9月30日は、International Translation Day として、各国で翻訳・通訳向けのイベントが行われた日でした。

ここBC州のバンクーバーでは、翻訳・通訳のプロの集団、Society of Translators and Interpreters of British Columbia (STIBC)の30周年記念イベントが行われた。

私たちが参加したのは、夕方のイベント。

午後のイベントには、現地の Global TV のキャスター、Mike MCCardell 氏書いた本の一冊から、彼がその中のストリーを読み、各言語に翻訳されたものを国ごとに読み上げた。 マイク氏は、”Everybody has a story” というフレーズを使うことで有名。大切なことをテレビを通して視聴者に伝えている、心あるキャスターとして知られている。

他には、旧バンクーバー市長のSam Sullivan氏が Greeting Fluency プロジェクトに関する紹介をするなど、ゲストとして参加していた。

Sam Sullivan氏は、数年前のトリノオリンピックでバンクーバー代表として、5輪旗を受けとった市長でもある。

彼は、19歳のときにスキーをしていて首の骨を折り、以来手足の自由が利かない。閉会式前の24日、AP通信とのインタビューで自身の障害についてこう語っている。

“Becoming a quadriplegic was really, really difficult. It took me seven years of depression and difficulties. Eventually I came through and decided I was going to focus on making my life better, and the lives of others.”

(四肢まひになったのは本当につらかった。7年間、うつ状態と苦悩が続きました。最終的には切り抜け、自分の人生をどう良くしていくかに集中しようと決めたのです。自分の人生とほかの人々の人生を)

“Some people consider disability as a tragedy. I look at is as a career move.”

(人によっては障害を悲劇だと考える人もいる。私はそれをキャリアアップととらえています) 参考はこちら

彼の、事故によるハンディを受け入れ、自己の最善を尽くして生きようとする ”前向きな姿勢” と、純粋な ”文化に対する理解の心” を持っている彼には、心を惹かれるものがある。

Greeting Fluency プロジェクトとは、簡単な外国語のフレーズを学んで、国際交流のきっかけにすること。移民の国カナダでは、お隣は別の国から移住してきた人というのも、そんなに珍しくはない。 サム氏は日本語もかなり上手だった。いい意味で驚き。この人なら、人の痛みが分かるから、きっと非営利な素晴らしいプロジェクトをこの先もリードしていってくれるのだと感じた。

『翻訳も通訳』も、同じ言葉では理解し合うことができない人たちを結ぶ、架け橋の役、相手のメッセージを正しく伝える、とても大切な仕事。相手を理解しようとする心がなかったら出来ない職業だと思う。 重要な書類の翻訳や、裁判の通訳などは、やはりプロにお任せしたい。

カナダ、またはBC州で翻訳・通訳のプロを探したいのなら、まず、STIBCに問い合わせるのが一番だろう。

プレジデントのオンライン版で面白い記事を発見したので、簡単に紹介したい。

日本企業のグローバル化が進む中、海外進出に伴う、現地人材の採用に多くの企業は苦戦しているようだ!ヨーロッパでもアジアでさえも、「日本びいきであったとしても、日本企業に就職したい!」という学生は少ない。

【なぜ、日本企業で働くことに魅力を感じないのか?

中国で約3万人弱の大学生を対象にしたアンケート(2005年)の結果、人気グローバル企業トップ50社の中で選ばれた日本企業は、ソニーとパナソニックの2社のみ。それも 22位と41位。トップ10には程遠い。

社会人に対するアンケートでは、企業の国籍別でみると、日本企業は、欧米はもとより、韓国、香港、台湾、そして 中国の地場企業より下にランクされている。

それは中国だけではなく、欧米やアジアでも同様の傾向がみられる。各国々のトップクラスの学生たちが就職を希望する企業として、日本企業を選ぶのは台湾以外はほぼ、全くないに近い状況のようだ。親日的といわれるタイでさえ、「日本の製品や文化は好きだが、日本企業には勤めたくない という 人が多い

東大大学院を卒業し、日本人に帰化した外国人でさえ、就職先として選ぶのはやはり、「日本企業」ではなく「欧米企業や地場企業」だという。


【国別による企業選択の基準の相違】

中国
中国人の場合、日本人には「お金で動く」というイメージがあるが、中国の有能な人材ほど自身のキャリアを重視しており、少々給料が安くともキャリアアップを優先する傾向あり。

企業の人事に対し、どんな内容の仕事か」「何年働けば管理職になれるか」「どのような基準で昇格を決めるのか」といった点について、納得のいく答えを求める。また実力主義・個人主義の傾向が強く、日本的な年功序列や横並び賃金は忌避れる。

華南地域、香港やシンガポールの中華人は、金銭面へのこだわりが強いようだ。少しでも給料がよいと、それまでのキャリアをあっさり捨てて転職することも厭わない。

タイ、インドネシア
東南アジア諸国では、実力主義の傾向は少なく、成果主義賃金で大きく差をつけたりすると「かわいそうだから私の分を分けてあげてください」と言われたりする。職場の雰囲気や企業風土を大切にする点は日本人と共通するが、日本人より自らのキャリアや、企業の社会的ステータスを大切にする。

◆インド
経営理念や理論が企業選びの基準。「各人の給料がいかにして決定されるか」といった仕組みが明快で論理的で ないと働く人々は我慢できない。また、企業のビジョンにも重きを置き、その企業がインドとその社会にどのような貢献をしているかを気にかけ る。

国によって、企業に求めるものが違うにもかかわらず、どの国でも日本企業には人気がない。


その最大の理由は、日本企業では何もかもが「曖昧」であることだ


『仕事の責任範囲、昇格基準、給与体系、評価基準』など、人事諸制度明確でない (*1) ばかりか、企業の経営理念、海外拠点の経営方針もはっきりしない。(*2)

(*1)
金銭を重視する人にとって「どれだけ働けば、いくらもらえるのか」がわからず、
キャリアを重視する人にとって「いつ頃どのよ うな仕事を任されるのか」がわからない。
ビジョンを重視する人にとっても「どんな理念を持った企業なのか」がわからない。

そのため誰からも魅力を感じてもらえない。

(*2)本社で明確な方針を 出していても、現地に伝わっていない

「海外子会社の現地化を進め、○○年までにこのポジションに現地人を昇格させる」と本社の会議で決定しているのにもかかわらず、 肝心の現地のマネジャークラスには伝えられておらず、昇進させようと思っていた人が見切りをつけて転出したりする。


第二の理由
として、現地人材への権限の委譲が少ない こと。

「日本の企業なんだから日本人が回すのが当たり前」という姿勢があから さまで、現地人材を欧米などで現地子会社の副社長クラスに登用しても、実質的な権限は与えず、重要な問題は日本人だけで集まって決めることが依然少なくない。ましてアジアとなると、現地採用の人材をトップクラスのポジションに就けている例もほとんどない。


第三
有能なマネジャークラスへの報酬が低い

コストカットのために海外に進出する企業が多く、また、年功序列型報酬制度のため、勤続年数が長いだけで、有能で多くの仕事をこなしている現地の人材よりも多くの給料をもらっている

これは能力を持つ人材にとっては我慢できないことであり、このため日本企業では仕事のできる人からやめていき、そこそこ働いて安定した生活が確保されることを重視する人材だけが残る傾向にある。


第四に、
体系的な人材育成プログラムがない。

新人研修やワーカーのスキルアップには熱心だか、会社を左右するトップクラス向けの育成プログラムが不十分。上層の育成プログラムを重視している欧米企業と正反対なので、意欲のある人材は残らないし、入ってこない。


第五に、
社会貢献の姿勢が少ない。

欧米企業は諸政府や団体が行う社会的な事業に寄付したり、学生に奨学金を出す のに熱心だが、日本企業は積極的ではない

一つの大学で50人、100人の学生に多額の奨学金を提供する欧米企業に比して、日本企業は「年間 3000円を、二人に対して」といった具合にスケールが大きく異なる。なかには社会貢献に熱心な企業もあるが、全体としては少数派。


第六
に、日本人は英語が不得手

多国籍の人々に囲まれて仕事をする際、言葉がわからないままでは、企業のビジョンも示せず、的確な指示もできない。

ここまで詳しく説明されているので、とても分かりやすい。日本側から見れば問題でないと思えることも、外から見れば大きな問題であることが、ここでも明確になっている。人事の担当者が、自ら、海外生活を体験してるかどうかなど、『外から日本を見る目』または、その感覚を身につけていることによって、企業にとって有益となるグローバル人材を確保できるかにも大きくかかわってくるだろう。

<参考記事>

「世界の働きたい企業ランキング」日本勢はなぜ不人気なのか

東亜日報の記事で、戦後の日本で成功した「外国人の起業家のサクセスストーリー」を読んだ。

それは、90歳を目前にした現在でも「青年の頃のの熱情」を感じさせてくれる、ロッテの会長、辛格浩(シン・キョクホ)氏のことだった。いろんな記事を通して、私なりに辛格浩氏について学んだことをサマリーにしたので、ここで紹介したい。

<辛格浩氏の生い立ち>
1940年代、20歳の青年は、日本行きの釜関連絡船に乗り込んだ。第2次世界大戦が終わるまで釜山(プサン)と日本の下関間で運航されたその船の中で、青年 が持っていた資金は僅か83円。蔚山蔚州郡(ウルサン・ウルジュグン)で5男5女の長男に生まれた青年は、蔚山農業補習学校を卒業し、慶南(キョンナム) 道立種畜場で騎手補として働きながら、牛と豚の世話をした。新聞や牛乳配達もしたが、貧しい暮らしから脱するには力不足だった。父親に内緒で船に乗り込んだ 。

<早稲田大学>
工学部の学生は、軍隊に行かずに済むという噂を聞き、望んでいた文学部ではなく化学科を選ぶ。

<起業スタート>
日本人の友人の勧めでカッティングオイル生産工場を設立し、事業家の道に入った。 爆撃で工場は全焼したが、崩れた軍需工場で石けんを作って再起した。

<アイデアマン、ロッテ設立>
彼の事業的な才能が表れ始めたのはこの時からだ。 米軍が駐屯しながらガムが人気を呼ぶと、辛会長はすぐにガム事業に飛び込んだ。 風船ガムは飛ぶように売れた。 風船ガムに竹筒をつけ、おもちゃにするなど、市販するガムはヒットした。日本のテレビ普及率が急増するタイミングで、大々的なテレビコマーシャルで「ロッテのガムはお口の恋人」という言葉を流行させた。東京周辺の土地を持続的に買い入れ、日本の土地成金にもなり、こうしてにロッテが設立された。

<ロッテの由来>
『若きウェルテルの悩み』に登場する女主人公の名前はシャルロッテ。「ロッテ」グループの名前は、文学狂だった彼がこの本に感銘を受け、「シャルロッテ」にちなんで付けたのだ。浪漫に満ち溢れた社名なのである。

<ビジネスに対する情熱>
「ウェルテルはシャルロッテに対する愛と情熱のために楽しみ、時には悲しみ、その情熱の中に自分の命を燃やすことができた」。情熱があれば どんなに難しいことでも楽しく乗り越えられるが、情熱がなければ興味もなくなり、仕事の能率も悪くなる」、「経営者の情熱と職員の情熱が一つの総体とし て表れる時、その会社は大きな発展が約束される」と彼は強調している。

<戦後の日本で創業できた理由>
彼が日本で成功を収められたのは、誠実さと信頼感があったからだ。 創業の初期、辛会長の誠実な性格を信じて5万円を出資した日本人投資家は、稼働前に工場が爆撃で灰になっても辛会長を最後まで信じたという。

辛会長はその投資家に借金を返すため全力を尽くし、1年半ですべて返済、感謝の気持ちで住宅1軒を贈った。

<韓国に進出>
67年に辛会長は韓国にロッテ製菓を設立し、母国への投資を始めた。 ロッテグループの関係者は、この時から日本で稼いだ金を韓国に投資し始めたが、韓国で稼いだ金を日本に持って行くことは一度もなかった。

会長は韓国に進出する際、食品会社ではなく重化学会社の設立を希望していたという。 日本の工業化を見ながら将来性があると判断したのだ。 辛会長は石油化学事業を検討した後、政府に提示したが、LGグループが事業者に決定したため断念するしかなかった。

結局、実現したのはホテル業だった。 辛会長はあるインタビューで「ホテル業は利益を出すのが難しいが、韓国に一流ホテルがなかったので将来性があると考えた。 ホテル業について何も知らなかったので世界各国の一流ホテルを回って勉強し、日本の帝国ホテルをモデルにした」と述べた。

ここから辛会長が生涯守ってきた3つの経営原則を窺うことができる。

  1. 理解できない事業には手をつけない
  2. 可能性がある事業を始める時は徹底的に調査をしながら準備する
  3. 事業に失敗しても誰も被害を受けない範囲で資金を借り入れる

ロッテグループの系列会社のうち非上場会社が多いのも「失敗した場合、株主に被害を与えたくない」という辛会長の信条のためだ。このような背景を持ち、ロッテはグローバル企業へと発展してきたのだった。

辛会長は、国内の上場企業代表取締役のうち最高齢CEOであり、現在も1カ月間隔で韓国と日本を行き来するシャトル経営をしている現役なのである。

日本経済新聞 国際大学、企業と連携 グローバル人材育成の記事を読んで、日本にもこんな国際環境の大学院があったことを発見!日本のグローバル人材育成のためにも頑張っているようだ!

<記事から抜粋>

この大学、国際大学(大学院)では、授業や演習はすべて英語で行われおり、グローバル人材育成のために、大手企業、オリックス、花王、住友商事、武田薬品工業、パナソニック、その他と提携し、40歳前後の部課長や幹部候補生らを対象に、今夏にから、1~2週間の「エグゼクティブ・プログラム」スタートする。企 業の要望に応じた独自プログラムも立案、実施する。世界108カ国に及ぶ卒業生の人脈を活用し、企業が進出したい国での人材採用も支援する。

さて、その国際大学って?

日本で最初の授業を全ての英語で行うプロフェッショナルスクール。

★日本の経済界と教育界の支援のもとに1982年に設立され、世界中からの学生に門戸を開き、共に切磋琢磨できるために設立。

900社以上の企業から財政的支援を受けて運営されている。特に、開発途上国からの留学生が非常に多く、欧米の大学院と比較して、学生にとって有益な特徴を持っている。

ソーシャルミディア、ライブチャットなどの有効利用 - FACEBOOK, LINKEDIN, キャリアーコーチ、卒業生のネットワーク担当によるTWITTER、カウンセラーとのONLINE CHAT

留学生、生徒の体験談あり 修了生プロフィール・メッセージや、学生プロフィール・メッセージ

、、、学校の設立背景、企業との提携、発展途上国を含めた国際的な教育環境の提供、ソーシャルメディアの活用など、成功のカギとなる要素がいっぱい詰まっているウェブサイト。

メルマガには留学生からのメッセージもあり、久しぶりにメルマガを登録してしまった。(笑)特に、発展途上国からの留学生の国際観、日本についてどんなことを感じているのかなどに興味をもった。今の私には触れるチャンスがあまりないないので、良い刺激、知識になっていくことは間違いない。

ユニクロから販売されている、「HEATTECH」シリーズ。

数年ぶりにカナダに帰国し、今年の冬は極寒の地、カナダのアルバータ州、エドモントンで過ごすことになった

こともあって、「世界の冬を変える」とうたっている、日本のテクノロジーを試したく、帰国前に購入した。

さすが、グローバルカンパニー のユニクロ、世界の冬とは、言いきってしまえる、、、。

さて、現地、マイナス20度平均の極寒の地で、実際に試着をしてみた。

家の中だと確かに、ヒートテックの靴下やシャツは保温性がある。がしかし、残念ながら、どんなに素晴らしい

テクノロジーでも、-10度を超えると話にならなかった。

ただし、7つの機能は、しっかり果たしていたし、肌触りも、すごくいい、、、

ちなみに、コブスオンラインのニュースに、「ヒートテック系の商品、(3種類) を比べ特集」

があったので、その情報も、ここでまとめてみた。

「家で作業をしているとき」・「おでかけ」・「寝るとき」の3パターンに分けて着くらべ

ユニクロの ヒートテック

体が冷えている状態から、少し汗ばむことで生地が発熱し、今度は体を温めるヒートテックは
スポーツや散歩などよりは、ちょっとお買い物、という外出向け。

イーオンの ヒートファクト

一方、ヒートファクトは、体にこもっている熱を内側に閉じ込めるので、
じっとしている作業の人向け。

ライトオンのエクストラサーモ

そして、暖かさは劣るものの、着ている感が少ないエクストラサーモは就寝時向け。

他の二つも、欲しくなってしまった。Care Package (家族からの小包)で、送ってほしかったりして (笑)

さてさて、現地のバンクーバーは、オリンピックも秒読み中、、、

ちなみに、オリンピック選手でも、ヒートテックを使っている人っているんだろうな~。