ロングウィークエンドの3日目。

コンチネンタル朝食?パンとコーヒーだけの朝食をいただく、、、。

最後の一日、カナダへの帰国。

Bellingham を通る帰り道の途中、

お約束のように、Bellis Fair にいった。

ランチはそこのバフェで。

平日だったので、レストランで食べるよりお値打ちな

値段になっていた。

アメリカとカナダ、祝日が違っている日は、こういう

利点あり!

家に直帰するにはまだ早かったので、Peace Arch

の国境を越えて、White Rock にも寄り道した。

私も結婚前からカナダのパスポートだったので、今は

夫婦で税関を通るさい、割とスムーズ。

結構、助かっている。

晴天だったので、、パーキングスポットを見るけるのは

至難の技。

橋の向こうまで歩いてみたが、冷たい海水に飛び込

むカナダ人には関心する。

木陰で、アイスクリームを食べてまったりした。

腕試しにズームで撮ったベーカー山。

Mount Baker

自分では、結構上手く取れていると思ったが、

夫から” 山が浮いているみたいだ” とか、

” 幻想的 “だとか、褒めているんだよ!とは言ってくれたが、、、、

こうして、我が家のロングウィークエンドが終わった。

<関連記事> アメリカ、旅行

アメリカ、ワシントン州の小さな観光スポット、Post Townsend へ

 

Advertisements

週末の午後、お天気が良い日に

家にいるのはもったいない。

ちょっとだけドライブがてら、

お気に入りのリッチモンドにある、

マーケットへ行った。

野菜や果物が綺麗に陳列されていて

とても新鮮で、お値打ち。

バスでは難しいので、車があると

やはり便利。

駐車場につき、ふと空を見上げたら、

なんともいい感じ。

夜で、月がでてたらETっぽい???

写真を取りたい気持ちが、高まる。

で、夫につめより?

New Westminsterへ。

スカイトレインのブリッジ

雲ひとつなく、フォトジェニック。

さて、今度は花を取ってみる。

青空と花束のバスケット。

カラーのコントラストで

とても綺麗に見える。

そして、目の前で止まっていた

はずの列車が動き始めた。

赤のシンボルの

Canadian Pacific Railway.

これは貨物車だけど、、、

列車って、やはり”ロマン”を感じさせる、、。

このまま、どこに連れて行ってくれるのだろうかと、、、。

6月最後の週末、友人へのビデオメッセージを作るため、オリンピック会場の一つだった、リッチモンドのOlympic Oval 会場へ。

何といっても今日がデビューの日なので、ビデオも写真も練習する事にした。

ビデオはを何とか完成して、その後カメラの練習が始まった。その日の午後は晴天、まさしくブルースカイ、、、

Photogenic、写真うつりのいい、すぐその場の公園。

被写体1、ズームで品質チェック。

悪くない。今度は、動くものをズームで撮る練習。

被写体7、飛行機の早さについていけず、、、何度も失敗を重ね、、、

撮れたっ。

なんとか、捕まえた。

(笑)

エドモントンの叔母の家から見た、

ある朝の雪景色。

木々に、枝枝に雪化粧がされていて、

とてもきれい。

そして、空の青さがまた、

その白さを引き立てている、、、。

右の写真は、窓ごと撮ったもの。

影が黒くなっているので

見難いかもしれないけれど

部屋の中側の窓のふちが、

特に下部はしっかり凍っている。

そして、この氷がが外気とのシーリングの役目をして

外に温度を逃がさない働きをしている?ようだ。

アルバータの澄んだ青空は、

青い宝石、サファイヤのように美しい、、、。