“What is the No. 1 selling duo in music history?”

そうなんです。60年代のスパースター、サイモン&ガーファンクルでもなく、、、70年代から音楽活動を始めた、ホール&オーツなのです。

なんといっても、80年代に爆発的にヒット曲を生みだした、Daryl Hall and John Oatesのライブを聞くのは今回が初めてだったので、かなり興奮気味。会社も早退して心待ちにしていたイベント。

9月3日、バンクーバーのPNE (Pacific National Exhibitionの略)で薄暗くなった8時頃過ぎにコンサートが開始された。

Out of Touch, Private Eyes, Family Man, Kiss on my list、、、私の大好きな曲をしっかり歌ってくれ、大満足。

実は、このコンサートの情報も夫が教えてくれたもの。同じ世代だからこそ、違う国で育っていても、趣味が違ったとしても、その時代に流行っていた音楽だから、それぞれ曲に対する思いがあり、、、、

当時から20年以上たっているが、素晴らしいものはいつまでたっても素晴らしい!ずっとこのまま音楽活動を続けてほしいと思う。

何曲か会場で大合唱となり、声を出して歌っている周りの人混みをみると、、、うーん。確かに中年の人ばっかり。っていうか、私もそうか?(笑)

ひとつ、ネガティブだったのは、すぐそばにいた高校生くらいの女の子がすごくつまらなさそうに彼氏に文句ばっかり言っていて(彼氏も彼女と同世代だったが、彼はかなりのファンのよう)周りの人を無視し続けていたこと。そんなにつまらないんだったらそこから出ていけばいいのに!後ろから蹴り飛ばしたいほどの怒りを感じたが、、、、ライブという貴重な体験を無駄にしたくないので、舞台にフォーカスするよう試みた。

音楽には好みがあるが、他人も自分と同様尊重するよう育てれらているはずの北米でも、他人の気分を害する行動しか取れないティーンが増えているのは間違いない。とても残念なことだ、、、。

古いとか言われても、しったこっちゃない。彼らの歌は、私の中で永遠に『大好きな歌』として残っていくことは間違いない、、、

Advertisements

さて、今年もカナダ・デーがやってきました。

少し遠出をして、バンクーバーから車で約1時間弱ドライブし、Cloverdale へ。

約10年くらい前、そこから20分くらいのところに住んでいたこともあり、久しぶりに田舎を訪れる感じのでした。

車から見る景色がとても懐かしく、山が遠くに見えて、目の前にはのどかな田園風景が広がり、、、。

そのまま、目的地に向かっていくと、会場近くに、日本の鳥居のようなゲートを発見。

クローバーデールって、、、

バンクーバー市内に住んでいると、あまり聞きなれない地名で、とくに車がないと、行くのはかなり困難。

この地域は、移民の多いバンクーバー近郊の中では珍しく、住民がほとんどが地元生まれ、育ちの欧米人。

それに関係してか、このあたりはクリスマスの時期になるとデコレーションにこだわる家が多く、住宅街がとても綺麗だった記憶あり。

さて、イベント会場へ話を戻し、人混みの中へ。

ランチは、ウクライアのスモークソーセージのホットドックと、カフェインゼロのルートビア。美味!!!(どっちかといえば、ポップよりもビールの方が合う感じ。カナダでは公共のイベントでアルコールは禁止されているので無理ですが)

ミニ遊園地意外に、ステージも二つあった。

そこで、みかけた仮装の中で、ちょっと気になったのが、この人たち。

ブルーの仮装の二人づれ。

よく話を聞いてみたら、なんと、カナダ政府の職員。

祝日もこんな過激な格好をして、部門のPR活動をしていたのでした。

『写真を撮らせてください』と頼んだら、快く受け入れてくれましたが、、、

ただし、『取るのはいいけど、これを持っていって』としっかり、

名刺を手渡され、、、お祭りに参加してるように見えても、ちゃんと仕事していたのでした。

この感じがいいな、カナダって、、、やっぱり、、、。(笑)など、そんなことを思いながら、笑みを浮かべイベント会場を去ったのでした。

Happy Birthday, Canada!!!

6月6日、バンクーバー市内の以前はイタリア人街として知られていた、Commercial Driveで、

イタリア文化を祝うイベントが行われた。

義理母の勧めで、イタリアンソーセージを

食べることを楽しみに出かけたのだが、

あっとゆうまに雲行きが変わり、

雨が降りだした。

カフェでお茶をしながら待ってみたが、

スボンも靴もずぶぬれで、

しかたなく食べずに退散。うっ、、、

それでも、印象的だったのは、シニアーのオジサンたちのコーラスだった。

ベストをきて、おそろいの洋服でなんか、

オシャレと言うか、、、

ダンディーなおじいさんたちの歌声は、

どこか哀愁があって、心に響いた。

それと、この車。

国旗、、、

かなり人の目を惹いたのは

間違いない、、、。

今年の復活祭は4月4日。

この日は、イエスキリストが死から3日目によみがえった日。

クリスマスよりもっと大切な日とされている。

地元ではクヤイヤーや、演劇、オーケストラ演奏で有名なWillingdon Church (バーナービー市にある、メノナイト系の教会)の特別礼拝に参加した。

いつ行っても、彼らの特別なイベントは見ごたえがある。

その夜、家族が揃って、楽しいイースター・ディナーの時を過ごした。

もちろんその日の、メインシェフは、マリア・ママ。

数日前から、キッチンでバタバタと忙しくしていた。今年のメインディッシュは、ローストハム。

売っているハムは、どっちかっていうと日持ちするようにかなり塩が効かせてある場合が多いけれど、これはホームメイドの特権。ちょうど食べごろの塩味で、おいしかった。

義理母のように、私には”イタリアの血”は流れていないから、、、、食べ物には同じようにこだわれない。

だけど、いつか、こんな風に、家族や友人をディナーに招待したいと、切に願った。

きっといつかできると思う、、、。

これは、バンクーバー郊外のリッチモンド市で、5輪の聖火イベントが行われた

当日のモール、Richmond Center の様子です。

今までに、こんなに多くのカナダの国旗を見たのは、

おそらく、建国記念日以外にはない、、、

バンクーバーの熱気を感じました。

その夜、リッチモンドのオリンピックゾーン、O-ZONE で偶然にも聖火ランナーを見ることができました。

、、、がしかしカメラが間に合わず、残念。、、うっ。涙

そして、、イベント会場の様子はこんな感じでした。

<ブログ内、オリンピック関連>

『カナダドーナッツ』を食べてオリンピック観戦!
バンクーバーオリンピック公式グッズ、五輪マーク入りの赤い手袋!

バンクーバーオリンピック、現地で会おうね!- You Gotta Be Here in 2010

オリンピック開催前の、バンクーバーのダウンタウンの様子

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

人気ブログランキングへ

<関連記事>

リッチモンドに聖火到着-「O zone」イベントに1万5千人の市民集まる

10月の3連休の最終日の12日に、鈴鹿で開催されたバルーンフェスティバルに行ってきました。

庄野町の鈴鹿川河川会場に着いたのは、早朝の7時前。

すでに、川辺にはカメラを持った人がずっと連なっていた。

パーキングもかなりいっぱいな状態。

どんな絶景かとおもいきや、、、

ちょうど、会場に向かう途中で、広場からゆっくりと、、、

ひとつづつ熱気球が大空へと旅経っていく、、、

雲ひとつない秋晴れの空へ。

やはり、目の前で上昇していく熱気球には目が釘付けになてしまう。

そんな間に、気がついたら、気球で空がいっぱいになっていた。

どうやら、鈴鹿サーキットに向かっているようだ。

それから待つこと約1時間半。

チケットをもらって「係留飛行」の始まり。

どうしても乗りたかったのは、いちばん人気の『たこ』の気球。

係員さんには、本来は希望に添えないのですが、、といいつつ、

私たちをタコの気球の列に並ばせてくれた。やったー。

目の前にいる、お面をかぶった人が子供向けに風船で何かを作っているのだが、

お面の顔が異常に大きすぎて、『かわいい』というより、『怖かった』。

反って逆効果だったかも?(笑)

自分の番が回ってきて、さっそくこのタコの気球に乗った。

で、びっくりしたのが、、、ガスの噴射口がかなり低く設定されていたこと。

頭のすぐ傍で、「ボーッ」という大きな音を立てて上がって行ったので

その音に驚いていたら、すでに地上に下がっていき始めていた。

これこそ、『旅行』と同じ。

パンフレットみて、いろいろ想像して、お金払って、妄想しているあいだが一番楽しい。

ただし、小学生のお子さんのいる家族、4人以下だったら、さいこーに楽しいかも。

朝早く、朝やけをみて、青空を見上げ、新鮮な空気をいっぱい吸えた、秋の早朝であった。

先ほど、紹介したこのイベントには、、、『隠された秘話』がありました。

j0336402実は、このイベント「前日の時点では、キャンセルされる可能性がかなり高かった???」という、とんでもない状況下にあったのです。

もちろん、当日は参加者は誰一人知ることもなく、そして、知る必要もなく?、、、無事に進行されていきました。ホッ。

<舞台裏では、何が起こっていた?>

イベント前日の夜、翌日の準備に励んでいた主催者ロバートの上に、絶対起こってほしくなったことが起ってしまったのです。

それは、全てを遮断するパワーを持つ、治療中のやっかいな歯の痛み。処方してもらった痛み止めがあまり効かず、彼の顔をよく話見てみると、左顎がかなり腫れて、すごく炎症しているのが分かった。口が開かないようだった。時間が経つほど、その痛みが過激になっていき、激痛のあまり、嘔吐と失神寸前な状態になっていた。

どうしようもないので、緊急連絡先に電話をしたが、やる気のない返事と、電話番号をもらった。その病院の当直は処置ができず、結局、名古屋近郊で夜間救急の歯科として対応しているのは、たった一つの病院だけ。それも、名古屋から高速で片道約1時間のところだと聞かされた。

車がなくても生活していける交通の便のいいロケーションに住んでいる私達にとっては、かなり厳しく情報でしかなかった。

患部を氷で何時間も冷やした後、手持ちの薬が効くのを本当に神様に祈った。そしたら、夕食後に効かなかった同じ薬が少し聞きはじめ、、、、早朝3時前になんとか眠りにつくことができた。

そして翌朝、(イベント数時間前)にいきつけのXX病院に行った。診察してもらった結果、その日の担当医は激痛の原因を他の理由だと思い込んでいるようで、診察してもなんの処理も行わず、抜歯の専門に回された。そこで、以前担当してくれたことのあるS先生が診察してくれたところ、激痛の原因をズバリと当ててくれた。ああ、感謝。それも、抜かなくていいという情報と共に、、、

<医者の思い込みは何より怖い、セカンドオピニオンは大切です。>
最初に担当した二人の先生は、カルテを読んで、それに対する概念を持ちすぎていたせいだろう。実際に診察しながらも、痛みの原因を見落としていたようだ。このブログを読んでいるみなさん、医者とは言っても、やはりただの人間です。診察の判断は、絶対に完璧ではないのです!』気になるようだったら、絶対にセカンドオピニオンを、、、それをしなかったら、夫はどうなっていたのかと思うと、ゾッとします。

とりあえず緊急に対応をしてくれたので、痛みはなんとか半減したものの、二人が帰宅したのは3時半。

配布物の製作や、パッケージにするなど、最低でも半日かかるものを約1時間強で作り上げる? そんなのどう考えても無理!j0378949

限りなく impossible に近い。

スーパーマンとスーパーウーマンになるしかない?

鬼のようなスピードで修正をかけて印刷を始めた。

看護疲れの私は、ヘアもメイクはまだ、、、ディナー弁当を取りに行く時間が刻々と迫る。

そして、あと40分へと突入。

j0440400そ・ん・な、緊・迫・し・た・空・間・の・中・で、突然、プリンターのインクが切れた。

いつもは、かならず在庫があるのに、この日に限って、その色の在庫だけが欠品していた。

かなりの緊迫感の中で発狂寸前の私は、あたふた、、、、し始めた。

するとそんな私に夫は、XX文具店に売っているから心配しなくていいよと、『解決策』を提案してくれた。

自転車でいけば、往復15分でなんとかなる距離だったので、なんとかその危機も乗り越えた。その後、、、

タクシーのボランティアをしてくれた Subphy、ロゴデザイナーの神田さんのお世話になり、ディナー弁当を伏見まで取りに行った。、、、、が、ここでもトラブルが、、、。前回とは違い、5の付く日は名古屋の交通事情が悪いというか、非常に込んでいた。

それだけでなく、何かの手違いで、弁当が出来上がっていなかった、、、。待つこと15分。開場6時半なのに、すでに6時を過ぎている、、、。
夫とイベント用品を車に載せて(夫は荷物ではないが、、)会場へ向かう。開場前に来てくれていたゲストなどを少し待たせてしまったが、おそらくちょっと遅れて?なんとか会場に到着。

CB025268早めに会場に来てくれていた方々に手伝ってもらい、会場のテーブルセッティングなどを終えて、無事に受付を開始した、、、。

いろんな方々に、多大なご迷惑をおかけして申し訳なかったことと、皆様、一人一人のサポートとご理解があったからこそ、今回もJIBE#4のイベントを終えることができました。

どうもありがとうございました。

<関連ブログ>
『感動』・『感謝の思い』がいっぱい詰まったJIBE#4イベント

名古屋近郊で、飛び抜けた信用度、人脈、情報網を持つ人と言えば?

顔ぶれもすごくなったJIBE 第三回目のイベント。通訳さんも最高で、イベントはますます、、、

外国人起業家と日本人起業家の交流イベント、JIBE #2 無事に大成功。

イタリア系のオシャレな外国人起業家&お茶目な日本人起業家がまた、やります!

名古屋発、JIBE(ジャパン・インターナショナル・ビジネス・エスクチェンジ)キックオフパーティ