“What is the No. 1 selling duo in music history?”

そうなんです。60年代のスパースター、サイモン&ガーファンクルでもなく、、、70年代から音楽活動を始めた、ホール&オーツなのです。

なんといっても、80年代に爆発的にヒット曲を生みだした、Daryl Hall and John Oatesのライブを聞くのは今回が初めてだったので、かなり興奮気味。会社も早退して心待ちにしていたイベント。

9月3日、バンクーバーのPNE (Pacific National Exhibitionの略)で薄暗くなった8時頃過ぎにコンサートが開始された。

Out of Touch, Private Eyes, Family Man, Kiss on my list、、、私の大好きな曲をしっかり歌ってくれ、大満足。

実は、このコンサートの情報も夫が教えてくれたもの。同じ世代だからこそ、違う国で育っていても、趣味が違ったとしても、その時代に流行っていた音楽だから、それぞれ曲に対する思いがあり、、、、

当時から20年以上たっているが、素晴らしいものはいつまでたっても素晴らしい!ずっとこのまま音楽活動を続けてほしいと思う。

何曲か会場で大合唱となり、声を出して歌っている周りの人混みをみると、、、うーん。確かに中年の人ばっかり。っていうか、私もそうか?(笑)

ひとつ、ネガティブだったのは、すぐそばにいた高校生くらいの女の子がすごくつまらなさそうに彼氏に文句ばっかり言っていて(彼氏も彼女と同世代だったが、彼はかなりのファンのよう)周りの人を無視し続けていたこと。そんなにつまらないんだったらそこから出ていけばいいのに!後ろから蹴り飛ばしたいほどの怒りを感じたが、、、、ライブという貴重な体験を無駄にしたくないので、舞台にフォーカスするよう試みた。

音楽には好みがあるが、他人も自分と同様尊重するよう育てれらているはずの北米でも、他人の気分を害する行動しか取れないティーンが増えているのは間違いない。とても残念なことだ、、、。

古いとか言われても、しったこっちゃない。彼らの歌は、私の中で永遠に『大好きな歌』として残っていくことは間違いない、、、

さて、今年もカナダ・デーがやってきました。

少し遠出をして、バンクーバーから車で約1時間弱ドライブし、Cloverdale へ。

約10年くらい前、そこから20分くらいのところに住んでいたこともあり、久しぶりに田舎を訪れる感じのでした。

車から見る景色がとても懐かしく、山が遠くに見えて、目の前にはのどかな田園風景が広がり、、、。

そのまま、目的地に向かっていくと、会場近くに、日本の鳥居のようなゲートを発見。

クローバーデールって、、、

バンクーバー市内に住んでいると、あまり聞きなれない地名で、とくに車がないと、行くのはかなり困難。

この地域は、移民の多いバンクーバー近郊の中では珍しく、住民がほとんどが地元生まれ、育ちの欧米人。

それに関係してか、このあたりはクリスマスの時期になるとデコレーションにこだわる家が多く、住宅街がとても綺麗だった記憶あり。

さて、イベント会場へ話を戻し、人混みの中へ。

ランチは、ウクライアのスモークソーセージのホットドックと、カフェインゼロのルートビア。美味!!!(どっちかといえば、ポップよりもビールの方が合う感じ。カナダでは公共のイベントでアルコールは禁止されているので無理ですが)

ミニ遊園地意外に、ステージも二つあった。

そこで、みかけた仮装の中で、ちょっと気になったのが、この人たち。

ブルーの仮装の二人づれ。

よく話を聞いてみたら、なんと、カナダ政府の職員。

祝日もこんな過激な格好をして、部門のPR活動をしていたのでした。

『写真を撮らせてください』と頼んだら、快く受け入れてくれましたが、、、

ただし、『取るのはいいけど、これを持っていって』としっかり、

名刺を手渡され、、、お祭りに参加してるように見えても、ちゃんと仕事していたのでした。

この感じがいいな、カナダって、、、やっぱり、、、。(笑)など、そんなことを思いながら、笑みを浮かべイベント会場を去ったのでした。

Happy Birthday, Canada!!!

6月6日、バンクーバー市内の以前はイタリア人街として知られていた、Commercial Driveで、

イタリア文化を祝うイベントが行われた。

義理母の勧めで、イタリアンソーセージを

食べることを楽しみに出かけたのだが、

あっとゆうまに雲行きが変わり、

雨が降りだした。

カフェでお茶をしながら待ってみたが、

スボンも靴もずぶぬれで、

しかたなく食べずに退散。うっ、、、

それでも、印象的だったのは、シニアーのオジサンたちのコーラスだった。

ベストをきて、おそろいの洋服でなんか、

オシャレと言うか、、、

ダンディーなおじいさんたちの歌声は、

どこか哀愁があって、心に響いた。

それと、この車。

国旗、、、

かなり人の目を惹いたのは

間違いない、、、。

今年の復活祭は4月4日。

この日は、イエスキリストが死から3日目によみがえった日。

クリスマスよりもっと大切な日とされている。

地元ではクヤイヤーや、演劇、オーケストラ演奏で有名なWillingdon Church (バーナービー市にある、メノナイト系の教会)の特別礼拝に参加した。

いつ行っても、彼らの特別なイベントは見ごたえがある。

その夜、家族が揃って、楽しいイースター・ディナーの時を過ごした。

もちろんその日の、メインシェフは、マリア・ママ。

数日前から、キッチンでバタバタと忙しくしていた。今年のメインディッシュは、ローストハム。

売っているハムは、どっちかっていうと日持ちするようにかなり塩が効かせてある場合が多いけれど、これはホームメイドの特権。ちょうど食べごろの塩味で、おいしかった。

義理母のように、私には”イタリアの血”は流れていないから、、、、食べ物には同じようにこだわれない。

だけど、いつか、こんな風に、家族や友人をディナーに招待したいと、切に願った。

きっといつかできると思う、、、。

これは、バンクーバー郊外のリッチモンド市で、5輪の聖火イベントが行われた

当日のモール、Richmond Center の様子です。

今までに、こんなに多くのカナダの国旗を見たのは、

おそらく、建国記念日以外にはない、、、

バンクーバーの熱気を感じました。

その夜、リッチモンドのオリンピックゾーン、O-ZONE で偶然にも聖火ランナーを見ることができました。

、、、がしかしカメラが間に合わず、残念。、、うっ。涙

そして、、イベント会場の様子はこんな感じでした。

<ブログ内、オリンピック関連>

『カナダドーナッツ』を食べてオリンピック観戦!
バンクーバーオリンピック公式グッズ、五輪マーク入りの赤い手袋!

バンクーバーオリンピック、現地で会おうね!- You Gotta Be Here in 2010

オリンピック開催前の、バンクーバーのダウンタウンの様子

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

人気ブログランキングへ

<関連記事>

リッチモンドに聖火到着-「O zone」イベントに1万5千人の市民集まる