9月30日は、International Translation Day として、各国で翻訳・通訳向けのイベントが行われた日でした。

ここBC州のバンクーバーでは、翻訳・通訳のプロの集団、Society of Translators and Interpreters of British Columbia (STIBC)の30周年記念イベントが行われた。

私たちが参加したのは、夕方のイベント。

午後のイベントには、現地の Global TV のキャスター、Mike MCCardell 氏書いた本の一冊から、彼がその中のストリーを読み、各言語に翻訳されたものを国ごとに読み上げた。 マイク氏は、”Everybody has a story” というフレーズを使うことで有名。大切なことをテレビを通して視聴者に伝えている、心あるキャスターとして知られている。

他には、旧バンクーバー市長のSam Sullivan氏が Greeting Fluency プロジェクトに関する紹介をするなど、ゲストとして参加していた。

Sam Sullivan氏は、数年前のトリノオリンピックでバンクーバー代表として、5輪旗を受けとった市長でもある。

彼は、19歳のときにスキーをしていて首の骨を折り、以来手足の自由が利かない。閉会式前の24日、AP通信とのインタビューで自身の障害についてこう語っている。

“Becoming a quadriplegic was really, really difficult. It took me seven years of depression and difficulties. Eventually I came through and decided I was going to focus on making my life better, and the lives of others.”

(四肢まひになったのは本当につらかった。7年間、うつ状態と苦悩が続きました。最終的には切り抜け、自分の人生をどう良くしていくかに集中しようと決めたのです。自分の人生とほかの人々の人生を)

“Some people consider disability as a tragedy. I look at is as a career move.”

(人によっては障害を悲劇だと考える人もいる。私はそれをキャリアアップととらえています) 参考はこちら

彼の、事故によるハンディを受け入れ、自己の最善を尽くして生きようとする ”前向きな姿勢” と、純粋な ”文化に対する理解の心” を持っている彼には、心を惹かれるものがある。

Greeting Fluency プロジェクトとは、簡単な外国語のフレーズを学んで、国際交流のきっかけにすること。移民の国カナダでは、お隣は別の国から移住してきた人というのも、そんなに珍しくはない。 サム氏は日本語もかなり上手だった。いい意味で驚き。この人なら、人の痛みが分かるから、きっと非営利な素晴らしいプロジェクトをこの先もリードしていってくれるのだと感じた。

『翻訳も通訳』も、同じ言葉では理解し合うことができない人たちを結ぶ、架け橋の役、相手のメッセージを正しく伝える、とても大切な仕事。相手を理解しようとする心がなかったら出来ない職業だと思う。 重要な書類の翻訳や、裁判の通訳などは、やはりプロにお任せしたい。

カナダ、またはBC州で翻訳・通訳のプロを探したいのなら、まず、STIBCに問い合わせるのが一番だろう。

Advertisements

今週末、5月24日(日)に、今年で18年目を迎える、外国人起業家や外国人コミュニティーのボランティアに支えられている名古屋で最もインターナショナルなイベント 『Nagoya Walkathon名古屋ウォーカソン というチャリーティ・イベントが開催されます。

ウォーカソンってどんなイベント?
(Walk /歩く、と Marathon/マラソンを合わせた意味)。

ウォーカソンのイベントの主催者は?
在日米国商工会議所と名古屋国際学園が主催者です。

ウォーカソンの目的は何?
主な目的は外国人コミュニティーが地元の児童養護施設や慈善団体のために資金を集め、同時に、日本人コミュニティーと絆を深めることです。昨年度分ですが、集まったお金を、寄付受贈したチャリティ団体とその金額がウェブサイトに掲載されています。
ウォーカソンはどれくらいの規模?
毎年、約2000名の人々が参加します。

どれくらいの距離を歩くのですか?
2005年の場合を例にとると、5キロのルートだったようです。ただし、1.5キロの短いコースや、少数のグループは名古屋国際学園からウオーカソンの会場まで22キロというルートもあったようです。

企業スポンサー


イベント詳細

日時:5月24日(日) 10:00am ~ 4:00pm

場所:鶴舞公園、9:30am 開場。軽食、ステージ・ショー、抽選会など!
チケット料金:大人2000円、高校生以下1000円。

チケット購入可能場所:

下記にリストアップされているレストランやバーで購入することができます。チケットを購入したその日に限りお食事、ドリンクが10%オフになります。

Shooters (シューターズ)
名古屋市中区栄2-9-26 ポーラ名古屋ビル2F
TEL:(052) 202-7077
営業時間 17:00-3:00 月~金, 11:30-3:00 土/日 more information

Red Rock (レッドロック)
名古屋市中区栄4-14-6  アスタービル2F
TEL:(052) 262-7893
営業時間 11:00-16:00 (Lunch) Daily, 17:30-2:00 日~木, 17:30-4:00 金/土、祝日前  ラストオーダー 24:00
more information

My Bar (マイバー)
名古屋市中区錦3-6-15 たての街ビルB1F
TEL:(052) 971-8888
営業時間 18:00-1:00 日~木, 18:00-3:00 金、土 more information

飲食業以外で購入可能場所

H&Rコンサルタンツ (不動産業)
名古屋市中区丸の内3-17-6 ナカトウ丸の内ビル8F
TEL:(052) 973-3957 more information

BERLITZ Language Schools
英会話・英会話教室のベルリッツ・ジャパンが愛知県下6スクールにて公式チケット販売開始!詳しくは ここ です。
特に、国際的視野の広い方々と交流を持ちたい方、地域貢献に興味のある方、地域のイベントに参加するのが好きな方、支援を必要とされてる方々をサポートしたい方!、、、、、など、そんな人たちにおススメなイベントかも!