5月の初旬、バンクーバーのローカル日系雑誌、The Bulletin というバイリンガルの雑誌の広告で、バンクーバーの中国系カナダ人のコミュニティーについて学ぶイベントを発見。

これは、異文化に興味を持っている人を対象に、BC政府その他現地の団体の協力で、チャイナタウンの入り口にあるSUCCESSという移民をサポートする団体の会場にて開催された。

最初は、中国の代表的な文化遺産として、calligraphy 中国の書法や、絵法を、国内外で知られている名人によってデモストレーションされた。

書道は別にしても、ペインティングはやはりかなりの違いを感じた。その後、すごいボリュームの食事。さすが、中国。食べ物へのこだわるは本物。

食事を終えたら、今度は以前、バンクーバー市内で起きた、中国系移民による木の伐採事件について、当時市役所でボランティアをしていた女性からの話があった。

その当時、かなりのボリュームで中国(香港、台湾を含める)系の移民が急増していた。

お金を持って移民してくる大半の中国系移民は、長年その場所で大切にされてきた木々を、自分の購入した家の敷地内だからという理由から、ためらうこともなくどんどん切り倒していった。

欧米の価値観では、生活空間に木があることは文化への意識、水準の高さを示すものでもあり、その見解で見ると、中国系移民のこれらの行動は、教育の低さ、または野蛮な人種のとる行動として扱われることとなり、後に、バンクーバーの新聞の紙面を飾る大問題へと発展していった。

なんの遠慮もなく、何百年も植わっていた木を平気で切り落としていく中国系の移民に対し、憤りはどんどん高まっていき、市へ不服、不満の声が多数寄せられ、増え続けていった。

何年がその戦いが続いた後、最終的には法律で、市の許可なしでは敷地内であっても勝手に木を切り倒せない。許可が下りても、限られた数しか伐採してはいけないというルールが決められた。

その過程を通し、、、、

中国系の移民は、欧米系の住民に対する”木々に対する熱いこだわり”を知り、欧米系の住民は、中国系の移民が考慮なしに木を切り倒したのではなく中国の文化でもある Fung-Shuiによったものだと、理解できたようだ。

、、、、というのは、Fung-Shuiは方角に何があるかが、幸せな人生に大きくかかわってくるので、木がそこにあるとエネルギーの流れが悪くなる場合があるらしい。

それは、信じている人にとっては大切なことだが、それを信じていない人にとっては、全く理解を越えるものとなる。

しかし、自分の文化、価値観だけで、周りの様子を見ずに行動する自体はやはりどうかと思う。

それは、”郷に入れば郷に従え”と教わってきた、私が日本人なのだからだろうか?


Advertisements

ジェトロという言葉を聞くのは、もう何年振りだろうか?、、、

すごく懐かしい響きだった。

私は以前、カナダのバンクーバー市郊外で、北欧スタイルの家具を生産、販売している会社で働いていたことがある。

その時、確か TEAM CANADA という、カナダ政府のサポートするプロジェクトがあり、日本への輸出をサポートしてくれていた。そのような、日加のビジネスの促進の橋渡しの役として、ジェトロバンクーバーも大きく関わっていた。

そんな理由があって、ジェトロと言えば?バンクーバー!と答えてしまうというか、、、

あれからもう、5年以上にもなる。

ダウンタウンにある海外事務所であるJETRO Vancouverのオフィスと比べるとJETRO 名古屋のオフィスは、かなり広かった。

それに、オンラインの面で見ても、当時のウェブサイト上に載せられていた情報とはかなり違って、充実しており、現地の社員から送られてくる生の情報を上手く取り入れられていた。特に、素晴らしいと思ったのは、各国ごとの輸入、輸出における問題について、ケーススタディー形式で、かなり詳細なことが記載されていること。

今、ジェトロ名古屋では、特に、外国から東海地方へのビジネスの誘致に力を入れているように見受けられた。海外の企業が、愛知、三重、岐阜にて海外からのビジネスを始めやすくするため、それに関してのサポートはすごく手厚い感じを受けた。

同時に、やはり、トヨタのおひざ元だけあって、アメリカとの貿易交流には以前からかなり力が入っているような感じがした。

それに、組織の花というか、レセプションの女性の方は、バイリンガルだというだけでなく、爽やかな笑顔で接してくれ、物腰の柔らかい素敵な印象の女性だった。

ライブラリーの部門のスペースも広く取ってあり、次に行くところがなかったら、もう少しライブラリーで調べ物をしたいと思える、空間があった。

いつか、クライアントを連れて、ジェトロ名古屋を訪ねてみたい。

読売新聞の記事によると、「第18回ウォーカソン・国際チャリティーフェスティバル」には、約3000人が参加したとのこと。

河村たかし市長が開会宣言をし、その後参加者は、1周1・25キロのコースを歩き、初夏の鶴舞公園を満喫したようだ。

イベントでバイリンガルの司会を務めたクリスさんのブログによると、なんと河村市長は英語での挨拶もしてくれたよう。

ああ、残念、市長の流暢な英語を聞きそびれた。(流暢なのは名古屋弁だけでななかったらしい。:0

外国人起業家の方達をはじめ、現地の外国人コミュニティーが主宰するチャリティーイベントに市長が、開催の挨拶という形だけ参加だけでなく、自らイベント自体に参加したところがよかった。何でも体当たりというか、積極的に、”自分の体を使って”参加するという姿勢が気持ちいい!
まだ就任して間もない河村市長。これからが本勝負!名古屋をどのように変えていくのか、おおきく期待しつつ、、、

<関連>

まだ間に合う!名古屋で最大の国際イベント「ウォーカソン」に参加して、地元に貢献しよう!

Replacing Emoji...

確か、あれは去年のこと。めずらしくFMラジオを聞いてみた。たまたま、DJがオーストラリアの話題をしていた。そして私は、『ふ~ん。噂には聞いていたけど、やっぱり名古屋ってオーストラリアがダントツ人気!なんだ~』という事実を、ラジオ番組をききながら、一人こっそりと、”納得した日”であった。

全く別の理由で、最近、Twitter(NagoyaLife)を通して、 『名古屋地区に暮らす外国人に同地区の産業や文化への理解を深めてもらおうと、東海テレビ国際基金(名古屋市東区)がDVD「名古屋の力~This is NAGOYA Power」を制作したというニュースを知り、一体、どの会社が、どんな内容のDVDを作り、どこにディストリビュートしているのか、、、つまりどこで借りれるのか?(おそらくNIC、国際センターとか)?知りたくなった。

せっかく資金を使い「外国人の為に作ったもの存在自体を、どれくらいの外国人が知っているのだろうか?

、、、という疑問を持ちつつ、ともかくサクッとリサーチしてみた。

その結果PPFという会社が製作にかかわっていることが分かり、それがナントあのラジオ番組のDJの(栗栖)クリス・グレン さんが経営する会社だということも分かった。

彼はバイリンガルDJとしてだけでなく、名古屋の外国人企業家としても、ローカルのビジネスのネットワークにはかなり精通してるに違いないと確信した。

ちなみに、読売新聞の連載記事 『ど~も ど~も』 によれば、どうやら彼は、ヘリコプターが大好きで、14歳から赤の靴下をはき、両親や家族をとても大切にしているようだ。

「赤の靴下」といえば、ふと、ジュリアンさんのことが頭に浮かんだ。彼はおそらく、名古屋で一番おしゃれな?アメリカ人のビジネスパーソンかもしれない。「赤のネクタイ」をトレードマークにしていると夫から聞いたことがある。まだ直接会ったことはないけれど、おそらく来月?POKEN関係のイベントであえるような気がしている。楽しみだったりして、、。ははっ。

とにかく、赤というカラーは元気が出る色!名古屋よ!元気を取り戻そうぜ!

ちなみに、クリスさんの『僕はエイリアン という記事には同感するところがいっぱいあって、今日のトピックとして使うことにした。

その理由は私も、、、、

日本政府が発行する 『外国人登録証明書』 (CERTIFICATE OF ALIEN REGISTRATION と書かれています) を持つ、エイリアンの一人だから。

この外国人登録に関しては、「日本に90日以上在留する外国人は、「外国人登録法」という法律によって外国人登録をすることが義務づけられおり、同時に、このエイリアンカードを常時、携帯する義務があるとのこと」。カードを提示することができなかった場合、大変なことになってしまう可能性あり。???

家などで保管、外出時に携帯してなかった場合、事情聴取のため警察や入国管理局へ連行されることもあります。外国人登録証明書の不携帯に対する罰則は、道路交通法における免許証不携帯に科される反則金などよりも処分は重い。

そうなんですね。日本在住の外国人はこのIDを常に持っていないと〝処罰″の対象となるのです。なんか、腑に落ちません。

というのは、例えば、カナダでも運転免許書を不所持でドライブしていた場合、日本と同様、処罰の対象になります。ただし、カナダの移民カード、「メープルカード」を不所持のために〝罰則″をされるということはありません。

それに 『外国人』という呼び方で、外国からの定住者を分け隔てたりはしません。というのも、外国人という言葉を使おうとしたら、ほとんどのカナダ人が外国人と呼ばれることになってしまうからです。原住民(インディアン)以外は、全て、ヨーロッパの国々などから移り住んだ移民で作られた国だからです。

私のUFO、宇宙船もなかなか迎えに来てくれません。
なぜでしょうか?
交信が途切れてしまったのかな?

もしかしたら、永遠にこの地球に置いてきぼりかも~。

<外国人、関連記事>
外国人・民族的マイノリティの子供の教育をめぐる今 ~国の政策の現状と課題~
愛知県、「外国人との共生を考える会」
愛知に住む外国人登録者数、カナダ人はマイノリティー?

翌日の17日の土曜日の朝、昨日の興奮のせいか目覚ましに全然気がつかず、夫は新幹線を乗り過ごしてしまった。

これがなんと、普通の切符ではなく通常より2千円安いタイプ(ふらっとこだまエコノミープラン)で、JR東海ツアーズでのみ販売している。ただ、安い代わり、変更が全くできない。
2000円をセーブしたと喜んでいたのに、結局は8000円を溝に捨てることになってしまった。「安物買いの銭失い」ってやつか、、、、。仕方ない。

諦めて、ランチを食べに出かけた。夫の行き着け?ファミレス”デニーズ”へ。ただ、ふと、、、せっかく東京に来てもそれか?って正直言って思った。でも、ゆっくりできからいいか、、、、。

その後、夫によると”オタクのホーリーランド”・・・?と呼ばれているらしい、秋葉原というところへ行った。夫が一人で見物している間に、私は、駅前のカフェで人間ウオッチングを楽しんだ。

その後、この日のハイライトのイベントへ向かった。
https://i1.wp.com/img.mixi.jp/img/basic/common/mixilogo002.gif

私は、mixiで出会った、横浜在住のジェフさんと渋谷でお茶をすることになっていたので、待ち合わせのハチ公前へ。
メールでやり取りしたことはあったけれど逢ったことも、顔を見たことも一度もなく、携帯で会話しながらお互いを探した。ジェフさんはサンフランシスコの出身。大学時代に日本に来ていることもあり、仕事でも日本語を使うので、彼の日本語はかなり完璧に近かった。本当のバイリンガル。その上、横浜からのお土産ということでナント、”黒船ハーバー”と”横浜海軍カレー”をわざわざ、初めて会う私たちの為に買ってきてくれたのだ。その心遣いに涙っていうか、かなり感動。

カフェというよりお食事の時間帯だった為、連れて行かれるまま、食事ができるところ?について行った。お値段のお手ごろなところに連れて行ってくれるとのことだった。で、着いた先が、串屋物語だった。食べ放題のコースで、好きなものを選んで天ぷらにしていくっていうスタイルは初めてで、結構北米でもイケる、スタイルだと思った。その中でチーズドーナッツというのがあった。夫は、彼の母が作る揚げ物と同じ味がするといって、そればっかりを食べていたのが面白かった。

mixiでの”出会い”にもいろいろあると思う。ジェフさんの場合はmixiを始めたばっかりの頃、たまたまジェフさんのプロフィールに興味を持った(日系人のことが書かれていた)ので自分からコンタクトを取った。それから、たまに仕事の合間にメールで日系人のことを話したりした。帰りも私たちを車でわざわざ駅まで送ってくれたり、こんないい人が横浜に眠っていたなんて、、、

横浜にも又行ってみたいし、ジェフさんは名古屋にはいとこがいるらしく、今度は是非、名古屋でもお逢いしたい!