2011年のクリスマス、義理の両親の家にて。

プレゼントなんかいらないといいつつも、みんなすごく真剣にラッピングを破っている。

私のその一人、12月25日の朝の様子。

Advertisements

2009年、カルガリー最後の日。

噂に聞いていた、カルガリー近郊の新しいアウトレットモール、

CrossIron Millsに行って来た。

ハイウェイに乗れば、叔父の家から約30分くらいで行ける距離。

正門入口から入ると、いきなりファイヤープレイスがお出迎え。

暖炉”に見立てた、ファイヤーが飾られていた。

見た目はちょっと、、、、でも、雪が解けない極寒の地で、

のイメージでお出迎えするとは、よい戦略。

フェイクと分かっていても、なぜか少しあったかい気持ちになる私。

そして12月という季節柄、このモールではほとんどの入口に、パターンの違うツリーが飾られていた。

例えば、、、

ナットクラッカー編、キャンディーケーン編、ナットクラッカー編、キャンディーケーン編、

ブルークリスマス編、ピンククリスマス編

そして、モールの中には、その後もいろんなオブジェが飾ってあった。

一番ドキッとしたオブジェは、これっ。

通路のド真ん中にあり、私たちの視線は、一気に釘づけ。

近くで見るとかなり迫力あり。

周りの氷もかなり本物っぽい。

原始時代の男性が、

氷河期に取り残されたような、、、

が、しかしその片手はしっかりと何かが、、

これって、ティムホートンのコーヒーマグかい?(笑)

天井にも、いろいろなテーマごとにデコレーションされていた。

オリンピックだったり、折り鶴だったり、、、、

カヌーのデコもあったが規模が大きすぎて、

写真にはうまくおさまらなかった。

ショップには、専門店など、

セレクトショップがいっぱい並んでいた。

例えばアイスホッケーファンにはたまらない?

専門グッズショップとか、、、

そして、お待ちかねのフードコートへ。

とはいっても、最近のフードコートは単価が高くなった割に、

味がおいしくなったわけでもないから、割高感を感じる。

そんな私の期待を大きく裏切ったメニュー発見。

安くて、ボリュームがあって、なおかつおいしい」という。おいしさ三兄弟!!!

それは、ギリシア系のファーストフード店にある

ローストチキンディナーセット」だったと思う。

チキンとベイグドポテトにライスとサラダのセットメニュー。

ああ、ほんとにおいしかったあ~。

いろんな意味で、好奇心をそそったモールだったが、

その中でも、一番気に入ったというか印象的だったのは、

フードコートに飾ってあった、ゴールドの看板に黄金の”言葉”。

May all your dreams are big and

your paths be happy trails.

あなたの夢は大きくて、それに向かう道のりも幸せなものでありますように!

聖書の言葉にも、「幻なき民は滅びる」という個所がある。
この幻というのは、ビジョンとも言えるし、夢とも言える、、
人は、志をもって、進むべき道が見つからなければ、滅びてしまう、、、。
精神がさまよえば、体も生きることができなくなる、、、


さあ、この言葉を胸に、2010年も前に進もう!

アルバータが私を呼んでいる、、、。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

人気ブログランキングへ


翌朝の早朝9時に、ダウンタウンに到着。

カルガリーのダウンタウンの雪景色、、、。

朝の時間に車でダウンタウンに向かった。なんと、、、

バンクーバーよりひどいかも、、、

日本並みの渋滞で、50センチ小刻みしか動けない。

電車があるのに、郊外から来ている人が多いのだろうか?

これは、完璧にCity Planning が失敗しているような、、、

電車の通路をもっと伸ばすとかしないと

毎朝これでは、仕事前に疲れ切ってしまう。

それだけでなく、パーキング料金も、1カ月約300ドルとか。

1時間のパーキングは約15ドル。ランチが食べれる料金だ。

これじゃあ、とても高すぎる、、、

地図も何ももっていなかったので、ビルの案内所に向かった。

そこでもらったダウンタウンの地図が、PLUS 15というもの。

目的地に、「」外から行きたいか?それとも中から?」と聞かれ、、、、

マイナス25度の寒さ。「あっ、もちろん中から、、、」みたいな返事。(笑)

このプラス15というシステムは、カルガリー市が70年代に極寒の季節、

ビジネスのサポートとしてダウンタウンのビルディング間の行き来を楽にする為、

建物と建物のあいだに橋を付け加えたもの。

その為、これらの橋をうまく渡っていくと、外を歩かなくてもビル間を

往復できるようになっている。

ただし、すべてのビル間に橋がつけられているわけので、ご注意。

その迷路のような道を歩いている途中、

いろいろなクリスマスデコ、ツリーを見た。

極寒の

アルバータ州では、

クリスマスライツや

ツリーを見るだけで、

ほんの少しだけ

心があったかくなる。

たとえそれが、

5秒間だったとしても、、、、

世の中は狭いというか、将来のことはわからないものである。

というのは、当時は考えも付かなかったが、、、

昨晩、ディナーに招待してくれたいとこの

お嫁さんは

なんと、、、、

私がカナダで初めて受けた英語の

クラス、University of Alberta

アルバータ大学専属のESLの

旧クラスメートでもあったりするのである。

彼女は、手先がとても器用で、

クラフトを作るのもとっても大好き。

家の中のドライフラワーとかなども、

全て自分でアレンジしたようだ。

クリスマスツリーも、玄関と、リビング

2箇所に飾ってあった。

玄関にも、大きくておしゃれリースが飾られていた。

いろんなお宅にお邪魔して、クリスマスデコが見れるのは、

とても嬉しい。

オーブンから、シナモンスパイスの香りが部屋中いっぱいに広がってくる、、、

そんな季節になったのなら、それは、、、

クリスマスシーズンが、本格的に到来したという証なのである。

バンクーバー近郊の企業が、環境に配慮したクリスマスツリーのレンタルサービスをスタートした。

約100ドル(約8700円)を支払えうと、鉢植えのツリーを家やオフィスに届けてくれて、

その後にツリーを引き取りにきてくれる仕組み。

エバーグロー・クリスマスツリー社(Evergrow Christmas Trees) - バーナビー市

★環境保護団体に寄贈
★植え直し

カーボンシンク・クリスマス社(Carbonsync Christmas) - スコーミッシュ市

★苗床に戻して、来年のクリスマスにもレンタルを考えている
<カナダ、クリスマスツリーの現状>

ツリーは通常、4分の1ほどの値段で購入可能。クリスマスが終わると、

コンポーズされたり、またはゴミとして捨てられる。

ツリーは6年から12年かけて成長するので、資源としては、浪費以外なにものでもない、、、。

北米では、このシーズンだけのために切り倒される木の量が、半端ではないので、

ツリーのレンタルやリ・ユーズが始まれば、環境に優しいプロジェクトになるだろう。

<関連記事>

Christmas tree rental firms battle waste

カナダの「グリーン」なクリスマス、今年のツリーはレンタルで

11月26日- 28日の3日間、

エドモントンのダウンタウンにある、

Shaw Conference Centreにて、

アルバータ大学病院のファンドレイジング

(資金調達)のために、毎年行われるイベント、

Festival of Trees が行われた。

クリスマスツリー

フェスティバルデコ、

ジンジャーブレッドで作ったハウス、

クリスマスケーキ

クリスマスギフト

ホットドリンク&クッキー

メインステージでは子どもたちによる

ダンス演技や

クリスマスコーラスなど、

クリスマスシーズンにぴったりの

ボランティアやイベント参加者に

支えられた、心が暖かくなるイベント。

北米では、Good Cause (慈善事業)に対する

サポートは、日本とは比べられないほど強い。

エドモントンの良さは、人柄の良さというか、、、、

昔よき時代の西洋の伝統が、

まだ残っている街なのかもしれない、、、。

その他、クリスマスツリーの写真は

こちら、、、

ユニバーサルスタジオから帰ってきた数日後、カナダの夫の両親からクリスマスの小包が届いた。

カードはいつもどおり、冷蔵庫の前に、ギフトはツリーの下に飾り、、、たかったが、我が家のツリーでは無理。超小さくてカワイイけど、大切な目的を果たしきれない役不足くん?かもしれない。

ということで、夫はもっと大きなクリスマスツリーを買いたいとうるさいが、今住んでるマンションは、北米のスタイルとは違う。日本ではよくあるタイプだと思うが、物を保管できるスペースが非常に少なく、あっても狭い設定になっていると思う。北米のコンドミニアムやタウンハウスでは、ユニットごとの倉庫というのがあって、そこにいろんなものを保管できるスタイルになっている。

とにかく今回は、時間が勝負なので、慣れたところでお買い物をしたかったので、鈴鹿のベルシティーへ。月曜と火曜日の二日間で、大人13人分のギフトと、生まれてくるベイビーへの贈り物を選んだ。半分以上のショップはラッピングのサービスをしてくれたのでとても助かった。残りは帰ってからのお仕事となった。

それだけではない。カードも一枚一枚、相手の好みに合わせて選んであるので、メッセージもパーソナルなものになる。

私はラッピング担当で、夫がカード担当。夫は、それを全て書き終えたあと、ぐったりしていた。お疲れさんでした。私は、ラッピングを済ませた後、サンタのプレゼントの袋のような大きな袋をふた家族別々にして小分けした。箱のサイズに合うようにするのが思ったより大変だった。なんとか小包を終えたのが午前、3時前。ふーっ。

翌日、郵便局で一番早い便、EMS便で送った。目安としては4日で到着すると書かれていたが、実際のとこどうなんだろう?
追跡調査によると、昨日の午後、セントレア空港を出たとあるが、それ以降のアップデイトがない、、、。

成田からバンクーバー便は毎日出航しているはずだし、、、。

本当に4日で着くのかな?

ちなみに、去年もブログに書いたけど、サンタさんは今頃どのあたりを飛んでいるんだろう。NORADの追跡サイトをチェック。
今年も準備バッチリみたい。クリスマスイブの日になれば、もっと詳しいことが分かるのか、、。

<追加情報>
EMS便、17日の午後に出した小包は翌日セントレアを出発し、バンクーバーで数日間止まったままでぎりぎり、現地時間の23日に到着した。超ギリギリ。でも間に合ったのでほっとした。結局、4日間という目安の倍、約8日間かかった。それにしても間に合ったからそれでいいんだ。

<クリスマス関連>

ユニバーサル・スタジオ - ワンダー・クリスマス編

『MIDLAND SQUARE』はなだ色のノエル。今年初めてのクリスマス