9月中旬の日曜日。

既に2時を過ぎていた。

夫が急に、「海の景色がキレイなところ」へと行きたいと言いはじめた。

曇っている、、、。

遠出したい気分とは程遠い私、、、。

とりあえずの合意が、ホーシューベイでクラムチャウダースープを食べるということだった。

しばらくすると、見慣れない景色に気がついた。

その時点ではすでに遅し。

目的地を過ぎ、ウイスラーに向かっている。

えっ???

オリンピックように舗装された道路は、とても走りやすくなっていた。

海の景色に見とれているとあっという間に通り過ぎてしまう小さな街、ライオンズ・ベイという市に入った。

これはそのLions Bay  にある一軒の、General Store and Cafe。

こじんまりとしている。

普通、景色のよいカフェは、食べ物がパッとしない場合が多い。でも、このカフェは大丈夫だった。

注文したものを食べながら、窓越しに海を見る。

ふと、目の前にいるシニア夫婦が気になった。

このカップルの周りでは、時間が止まっているというか、ゆっくりと過ぎていく時間の中に、お金ちの持つ特有の、裕福さの放つ香りがした。自然なオーラが放出されていたに違いない。(笑)

そのカフェの並びには、小さな図書館と不動産屋があった。

不動産屋の窓に張られていた家の値段は、、、。ウォーターフロント・プロパティーだから、まず1億円以上からのお値段。ダウンタウンの仕事場に毎日通うには、あまり便利の良い地域とは言えない。おそらく、株や投資で仕事はしてないだろう、、、と一人で妄想が膨らんでいく。(笑)、、、というか、妄想ではないかもしれない。

これは、カフェのパーキングからとった写真。

曇っていたのが、かえって幻想的なショットになった。

人が海をみてほっとするのは、、、

それは、広がる水平線だからなのか、、、

空のどこまでも大きいからなのか、、、

見えない何か、大きなものに

威厳さを感じるからなのだろうか、、、

Advertisements

読売新聞の記事によると、「第18回ウォーカソン・国際チャリティーフェスティバル」には、約3000人が参加したとのこと。

河村たかし市長が開会宣言をし、その後参加者は、1周1・25キロのコースを歩き、初夏の鶴舞公園を満喫したようだ。

イベントでバイリンガルの司会を務めたクリスさんのブログによると、なんと河村市長は英語での挨拶もしてくれたよう。

ああ、残念、市長の流暢な英語を聞きそびれた。(流暢なのは名古屋弁だけでななかったらしい。:0

外国人起業家の方達をはじめ、現地の外国人コミュニティーが主宰するチャリティーイベントに市長が、開催の挨拶という形だけ参加だけでなく、自らイベント自体に参加したところがよかった。何でも体当たりというか、積極的に、”自分の体を使って”参加するという姿勢が気持ちいい!
まだ就任して間もない河村市長。これからが本勝負!名古屋をどのように変えていくのか、おおきく期待しつつ、、、

<関連>

まだ間に合う!名古屋で最大の国際イベント「ウォーカソン」に参加して、地元に貢献しよう!

Replacing Emoji...

実家の町内で2年に一度行われているBBQ大会というものに今年初めて、夫婦で参加した。

私がいた頃は、BBQではなく『盆踊り大会』というものがあった。『青年団』というものが存在し、町内の盆踊りだけでなく、地元の青年は皆、青年団に入り(半強制的?)その活動の一部として、7月8月のほとんど毎週末に、付近の町内で行われている『盆踊り大会』へ応援に駆けつけたものだ。あれから約20年。

時代は変わった。周りが農業区域なこともあって、他から入ってくる町内のメンバーも少なく、その上少子化の影響もあって、地域で行われる「家族ぐるみの活動」はかなり減ったと思われる。それとは別に、私の時代では考えられないことが起こっている。

私の幼少時代には、というかおそらくまだ約10年くらい前までは、あの地域では出かける時も家の鍵をかけない家がほとんどだったと思う。近所の人が、留守だったら玄関を開けて、野菜とか回覧板とかを置いていってくれたものだ。もちろん今では考えられないことだが。

それだけでなく、最近では町内で変質者がでたということので、大きく「変質者に注意!」と書かれた看板が、所どころに置かれている。町内の対策として、婦人会や老人会の人たちが、子供の登校時に防犯パトロールを行っているらしい。

私の実家=田舎に住む長所の一つは「安全な環境」だとずっと思っていたが、2007年の今の時代、田舎もそう安全ではなさそうだ。

Obon HanabiBBQでは老人会のご婦人方が炊き込みご飯、役員の方々が、舞台の設置、BBQの用意、飲み物の販売、ゲーム、景品の用意、それと最後に”花火”までがんばってくれた。
フィナーレの花火はなんと、「ナイアガラの滝」と言われるもので、30メートルくらいのツナが両脇あり、そこから滝水みたいに花火が下へ流れていくものだった。このようなコミュニティーで見せる花火にしてはかなり立派なものだったと思う。

とっても綺麗で印象に残った。

前日、当日、後日と、一生懸命ご奉仕してくださった多くの方々に感謝しつつ、、、、
本当に、「日本らしい夏の夜」を満喫できました。

Technorati , , , , , ,