米・グローバル・ランゲージ・モニターが「世界のファッション都市ランキング」のトップ50を発表した。

その結果によると、今年は、5年間首位を守り続けていたニュー ヨークを抜いて、ロンドンが1位を獲得

東京』は昨年の14位から9位とトップ10入りを果たしたが、私の住む、世界で最も住みやい街バンクーバーは、なんとトップ50にも入っていない。カナダでいえばかろうじて『トロント』が34位。

個人的な経験によると、ケベックに旅行にいった時は、スカーフの巻き方とか、髪の束ね方、ジャケットの着こなしかたに、やはりフランスを感じたというか、文化の影響なのだろうか?”お洒落~” と感じたことは今でも憶えている。

バンクーバーに住んでからから約20年近くなるが、街を歩いていて、”うわっ、この人すごくお洒落っ” なんて、目を奪われるような人に出会ったことは、ほんの数えるほど。

ヨーロッパ系の男性でスーツを綺麗にスッキリと着こなしている人を見かけることはたまにあるくらい。

ヨガウェアブランドで人気の「lululemon – ルルレモン」の発祥地でもあるバンクーバーは、洗練さよりも快適さや健康志向を」を求める街なのかもしれない、、、、。

<参考記事>
世界のおしゃれ都市番付でロンドンが1位に 日本はアジアで3番目

ロングウィークエンドの3日目。

コンチネンタル朝食?パンとコーヒーだけの朝食をいただく、、、。

最後の一日、カナダへの帰国。

Bellingham を通る帰り道の途中、

お約束のように、Bellis Fair にいった。

ランチはそこのバフェで。

平日だったので、レストランで食べるよりお値打ちな

値段になっていた。

アメリカとカナダ、祝日が違っている日は、こういう

利点あり!

家に直帰するにはまだ早かったので、Peace Arch

の国境を越えて、White Rock にも寄り道した。

私も結婚前からカナダのパスポートだったので、今は

夫婦で税関を通るさい、割とスムーズ。

結構、助かっている。

晴天だったので、、パーキングスポットを見るけるのは

至難の技。

橋の向こうまで歩いてみたが、冷たい海水に飛び込

むカナダ人には関心する。

木陰で、アイスクリームを食べてまったりした。

腕試しにズームで撮ったベーカー山。

Mount Baker

自分では、結構上手く取れていると思ったが、

夫から” 山が浮いているみたいだ” とか、

” 幻想的 “だとか、褒めているんだよ!とは言ってくれたが、、、、

こうして、我が家のロングウィークエンドが終わった。

<関連記事> アメリカ、旅行

アメリカ、ワシントン州の小さな観光スポット、Post Townsend へ

 

ロングウィークエンドの2日目。

その日も、また行き当たりばったりで、ランチを食べた後、アメリカのワシントン州に小旅行に行くことに決定。

道路の電子版では、アメリカとの国境で70分待ちと

書かれていた。実際は45分くらいで通り抜けることができた。

ハイウェイ5を南に進み、Burlingtonで右折、ハイウェイ

20へ。

最初の観光地は、DECEPTION PASS.

とっても綺麗な海の景色。

その後は、 Whidbey Island にあるNaval Air Station

の近くを通り、カントリロードを走り続けて、フェリー乗り場へ。

フェリーに乗って、海の向こう側にある、

Port Townsend に向かう。

その途中、フェリーから船が見えたので、ズームにして

パチリ!

ちょっとポストカードみたいな仕上がり?

あっという間に、向こう岸に着く。

このタウンは、昔のまま保存された街?

ちょっと響きが怖い。

PRESERVEって言葉を聞くと、

ジャムのことを考えてしまう。

この街、フェリー乗り場のあたりは、

とっても小さかったけど

ショップは外装が改装されて、

とても可愛くなっていた。

ここで、一泊する事も考えたが、

なんとなく、人気のなさが気になり、

街の明かりのあるところに帰りたくなったので、Oak Harbor に戻ることにした。

まだ一度しか通ったことのない道なので、暗くなったカントリーロードを走っていると、時間が長く感じた。

街灯りを求めて、走りつづけ、道沿いにあった最初のモーテルに泊まった。

安心して、一日目は終わる。

8月最初のロングウィークエンド、この週末は、キャンプ場は数ヶ月前から予約でいっぱい。

、、、にもかかわらず、のんびり夫婦の私たちは、ブラン

チを食べたあと、オリンピックの会場だったwhistler

行くことにした。

3時過ぎにバンクーバー出発。

バンクーバーから北ウイスラーまでは、Sea-to-Sky

Highwayともよばれ、海の景色がとても素晴

らしい。

整備された Highway 99 、約2時間のドライブ。

だが、なぜか、前に進めば進むほど、前方の雲の

層はどんどん厚くなっていった、、、。

微妙な空模様でなんとかウイスラービレッジに到着。

なんといっても、オリンピックからもう1年。マスコットが

日焼けして、哀愁というか、、。

疲れ切ったように見えた。

夕飯後、とりあえず、この写真を取ったあと、

大きな雨粒が、、、、。

こうして、ロングウィークエンドの初日は、終わった。

週末の午後、お天気が良い日に

家にいるのはもったいない。

ちょっとだけドライブがてら、

お気に入りのリッチモンドにある、

マーケットへ行った。

野菜や果物が綺麗に陳列されていて

とても新鮮で、お値打ち。

バスでは難しいので、車があると

やはり便利。

駐車場につき、ふと空を見上げたら、

なんともいい感じ。

夜で、月がでてたらETっぽい???

写真を取りたい気持ちが、高まる。

で、夫につめより?

New Westminsterへ。

スカイトレインのブリッジ

雲ひとつなく、フォトジェニック。

さて、今度は花を取ってみる。

青空と花束のバスケット。

カラーのコントラストで

とても綺麗に見える。

そして、目の前で止まっていた

はずの列車が動き始めた。

赤のシンボルの

Canadian Pacific Railway.

これは貨物車だけど、、、

列車って、やはり”ロマン”を感じさせる、、。

このまま、どこに連れて行ってくれるのだろうかと、、、。