2011年のクリスマス、義理の両親の家にて。

プレゼントなんかいらないといいつつも、みんなすごく真剣にラッピングを破っている。

私のその一人、12月25日の朝の様子。

Advertisements

ユニクロから販売されている、「HEATTECH」シリーズ。

数年ぶりにカナダに帰国し、今年の冬は極寒の地、カナダのアルバータ州、エドモントンで過ごすことになった

こともあって、「世界の冬を変える」とうたっている、日本のテクノロジーを試したく、帰国前に購入した。

さすが、グローバルカンパニー のユニクロ、世界の冬とは、言いきってしまえる、、、。

さて、現地、マイナス20度平均の極寒の地で、実際に試着をしてみた。

家の中だと確かに、ヒートテックの靴下やシャツは保温性がある。がしかし、残念ながら、どんなに素晴らしい

テクノロジーでも、-10度を超えると話にならなかった。

ただし、7つの機能は、しっかり果たしていたし、肌触りも、すごくいい、、、

ちなみに、コブスオンラインのニュースに、「ヒートテック系の商品、(3種類) を比べ特集」

があったので、その情報も、ここでまとめてみた。

「家で作業をしているとき」・「おでかけ」・「寝るとき」の3パターンに分けて着くらべ

ユニクロの ヒートテック

体が冷えている状態から、少し汗ばむことで生地が発熱し、今度は体を温めるヒートテックは
スポーツや散歩などよりは、ちょっとお買い物、という外出向け。

イーオンの ヒートファクト

一方、ヒートファクトは、体にこもっている熱を内側に閉じ込めるので、
じっとしている作業の人向け。

ライトオンのエクストラサーモ

そして、暖かさは劣るものの、着ている感が少ないエクストラサーモは就寝時向け。

他の二つも、欲しくなってしまった。Care Package (家族からの小包)で、送ってほしかったりして (笑)

さてさて、現地のバンクーバーは、オリンピックも秒読み中、、、

ちなみに、オリンピック選手でも、ヒートテックを使っている人っているんだろうな~。

極寒とか、マイナス何度とか聞いてもイマイチピンと来なくても、大丈夫。

温度計はうそをつかない。マイナス32度。

そんなに寒いお外でも、室内はセントラルヒーティングで一日中、とても快適。

そして、この寒い日に、エドモントンに旅立った。

グレイハウンドで約2時間ほど走った頃、途中の休憩地点についた。

その休憩が終わり、バスの運転手が車内アナウンスを始めた。

I don’t apologize for………

「車内が寒いと何度もクレームを受けていますが、残念ながら、

暖房はフル回転しています。ただし、寒すぎでヒーターの熱が

寒さに追いつきません。ですので、私の責任ではないので、

謝りません、、、。」

「えっ?謝らない」と車内アナウンスするのか!!というより、、、極寒に耐えれる設備のバスでも、体感ー50度前後の寒さには、耐えられないようだ。

そして、私たち夫婦は帽子も手袋もマフラーもしっかり巻いて、寄り添いあって、なんとか無事にエドモントンに着いた。

バスディーポはすでに閉まっており、電気も消えて真っ暗。

寒さも尋常じゃなかった。もし、タクシーを拾うにしても、5分も外で立ってられない痛い寒さ。

イトコがちゃんと迎えに来てくれていたのので、本当にうれしく感じた。寒さで凍え死ぬことがあるってこと、再度、痛感した日。

帰宅後、まだ寒くてスーツケースからセーターを出して着ようとしたが大間違いだった。極寒の中、そのセーターは

冷え切っていて、まるで冷凍庫から凍ったものを取り出したものみたいに、、、

とても寒くて触れることさえできなかった。(笑)

こうして、ここに住む人たちは、文句を言うよりも自然と共存して行く方法を選び、人間として強くなっていくのだろう。

「厳しい環境が、やさしい人達を作る」、、、なんとなくわかる気がする。

※ちなみに、このバスドライバーさんはBC州から来ている人だったようです。ローカル出身の人ではありませんでした。

2009年、今年も日本で、元旦のお節料理をいただく為、妹夫婦宅へ出かけた。

妹は、確実に毎年腕をあげている。

お酒好きな人は〝料理がうまい″とよく言われているが、これは本当だと思う。

<三重でおいしい日本酒を飲めるところ>

数年前、その妹に、亀山の月の庭というオーガニックなカフェ・レストランに連れて行ってもらったことがある。すごく雰囲気のいいところだった。日本酒なんて全く興味がなかった私に、″だまされたと思って試してみて!” と強く勧めてくれたので、そこのマスターのおススメの日本酒をおそるおそる試してみた。ほんとにあっさりして飲みやすくてビックリ。おいしい日本酒っていうのがあるんだって初めて知った。

<妹はワイン派>
クリスマスには、妹夫婦に白のスパークリングワインを送った。妹の好きなホワイトワイン+ドライ+スパークリング、、、この組み合わのワインは、バンクーバーのBCリカーストアーだと結構楽に、なお且つお手軽に手に入るのだが、私の知っているストアーでは値段が極端に高くなったり、もしくはセレクションがパッとしなかったりして、結構いいのを選ぶのが大変で、なお且つ時間がかかる。

頑張ったかいがあった。今回のワインも美味しかったらしい。あっと言う間に飲めたよ~って言ってくれた。ふっ。

<義理の弟は焼酎派>
、、、ということで、今回は義理の弟の好きな”焼酎”をピックアップすることにした。なぜか、私的には芋?芋焼酎という文字が気になって数品ピックアップしてみた。その中で、夫が最終的に気に入ったものを選んでくれた。選りすぐりの?一品を購入。

ちょっとドキドキしながら、焼酎を試みる妹夫婦の反応を、、、。銘柄的には、偶然にも義理の弟のお気に入りだったらしい。また、偶然にもすごく飲みやすいのを選んだらしい。試し飲みということで私たち夫婦も、日本酒のあとでトライした。焼酎も飲みにくいものという印象が強かったけれど、なんとこれが、すごくあっさり。まるで深い甘味のある水みたいな感じだった。

私の足はよろよろ状態。数分後ソファを横領してお昼寝タイム~。

目が覚めたら、焼きたてのパイとコーヒーの匂いがした。アップルパイかと思っていたら、夫によるとカナダではそれを、アップルターンオーバーと呼ぶらしい。パイ皮はサクサクで、バニラのアイスがパイの熱で溶けて、絶妙なコンビ。すっごくおいしかった。

小学生の頃からバースデーケーキとかシュークリームなどを作っていた妹の手作りスイーツは、今ではプロ並み。

私たち夫婦のローストチキンと、妹のスイーツ、義理の弟のふわふわおにぎりとから揚げ、、、これってお店に出せれるくらいイケると思うんだけどな~なんてひっそり思っていたりする。笑。

なにせ、夫婦共に健康で、笑いがあればそれが一番さっ。

年末スペシャル、、、、という雰囲気に包まれながらも、我が家で大掃除はなかなか始まらず、やっとギアのスイッチが入ったのがなんと、30日の午後。

本棚の整理整頓から始めた。が、これが、結構時間がかかった。それもそのはず。去年は、大晦日の夜に帰国したので、カウントダウンが精一杯。いつの間にかお正月になっていた。ということで2年分の人生の処理を行った。大掃除は翌日の31日、夜の11時半頃まで続いた。

iPhoneのアプリでカウントダウンをして、シャンペンを開けてお祝いをした。そして、そのまま酔ったままで東別院駅近くの東本願寺へ。除夜の鐘のためのラインに並ぶこと約1時間。やっと自分たちの順番がきた。住職の方が左右にいてサポートをしてくれながら、夫と私は二人で頑張ってみた。空振りにならないことを祈りながら、、、、。全て初めての経験のはずの夫が大活躍。結構いい感じで鐘がなった。冷えた体に〝甘酒″はゆっくりしみこんでいった。

焚き火の近くで手と体を暖めて、出店でフランクフルトを買って歩きながら食べた。なお、超早足で、、、。帰宅した時の時刻はすでにAM3時頃だった。

こんな風に、2009年が始まった。さてホントに今年はどんな年を迎えることになるのだろう。 楽しみだ!!!

12月19日に、ペリー&ハリス 泰平の眠りを覚ました男たち展覧会を見るため、名古屋のボストン美術館へ行った。

長崎の旅行で火がつき、NHKで大人気をよんだ『篤姫』の影響で、幕末時代のことが気になっていたので調度いい時期だと思った。
ただ、後で耳にしたのは、名古屋のボストン美術館には、存続問題 というチャレンジがあり、財政的に苦しいらしい。

ドイツの画家、ウイリアムハイネの描いたスケッチ画には、外国の目からみた、当時の日本の姿がすばらしく描かれていて、どの画像もとても惹かれるものがあった。

江戸時代の末、徳川幕府が勢力を弱めていく中で、幕府を支えていた中心人物もどんどんとなくなって行く。国内統治もままならない中で、開国を迫られた時代。

鎖国が解かれてから確かに、日本は大きく変わっていった。

やはり、どんな時代にあっても、今あるものを変えたくないという気持ちと、新しい流れにのれるよう、新しい柔軟な考え方をもって生きていくという二つの大きなものがぶつかり合う。

そして、それがどんな深い歴史の流れの中で培われたものであったとしても、〝時″がきた! とにはそれに勝つすべは残されていない。 <写真は、ビル内の入り口にある、boston cafe

会社経営でもそうだと思う。アメリカの車社会を何もせずに放置してしてきたトップ達の責任は大きい。 確かに、記憶によるとSUB、スポーツ・ユティリティー・ビエクルに乗るのがステイタスみたいな傾向があったのは覚えているが、2005年初、または中旬までがピークだったような気もする。時代の先を考慮して、新しいものを取り入れる財力も、力もあったのにそれを積極的にして行かなかったアメリカのCEO達には、本当に失望する以外何もない。

人の心を動かすには本音で話さないと無理だ!と大河ドラマで、篤姫のリーダーとしての品格を持つ社長がもっと日本に存在すれば、、、、。

会社のトップとして、いらないから、いらないときに切り捨てるでは、会社に対する忠誠心なんて育たない。
もちろん、会社がつぶれてしまっては元も子もないが、会社が傾く前に、その社長たちは、社員たちに現状を知らせて、一緒に戦っていくにはどうしたらいいのかと尋ねるような努力はしたのだろうか?

歯車のひとつとしてしか扱わないから、それ以上の働きを受け取ることもできない。会社は、自分の生き残りの為に切り捨てることができても、行き場のない人が増え、それゆえ犯罪も増えて、生活苦なので国内での消費は減少する。

こんな大変なときに、唯一のメリットとしての円高をあまり還元できていない、今のシステムはどうかと思う。

ペリー&ハリスが来た時代、この日本が心底から揺すられたことを考えれば、今回の打撃は経済的なものだけだと思う。
篤姫のような、人の心を思い、動かせることのできる人間としての品格のあるリーダー、または危機をチャンスと捕らえることのできるリーダーが日本にもっと現れてほしいと説に願う。

ユニバーサルスタジオから帰ってきた数日後、カナダの夫の両親からクリスマスの小包が届いた。

カードはいつもどおり、冷蔵庫の前に、ギフトはツリーの下に飾り、、、たかったが、我が家のツリーでは無理。超小さくてカワイイけど、大切な目的を果たしきれない役不足くん?かもしれない。

ということで、夫はもっと大きなクリスマスツリーを買いたいとうるさいが、今住んでるマンションは、北米のスタイルとは違う。日本ではよくあるタイプだと思うが、物を保管できるスペースが非常に少なく、あっても狭い設定になっていると思う。北米のコンドミニアムやタウンハウスでは、ユニットごとの倉庫というのがあって、そこにいろんなものを保管できるスタイルになっている。

とにかく今回は、時間が勝負なので、慣れたところでお買い物をしたかったので、鈴鹿のベルシティーへ。月曜と火曜日の二日間で、大人13人分のギフトと、生まれてくるベイビーへの贈り物を選んだ。半分以上のショップはラッピングのサービスをしてくれたのでとても助かった。残りは帰ってからのお仕事となった。

それだけではない。カードも一枚一枚、相手の好みに合わせて選んであるので、メッセージもパーソナルなものになる。

私はラッピング担当で、夫がカード担当。夫は、それを全て書き終えたあと、ぐったりしていた。お疲れさんでした。私は、ラッピングを済ませた後、サンタのプレゼントの袋のような大きな袋をふた家族別々にして小分けした。箱のサイズに合うようにするのが思ったより大変だった。なんとか小包を終えたのが午前、3時前。ふーっ。

翌日、郵便局で一番早い便、EMS便で送った。目安としては4日で到着すると書かれていたが、実際のとこどうなんだろう?
追跡調査によると、昨日の午後、セントレア空港を出たとあるが、それ以降のアップデイトがない、、、。

成田からバンクーバー便は毎日出航しているはずだし、、、。

本当に4日で着くのかな?

ちなみに、去年もブログに書いたけど、サンタさんは今頃どのあたりを飛んでいるんだろう。NORADの追跡サイトをチェック。
今年も準備バッチリみたい。クリスマスイブの日になれば、もっと詳しいことが分かるのか、、。

<追加情報>
EMS便、17日の午後に出した小包は翌日セントレアを出発し、バンクーバーで数日間止まったままでぎりぎり、現地時間の23日に到着した。超ギリギリ。でも間に合ったのでほっとした。結局、4日間という目安の倍、約8日間かかった。それにしても間に合ったからそれでいいんだ。

<クリスマス関連>

ユニバーサル・スタジオ - ワンダー・クリスマス編

『MIDLAND SQUARE』はなだ色のノエル。今年初めてのクリスマス