ロングウィークエンドの3日目。

コンチネンタル朝食?パンとコーヒーだけの朝食をいただく、、、。

最後の一日、カナダへの帰国。

Bellingham を通る帰り道の途中、

お約束のように、Bellis Fair にいった。

ランチはそこのバフェで。

平日だったので、レストランで食べるよりお値打ちな

値段になっていた。

アメリカとカナダ、祝日が違っている日は、こういう

利点あり!

家に直帰するにはまだ早かったので、Peace Arch

の国境を越えて、White Rock にも寄り道した。

私も結婚前からカナダのパスポートだったので、今は

夫婦で税関を通るさい、割とスムーズ。

結構、助かっている。

晴天だったので、、パーキングスポットを見るけるのは

至難の技。

橋の向こうまで歩いてみたが、冷たい海水に飛び込

むカナダ人には関心する。

木陰で、アイスクリームを食べてまったりした。

腕試しにズームで撮ったベーカー山。

Mount Baker

自分では、結構上手く取れていると思ったが、

夫から” 山が浮いているみたいだ” とか、

” 幻想的 “だとか、褒めているんだよ!とは言ってくれたが、、、、

こうして、我が家のロングウィークエンドが終わった。

<関連記事> アメリカ、旅行

アメリカ、ワシントン州の小さな観光スポット、Post Townsend へ

 

ロングウィークエンドの2日目。

その日も、また行き当たりばったりで、ランチを食べた後、アメリカのワシントン州に小旅行に行くことに決定。

道路の電子版では、アメリカとの国境で70分待ちと

書かれていた。実際は45分くらいで通り抜けることができた。

ハイウェイ5を南に進み、Burlingtonで右折、ハイウェイ

20へ。

最初の観光地は、DECEPTION PASS.

とっても綺麗な海の景色。

その後は、 Whidbey Island にあるNaval Air Station

の近くを通り、カントリロードを走り続けて、フェリー乗り場へ。

フェリーに乗って、海の向こう側にある、

Port Townsend に向かう。

その途中、フェリーから船が見えたので、ズームにして

パチリ!

ちょっとポストカードみたいな仕上がり?

あっという間に、向こう岸に着く。

このタウンは、昔のまま保存された街?

ちょっと響きが怖い。

PRESERVEって言葉を聞くと、

ジャムのことを考えてしまう。

この街、フェリー乗り場のあたりは、

とっても小さかったけど

ショップは外装が改装されて、

とても可愛くなっていた。

ここで、一泊する事も考えたが、

なんとなく、人気のなさが気になり、

街の明かりのあるところに帰りたくなったので、Oak Harbor に戻ることにした。

まだ一度しか通ったことのない道なので、暗くなったカントリーロードを走っていると、時間が長く感じた。

街灯りを求めて、走りつづけ、道沿いにあった最初のモーテルに泊まった。

安心して、一日目は終わる。

早朝、シアトルのクルーズ降り場に到着。

バンクーバーとは違って、駅には直結していないし、すぐそばには観光地はない。

ダウンタウンに行く方法はいくつかある。

1、タクシー
一番人気、長蛇の列
2、シャトルバス
出発時間、支払い場所などが分かりにくい
3、市内バス
かなり離れた橋の上にある。小銭は必須

ダウンタウンに着いてからまず最初に、アムトラックのKing Street 駅でチェックインをして、荷物を預けた。

シアトルには車で来るのが普通なので、市バスに乗ったのは90年代以来。

せっかくの機会なので、市バスの比較リサーチをしてみることにした。

90年代、BC Transit にはまだ2車両分のバスや、車いす用に車体が下がる車両が導入されておらず、当時のシアトルの市バスは、とても進歩している印象を受けた。

しかし、今ではBC Transit のシステムの方が上をいっている。同様の機能だけでなく、オリンピック効果でバス停の案内等などがデジタル化されたからだ。

シアトルでは未だに車内の肉声放送のみ。

ただし、シアトルには、ダウンタウンに RIDE FREE ZONE というシステムがあり、観光客にはとても嬉しいサービスがあるが、1日乗車券制度はなくなったようだ。

もちろん、日本人がお約束のように行く場所、宇和島屋にも行った。最後に訪れたのはもう、5年以上前になるが、、、。

市内観光のあと、アムトラックの駅に戻る。

海の景色を見ながら、列車は北へ北へと進んでいく。

そして数時間後、国境を越え、White Rock をぬけ、、、いつの間にかニューウェストミンスターの橋の下を、電車が走っていく、、、。

見慣れた街の風景が、角度を変えただけで、まるで知らないところに来たような気分になった。

浪漫にあふれた旅、そんな言葉がぴったりだった。

午前12時前、アムトラック列車は、バンクーバー駅に到着。そんな時間でも、税関の職員は働いていた。

こうして、今回のシアトルへの旅が終わった。

Amtrak。シアトル発バンクーバーの高画質のビデオを発見!

2月6日 AFPの記事によると、カナダでは移民は「機会」のひとつと考えられているが、それにたいし、英国や米国、スペインでは移民を「問題」ととらえている人が多いこと明らかになった。


フランス
では移民に対して否定的な意見を持つ人が急増した。


移民
犯罪を増加させると考える人

フランスでは、2009年25%以下、2010年には40%と急増した。


移民を「機会」であるよりは「問題」であると考える人

英国で66%以上
米国 スペインで50%以上に上った。


しかし一方で、移民たちが社会に 適応できていると考える人の割合も人


米国で59%、スペインでは54%と半数以上に上った。

また、英仏独ではおよそ40%、オランダ、イタリアではわずか36%ほどだった。


一方、移民らが社会に適応できていると考える人

カナダでは、およそ60%で、移民を「機会」と考える人の方が多く、移民を「問題」とみる人はわずか27%だった。


また、移民が社会に適応するための方法としては

ドイツでは言語の習得が重要と考えられ、

オランダでは言語と文化

イタリア、スペイン、フランスでは政治制度と法の尊重が最も重要だと考えられていた。


<参照調査リンク>
欧米世論の移民問題に対する意識を調べる「欧米トレンド:移民(Transatlantic Trends: Immigration

<参考記事>
移民は「問題」、欧米世論調査

アメリカで最近、Andaz (アンダース)というホテルが注目を浴び始めている。

アンダースは、ハイアットが2007年にスタートした新ブランドで、各ゲストのライフスタイルに合わせ、細やかな新感覚のサービスを提供している。同ブランドのホテルは、ニューヨーク以外にも、ロンドン、ロサンゼルス、サンディエゴあり。

このブランドの特徴は、ホテル従業員とゲストという雰囲気を取り除くため、チェックイン用のデスクはない。ホテルの入り口で「ホスト」が迎える。ラウンジに案内され、ドリンクを飲んでいる間に、ホストがノートパソコンを用い、その場でチェックインする。そして、予約された部屋に案内されるシステムになっている。セルフチェックインのシステムもあるようだ。

ホテルの内装デザイン、レイアウトなどは洗練された有名デザイナーのものによる。それに、ホテル内の雰囲気としては、通常のホテルで目にするユニフォーム姿ではなく、どちらかといえば、ブティックに入り、販売、接客のプロフェッショナルからサービスを受けていると考えれば近いかもしれない。

このビデオでは、”ホテルの節約術”として案内しているが、私はどちらかというと節約というより、新しい接客スタイル、日本では”おもてなし”として知られているが、一流のプロはどこの国でも変わらない。プロ集団による、サービスの質の高さを売りにした、ホテルビジネスだと思った。

<関連記事>

「ホスト」が案内、米ホテルの新節約術

ハイアットの新しいブランド「アンダーズ」がN.Y.とサンディエゴに2軒開業

Andaz 5th Avenue to Open July 5th Across from the New York Public Library

ハイアット・コーポレーション、新ブランド「アンダーズ(Andaz)」を立ち上げ

YWCAの就活の授業で、インストラクターから、Dress for SuccessというNPO団体が、バンクーバーでプロフェショナル・ウーメンズ・グループ・プログラムを提供していて、とても素晴らしいNPOだから、このサービスを一人でも多くの人に利用して欲しいと強く勧められた。

女性の自立と就職を助け、キャリアアップの相談、サポート、または就職面接の際のスーツを無償で提供するなど、いろいろなサービスを提供しているとのこと。

全てがドネーションなどによって運営されているため、提供されているものの品質が実際にどんなものなのかを確かめたくて、気に入らなかったらそのまま帰ってもいいとのことだったので、その提案を受け入れてみることにした。Nothing to lose!!!

実際に、その団体のオフィスについて、プロフェショナルな対応を受けた時、私のその考えは全く違っていたことに気がついた。入荷したばかりの新品のも多数提供していたようだ。

私のトータル・コーディネーションをしてくれた女性は、リタイヤーする前は大会社の人事部に勤めていたらしい。年を取っていたので少し心配だったけれど、その女性のコーディネーとしてくれた組み合わせはとてもお洒落で、ビックリした。それ以外に、化粧品、アクセ、靴、カバンまで、移民で求職中の女性というだけで、サービスの対象になるなんて、さすが北米は購買欲の高い国、買ったけれど一度も着なかった服などを、社会貢献の為にガンバっているNPOに寄付する確率は、かなり高めなのだ。

日本から帰国して、結婚前に着ていたスーツがどれ一つも着れなくなっていた私にとっては、嬉しいギフトだったことには間違いない。

インターナショナルな組織なので、海外に住んでいる人は自分の住んでいるエリアでも、このNPOが活動をしているかもしれない。興味があったらウェブや、ソーシャルメディアでチェックしてみるべき!

Love (Two red hearts)最近、いろんなところで『婚活』という言葉をいろんなところで耳にしますが、独身時代の長さではそう簡単に人には負けない?私ならではの視点で(笑)、今回、自分なりにこのテーマについて少し考えてみました。

イメージとしての『婚活』は、『楽しく、ライフパートナーを探そう!』 という明るい印象がありますよね。昔から、結婚の選択の中に『お見合い』といシステムが存在していた日本。お見合いのシステムでは世話焼きおばさんとか隣近所の人が、「いい人がいるのよ」と持ってきてくれる、受け入れ型の姿勢に対して、今の時代は、自分でイニシティブをとって行かなければいけない、積極的な姿勢が必要とされていますよね。

反面、海外での『婚活』はどうなっているだろう?と考えてみました。ビジネス面での『結婚推進事業』は海外にも多数存在し、日本だけでなく、海外でもブライダル業界は大きな業界の一つだと思います。

だだし、これを行政の取り組みとして見た場合、今回紹介するような『愛知縁結びプログラム』、都道府県が取り組んでいる結婚推進事業としてとらえると、あまり聞いたことがないし、思い出せない、日本国内でも、あまり数少ない取り組みと言えると思います。

北米に関して言えば、クリスチャン団体が始めたカップルマッチングサイト、eHarmonyというのが、今のアメリカでは最も大規模な、老舗のプログラムのようです。それだけでなく、そのプロセスにもかなりこだわりがあるようで、結婚に対する質問項目がかなり多く、当時独身だった友人が全ての質問に答えるのにかなり時間がかかって途中で諦めようと思ったと言っていたのを思い出しました。(笑) これは、誰でも気軽に登録できないよう、わざとハードルを高く設定したのだと思います。今ではグローバルにマッチングサービスを行っているようなので、日本からの登録者もきっといるはず?

話は戻りますが、この、『あいち縁結びプログラム』 では、マナーの講座や、食事会などの場所などを提供しているようです。

愛知県は真剣です。

頑張っている、その姿勢を応援したい!

何はともあれ、結婚は素晴しいと思います。私は伴侶を通して、この数年間、いろんなことをいっぱい学ぶことができました。きっと、これからも続くと思います、、、。

そして、私、一個人として切に願のは、結婚した二人が、お互いをそのままの姿で受け入れること、許しあえる関係を築いていける夫婦が、愛知県にももっともっと増えていってほしいということです。


<参照記事>
結婚

愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。

愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、

自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。

不義を喜ばず、真実を喜ぶ。

すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。

(1コリント13章4節ー7節)