プレジデントのオンライン版で面白い記事を発見したので、簡単に紹介したい。

日本企業のグローバル化が進む中、海外進出に伴う、現地人材の採用に多くの企業は苦戦しているようだ!ヨーロッパでもアジアでさえも、「日本びいきであったとしても、日本企業に就職したい!」という学生は少ない。

【なぜ、日本企業で働くことに魅力を感じないのか?

中国で約3万人弱の大学生を対象にしたアンケート(2005年)の結果、人気グローバル企業トップ50社の中で選ばれた日本企業は、ソニーとパナソニックの2社のみ。それも 22位と41位。トップ10には程遠い。

社会人に対するアンケートでは、企業の国籍別でみると、日本企業は、欧米はもとより、韓国、香港、台湾、そして 中国の地場企業より下にランクされている。

それは中国だけではなく、欧米やアジアでも同様の傾向がみられる。各国々のトップクラスの学生たちが就職を希望する企業として、日本企業を選ぶのは台湾以外はほぼ、全くないに近い状況のようだ。親日的といわれるタイでさえ、「日本の製品や文化は好きだが、日本企業には勤めたくない という 人が多い

東大大学院を卒業し、日本人に帰化した外国人でさえ、就職先として選ぶのはやはり、「日本企業」ではなく「欧米企業や地場企業」だという。


【国別による企業選択の基準の相違】

中国
中国人の場合、日本人には「お金で動く」というイメージがあるが、中国の有能な人材ほど自身のキャリアを重視しており、少々給料が安くともキャリアアップを優先する傾向あり。

企業の人事に対し、どんな内容の仕事か」「何年働けば管理職になれるか」「どのような基準で昇格を決めるのか」といった点について、納得のいく答えを求める。また実力主義・個人主義の傾向が強く、日本的な年功序列や横並び賃金は忌避れる。

華南地域、香港やシンガポールの中華人は、金銭面へのこだわりが強いようだ。少しでも給料がよいと、それまでのキャリアをあっさり捨てて転職することも厭わない。

タイ、インドネシア
東南アジア諸国では、実力主義の傾向は少なく、成果主義賃金で大きく差をつけたりすると「かわいそうだから私の分を分けてあげてください」と言われたりする。職場の雰囲気や企業風土を大切にする点は日本人と共通するが、日本人より自らのキャリアや、企業の社会的ステータスを大切にする。

◆インド
経営理念や理論が企業選びの基準。「各人の給料がいかにして決定されるか」といった仕組みが明快で論理的で ないと働く人々は我慢できない。また、企業のビジョンにも重きを置き、その企業がインドとその社会にどのような貢献をしているかを気にかけ る。

国によって、企業に求めるものが違うにもかかわらず、どの国でも日本企業には人気がない。


その最大の理由は、日本企業では何もかもが「曖昧」であることだ


『仕事の責任範囲、昇格基準、給与体系、評価基準』など、人事諸制度明確でない (*1) ばかりか、企業の経営理念、海外拠点の経営方針もはっきりしない。(*2)

(*1)
金銭を重視する人にとって「どれだけ働けば、いくらもらえるのか」がわからず、
キャリアを重視する人にとって「いつ頃どのよ うな仕事を任されるのか」がわからない。
ビジョンを重視する人にとっても「どんな理念を持った企業なのか」がわからない。

そのため誰からも魅力を感じてもらえない。

(*2)本社で明確な方針を 出していても、現地に伝わっていない

「海外子会社の現地化を進め、○○年までにこのポジションに現地人を昇格させる」と本社の会議で決定しているのにもかかわらず、 肝心の現地のマネジャークラスには伝えられておらず、昇進させようと思っていた人が見切りをつけて転出したりする。


第二の理由
として、現地人材への権限の委譲が少ない こと。

「日本の企業なんだから日本人が回すのが当たり前」という姿勢があから さまで、現地人材を欧米などで現地子会社の副社長クラスに登用しても、実質的な権限は与えず、重要な問題は日本人だけで集まって決めることが依然少なくない。ましてアジアとなると、現地採用の人材をトップクラスのポジションに就けている例もほとんどない。


第三
有能なマネジャークラスへの報酬が低い

コストカットのために海外に進出する企業が多く、また、年功序列型報酬制度のため、勤続年数が長いだけで、有能で多くの仕事をこなしている現地の人材よりも多くの給料をもらっている

これは能力を持つ人材にとっては我慢できないことであり、このため日本企業では仕事のできる人からやめていき、そこそこ働いて安定した生活が確保されることを重視する人材だけが残る傾向にある。


第四に、
体系的な人材育成プログラムがない。

新人研修やワーカーのスキルアップには熱心だか、会社を左右するトップクラス向けの育成プログラムが不十分。上層の育成プログラムを重視している欧米企業と正反対なので、意欲のある人材は残らないし、入ってこない。


第五に、
社会貢献の姿勢が少ない。

欧米企業は諸政府や団体が行う社会的な事業に寄付したり、学生に奨学金を出す のに熱心だが、日本企業は積極的ではない

一つの大学で50人、100人の学生に多額の奨学金を提供する欧米企業に比して、日本企業は「年間 3000円を、二人に対して」といった具合にスケールが大きく異なる。なかには社会貢献に熱心な企業もあるが、全体としては少数派。


第六
に、日本人は英語が不得手

多国籍の人々に囲まれて仕事をする際、言葉がわからないままでは、企業のビジョンも示せず、的確な指示もできない。

ここまで詳しく説明されているので、とても分かりやすい。日本側から見れば問題でないと思えることも、外から見れば大きな問題であることが、ここでも明確になっている。人事の担当者が、自ら、海外生活を体験してるかどうかなど、『外から日本を見る目』または、その感覚を身につけていることによって、企業にとって有益となるグローバル人材を確保できるかにも大きくかかわってくるだろう。

<参考記事>

「世界の働きたい企業ランキング」日本勢はなぜ不人気なのか

Advertisements

バンクーバーは、50%以上が中国(香港、台湾、中国)からの移民と言われています。

そして、今年も、Gung hay fat choy! Gong Xi Fa Cai!という祝い声をにする季節がやってきました。

バンクーバーでも所々で、中国旧正月のイベントが多数行われています。

地元紙、Vancouver Sunの写真(右)にもあるように、そのお祝いのカラーは赤とゴールド。

お年玉袋も、赤とゴールドで、中国では「红包」と言われているようです。

そして、我が家も、週末はリッチモンドのAberdeen Centreへ。モール内のデコレーション、ランタンがいっぱい飾られていました。

Aberdeen Centreのイベント紹介ビデオはこちら。

バンクーバーは、北米に居ながらも、しっかりと中国のお正月が体験できる街なのです。

最近、トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦 を読んで、なるほどと思うことがありました。

「文化、習慣」の違いをお互いに理解していないことが摩擦となり、問題を引き起こしてまうことがあります。

日本人の視点から、中国人の行動について理解できない部分とは何だろうって考えてみました。そこで、代表的な5つの習慣について説明されているサイトを見つけたので、それから内容を少し抜粋してみました。

<1、使用済みのトイレットペーパーを便器に流さないのはなぜ?>

中国からの観光客の増加に伴い、東京・浅草寺や秋葉原のトイレでは、昨年あたりから 使用済みのトイレットペーパーがごみ箱に溢れかえるという事態が頻発し始めたということ。中国では下水道や水洗トイ レの普及率が低いほか、トイレに置かれているのが、日本のように水に溶ける紙ばかりではないので便器に流す習慣がない。中国ではトイレを詰まらせないよう使用済みの紙を備え付けのご み箱に捨てる方が正しいマナーなのです。  トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦

<2、トイレの便座に足跡があるのはなぜ?>

昨年、バンクーバー空港のトイレでも同じ中国語の注意書きを見かけました。その時は、その注意書きがなぜ貼られているのか、意味がよく分からなかったのですが、なるほどでした。田舎に住んでいる中国人は、洋式トイレの場合は、和式のトイレの様に便座に靴のまま上がって使うそうです。それは、直接便座に座りたくないからとのことです。中国の田舎モン式トイレの使い方


<3、中国人が「値切り」をするのはなぜ?>

中国では自由市場や青空市場が主流なので、その環境で言い値で買う客などいないそうです。同じ商品でも、駆け引き次第で、いくらでも値段に差が出る。それとは逆に、日本では中国人観光客に定価以上の値段で買わせ、バックマージンをとる悪徳ガイドも存在するらしいので、大人しくしているとボッタクられる可能性があるという危機感あるとのこと。 トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦

<4、商品の袋を勝手に開けるのはなぜ?>

中国ではニセモノが多く市場に氾濫しているので、買う前に中身を確認しなければ、怖くて買えないとのこと。 トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦

<5、中国では並ぶ習慣がない?>

中国は昔から、戦争などで生活が苦しい上に、人が多く、物が足りない、チャンスもない。平等なんてそんな甘っちょろいものはない。誰も自分を守ってくれないのだから、自分でそれを取りに行くしかない。そんな危機感の中を生きてきた人々は、たとえ平行棒のような高い柵があっても、ヒョイっと乗り越え割り込んで行く。長年の習慣は中国人のDNAとして残ってしまっ たという説もあり。生き残るのにマナーは邪魔!?毎日が生存競争の中国―米紙柵を乗り越える中国人と線1本で並ぶ日本人

<日本は中国は違う?>

実は、日本も40年前までは、大声で話す人、ゴミのポイ捨て、バスでの座席争い、交通ルールの無視、河川や空気の汚染などの 問題があったらしく、それを解決したのが、義務教育だそうです。日本の教育者は勉強だけではなく教養をも教え、子どもたちは義務教育を通して、正しいマナーを学んでいる。一 方で中国の学校はただひたらすに受験の成功を追い求めるばかりで、残念ながら、礼儀の教育は保護者に頼るしかないのが現状なようです。海外でも受け入れられるエチケットとは何かということを、保護者自身が学んでいなければ、子どもに伝えるのはとても無理でしょう。日本人はなぜ礼儀正しいのか?「義務教育の成功」に学べ―中国ブログ

最近、中国大使館は公式ホームページに「中国公民向け訪日旅行に関するお知らせ」を掲載し、中国人観光客に日本旅行の際の注意点や心得を紹介したようです。 中国大使館が公式サイトに「日本旅行の注意点」、来日後のマナーを細かく指南

確かに、”郷に入れば郷に従え”という考えはもっともだと思います。でも、文化の違う海外から旅行者を誘致しているのであれば、ホスト側の責任・役割として、例え、それらの行動がその国では受け入れがたいものだったとしても、”マナー違反だから”と決めつけてしまうだけではなく、相手がなぜ、そのような行動を取るのかを理解しようとすると努力と、相手にこちらの希望や必要を知ってもらうため、「相手に通じる言葉、方法でのコミュニケーション」を取り続けることが必要だと思います。

嫌だというネガティブなエネルギーを逆に利用して、「嫌だからなんとかしたい!、、、だったら、こういうしたらどうだろう?」などとポジティブなアクションとして使ってみると、最終的にはお互いとって、よい解決策が生まれるのではないでしょうか?

年頭に、興味深いタイトルの記事を発見した。

カナダで急増する中国人移民、目的はマネーではなく新しい人生』、その情報を少しかいつまんで紹介したい、、、

カナダではここ10年ほどで、中国人の移民が急増している。バンクーバーでは、2001年の中国系住民は5年前に比べて22.8%増。2006年には同11.3%増加。

しかし彼らは、必ずしもビッグな”ビジネスチャンス”を狙って、カナダへやってくるわけもなく、中には、祖国の親族から ”経済的支援” を求める移民もいる。

2007年に中国・広東省から移住した女性も、「生活水準は下がりました、、、、」「中国では金銭的な問題などありませんでしたから」、、、と言う。しかし、バンクーバー近郊で一軒家を購入するためその夫婦は、実家からお金を借りるしかなかったという。夫彼女の夫はエンジニアだが、今のところはパートタイムの仕事が見つかっただけ。

北米の教育と、職務経験がない移民は、技能があったとしても、楽に仕事が見つかる人はあまりいないのが現状。祖国で医者をしていた人が、この国へ来たら、ある仕事と言えば、コンビニの定員とか、ビルの清掃、タクシーの運転手など、自分のキャリアとは全く違った仕事でも、背に腹は代えられないからである。

では、なぜそこまでして、海を渡り移住するのか?

その彼女は、「自分の人生を変えたかったんです」と答える。生活水準が下がったとしても、彼女はカナダでの第2の人生に「かなり満足」しているという。

彼女たちが住んでいるリッチモンド市は、リッチというサウンドが耳に心地よいらしく、中国系の移民からは非常に人気が高く、今では、総人口19万弱のうちの半分を占めている

バンクーバーの中国系住民は約38万人。その中の5人に、1人が中国からの移民という計算になる。海を渡ったとはいえ、ここではマイナリティーではなく、マジョリティーになっている中国系の移民達。

彼らの大半は、このようにカナダでの生活にすんなりと馴染み、第二の人生をエンジョイしている。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

人気ブログランキングへ

『中国語』、、、、そう言えば名古屋ではあまり聞くことがない、、、、、、。


帰国前に住んでいたバンクーバーには、人口の約半分が中国、香港、台湾から来ている移民が暮らしている。

おかげで、いたるところに『安くておいしい』飲茶レストラン、香港スタイルのカフェ、北京スタイルの中国料理レストランが一杯。香港が中国に返還される前後から、香港からの移民が波のようにカナダに押し寄せ、香港の高級レストランで働いていたシェフが、香港と同じ高レベルの料理がつくってくれるので、料金は香港の半額ぐらいで食べられるという話をよく聞いた、、、。

その圧倒的な中国人の人口の多さをジョークにしたのがこれ、1、2、3!バンクーバー郊外にある、ブリティッシュ・コロンビア大学は、University of British Columbia、略して UBC という。これが、学生同士のジョークとして、University of Billion of Chinese. (10億くらいの中国人、、、)。まあ、十億っていうのは大げさだけど、中国系移民の学生が多いという意味。でも、それはそうでしょう。現地の人が通っている大学から、人口比率を考えると、多くて当たり前っていうか、、、。

私の旧ルームメイトも広東州出身。MBAを取得するほどの賢女から、本物の漢方薬の飲み方を学んだ。調合してもらった漢方薬を1時間煎じるとと、、、部屋中、凄い漢方の匂いで充満し、結構厳しい匂いなんだ~これが、、、。(笑) それとか、台湾から来ていた友人とは、いつも一緒によく、香港俳優がでているカンフーの映画を見たりとか、、今でも私の帰国を、ずっと待っていてくれている親友もやはり、香港からの移民。

何かと、中国との縁がある人生を送っておりました。

これが日本に帰国したら、全く無くなってしまい、ゼロ。外国人と言えば欧米人が中心で、どうしても英語が中心となり、、、、アジア圏内から来ている人達とのコネクションががかなり激減しており、バランス悪いな~って思っていた頃に、突如、張さんという女性があらわれてくれた。

彼女とは、JIBEのイベントに参加してくれたのをきっかけに、何度か電話やメールでやり取りをし、先日お会いすることとなった。張さんは、ファッションバッグ・革小物のオリジナル商品を取り扱っているGOLD WING COMPANY の社長さんで、香港に工場と日本を往復している、超多忙なビジネスウーマン。すっごくパワフルで、前向きエネルギーが体からあふれている女性。笑顔が素敵で、声も大きく、思ったこと正直に言ってくれるし、温かい心を持っていて、細かい事を気にしない性格。

あのパワフルさに周りが巻き込まれていくというか、、、面倒見もいいし、、、社長としてのオーラが出ている、、、。

それに、外国人としてのハンディーなんて、大声で笑って吹きとばしてるよ!と笑顔で言っていた。

やっぱり、大陸生まれの彼女は、器の大きさが違う。

勢いをもって、前進していくことができる起業家が、

名古屋にはもっと必要だと、、、

外国人起業家の彼女を通して、切に感じた日だった。

※ブティックのオリジナルアイテム、社員向けのパソコンが入るカラフルなオリジナル(黒ならどこでも買える)バックとか、機能性を兼ねたものや、内側の色が違うものなど、金型からつくるので結構自由自在だそうです。サンプル作品を作り、それに満足してもらったクライアントから正式オーダーをもらうシステムなので、心配しなくていいようになっています。最少ロット100個から。

競合相手と差別化を図るための『オリジナルの商品』を考えているアパレル業界、
女性社員が多い又は、オシャレな男性社員が多い会社の社員へ、
福利厚生などを使った社員割引バックなど、
結構いいアイデアなのでは?