばいいのに!後ろから蹴り飛ばしたいほどの怒りを感じたが、、、、ライブという貴重な体験を無駄にしたくないので、舞台にフォーカスするよう試みた。

音楽には好みがあるが、他人も自分と同様尊重するよう育てれらているはずの北米でも、他人の気分を害する行動しか取れないティーンが増えているのは間違いない。とても残念なことだ、、、。

古いとか言われても、しったこっちゃない。彼らの歌は、私の中で永遠に『大好きな歌』として残っていくことは間違いない、、、

夏のラストウィークエンドの晴天、夫の家族と一緒に、ビーチ出かけた。

このビーチは、カナダとアメリカの国境近くにあり、

現地の人には知られているが、

車がないといけないため、

ある意味で、丸秘のビーチスポット

といえるかもしれない。

海の向こうにそびえ立つのは、ベーカー山。

まるで、海の向こう側に浮いているように見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年の夏の終わり。

8月最初のロングウィークエンド、この週末は、キャンプ場は数ヶ月前から予約でいっぱい。

、、、にもかかわらず、のんびり夫婦の私たちは、ブラン

チを食べたあと、オリンピックの会場だったwhistler

行くことにした。

3時過ぎにバンクーバー出発。

バンクーバーから北ウイスラーまでは、Sea-to-Sky

Highwayともよばれ、海の景色がとても素晴

らしい。

整備された Highway 99 、約2時間のドライブ。

だが、なぜか、前に進めば進むほど、前方の雲の

層はどんどん厚くなっていった、、、。

微妙な空模様でなんとかウイスラービレッジに到着。

なんといっても、オリンピックからもう1年。マスコットが

日焼けして、哀愁というか、、。

疲れ切ったように見えた。

夕飯後、とりあえず、この写真を取ったあと、

大きな雨粒が、、、、。

こうして、ロングウィークエンドの初日は、終わった。

6月最後の週末、友人へのビデオメッセージを作るため、オリンピック会場の一つだった、リッチモンドのOlympic Oval 会場へ。

何といっても今日がデビューの日なので、ビデオも写真も練習する事にした。

ビデオはを何とか完成して、その後カメラの練習が始まった。その日の午後は晴天、まさしくブルースカイ、、、

Photogenic、写真うつりのいい、すぐその場の公園。

被写体1、ズームで品質チェック。

悪くない。今度は、動くものをズームで撮る練習。

被写体7、飛行機の早さについていけず、、、何度も失敗を重ね、、、

撮れたっ。

なんとか、捕まえた。

(笑)

2年ごとに開催される、実家の町内お盆祭りに参加した。

2年前は、20年ぶりに実家のお盆のお祭に参加したのに、浴衣をきる時間がなくて、悔しい思いをいしたので、今年は何が何でも浴衣を着たくて頑張ってみた。

どれくらいの人が集まっていたのだろう。おそらく、100人くらいだったと思う。

お盆に浴衣を見るのは自体は、別に珍しくもないし、むしろ当たり前というか、、、

だが、今回はちょっと違った。主催者の一人に言われて初めて気がついたけれど、なんと、そのイベントで浴衣を着てきたのは、”私ひとりだけ”だったのである。

それも、この外国籍の私が、、、。

こんな田舎にまでジワジワと、『日本の伝統』が失われつつある現実を、みた気がした。

確かに『浴衣なんていつでも着れる』と言えば、そうには違いない。

だけど、せっかく日本にしかない、美しい四季、夏という『季節を楽しむ』という習慣を、積極的に楽しみたいと思った。

日本にずっと住んでいると、毎年やってくる『当り前でどうでもいい』事のように思えることが、

外国人の目から見ると、『日本にしかない、とても素晴らしいこと』に見えることを、

日本人の皆さんは、ほんとに知っているのだろうか?

PS。隣にいるのが、小学校の時の親友だった女性。当時の彼女は前から1、2番目とても小さくて、細くて、かよわいイメージだった。母となった彼女はとてもたくましく見えた。

<写真について>

それに、この写真は夫が取ったもの。『怒るとこんな風に見える』と言われた。こんな写真を撮った夫に、怒りを覚えつつも、(本人は偶然だというが) これじゃあ、まるで『ゴジラが火を吹いている』みたいにしか見えなくて、自分でも笑えた。

悔しいけどナイスショット。(笑)