音楽、エンターテイメント


“What is the No. 1 selling duo in music history?”

そうなんです。60年代のスパースター、サイモン&ガーファンクルでもなく、、、70年代から音楽活動を始めた、ホール&オーツなのです。

なんといっても、80年代に爆発的にヒット曲を生みだした、Daryl Hall and John Oatesのライブを聞くのは今回が初めてだったので、かなり興奮気味。会社も早退して心待ちにしていたイベント。

9月3日、バンクーバーのPNE (Pacific National Exhibitionの略)で薄暗くなった8時頃過ぎにコンサートが開始された。

Out of Touch, Private Eyes, Family Man, Kiss on my list、、、私の大好きな曲をしっかり歌ってくれ、大満足。

実は、このコンサートの情報も夫が教えてくれたもの。同じ世代だからこそ、違う国で育っていても、趣味が違ったとしても、その時代に流行っていた音楽だから、それぞれ曲に対する思いがあり、、、、

当時から20年以上たっているが、素晴らしいものはいつまでたっても素晴らしい!ずっとこのまま音楽活動を続けてほしいと思う。

何曲か会場で大合唱となり、声を出して歌っている周りの人混みをみると、、、うーん。確かに中年の人ばっかり。っていうか、私もそうか?(笑)

ひとつ、ネガティブだったのは、すぐそばにいた高校生くらいの女の子がすごくつまらなさそうに彼氏に文句ばっかり言っていて(彼氏も彼女と同世代だったが、彼はかなりのファンのよう)周りの人を無視し続けていたこと。そんなにつまらないんだったらそこから出ていけばいいのに!後ろから蹴り飛ばしたいほどの怒りを感じたが、、、、ライブという貴重な体験を無駄にしたくないので、舞台にフォーカスするよう試みた。

音楽には好みがあるが、他人も自分と同様尊重するよう育てれらているはずの北米でも、他人の気分を害する行動しか取れないティーンが増えているのは間違いない。とても残念なことだ、、、。

古いとか言われても、しったこっちゃない。彼らの歌は、私の中で永遠に『大好きな歌』として残っていくことは間違いない、、、

4月19日、バンクーバーのクイーンエリザベス劇場で、東日本大震災復興支援に向けて、BC日本地震支援基金(BC- JERF)主催のチャリティーコンサート「GANBARE JAPAN」が開催された。

カナダ西海岸の先住民スコーミッシュ族が登場し、『今日のコンサートの邪魔となりえる悪いもの、不運を取り払う』ための祈りをささげる歌と踊りを披露し、その後、1分間の黙とうの時間が持たれた。

150人以上の、バンクーバー出身の世界的に活躍するアーティストたちがボランディアでの出演した。それぞれのアーティストが、自分なり日本へのメッセージを込め、支援を込めた選曲で、ステージで音楽を披露した。

世界で一番活躍している、日系カナダ人の環境保護活動家、David Suzuki氏はビデオメッセージの中でも特に、「福島の原発を機に、今こそ日本を中心として原発の是非をもう一度考えるべきだと」と呼びかけた。

コンサートの最終は、地元から数々の太鼓グループのメンバーが集まり、日本人の魂を揺り動かすことができるほど、スバラしい太鼓音楽を披露してくれた。その迫力と勢いのまま、 先住民とコラボレーションで、太鼓とダンスのパフォーマンスも素晴らしかった。

コンサートのフィナーレとして、天井から桜のように折り鶴1万4,000羽が舞い降りてきて、会場は歓声と大きな拍手で包まれた。

司会者の一人、テツロウ・シゲマツは、現地の日系アジア人コメディアンとしてはかなり有名で、10年くらい前と比べるとかなり落ち着いていたので、ビックリした。当時は、彼も若さという勢いがあって、大人の辛口ネタを得意としていたので私は苦手だった。しかし、月日が流れ、このような素晴らしいイベントの司会者に選ばれるほどに、変わっていたのであった。

公演の責任者は、ドキュメンターリーフィルムディレクターとして有名な、日系カナダ人のLinda Ohamaさん。以前、ブログでも紹介したこともあり、一度、プライベートでお会いしたことがある。キツラノのカフェでお茶をしながら彼女の人生のビジョンや私の日系カナダ人としての歩んできたストーリーを話し合った。彼女は、無を有にする力を備えた人であり、他人を知らないうちに、彼女の夢に惹きつけることができる能力を備えた人だった。つい、応援したくなるというか、なんとも素敵な女性でした!

<関係記事>

Ganbare Japan! Enchants, Rocks, and Rolls the Queen Elizabeth Theatre Ganbare Japan!コンサート劇場を沸かせそして観客を魅了した
バンクーバーで慈善コンサート「がんばれ日本!」-アーティスト150人以上が集結
バンクーバーで日本支援慈善コンサート「頑張れ日本!」開催へ

今日の午後、夫とバンクーバー室内合唱団、Vancouver Chamber Choirの40周年記念のツアーコンサートに行ってきた。

コンサート会場は、キツラノのRyerson United Church

住宅街のなかに溶け込んでいる。厳かさを感じさせる、この教会は今年で創立100年になるという。歴史を感じさせる建物だ。

中に入ると、ステンドガラスの一枚、一枚にイエスキリストの生涯が描かれている。

最初の曲は、Youth Choirのコーラスから始まった。将来有望な若者たちの歌声を聞かせてももらった。

その後も、美しい歌声が奏でる音楽に聞き入った。

そして、私の頭に浮かんだイメージは、たった今、被災地で、この歌声が流れているものだった。説明はできないが、不思議な感覚だった。そんな思いと同時に、コンダクターのキャラクターが素晴らしかった!厳粛なタイプ?と思いきや、何世紀も前の音楽を、簡単に、なおかつ面白く説明してくれた。

そして、Intermission (休憩)のあと、コーラスのメンバーが長いす座席の右側、左側、舞台と3箇所に並び立ち、1曲、歌を歌った。会場が臨場感にあふれ、天国ってこんな感じなのかな?天使の歌声ってこんなのかもしれないと思った。

その後、突然、プログラムにはないが、コンダクターのJon Washburn氏が東北地方太平洋沖地震について、東京の姉妹合唱団のこと、そして、なによりも、彼の日本での個人的な体験を話してくれた。

それは、彼が電車で乗り継ぎをしようとしたときだった。案内をみてもよく分からず困っていたところ、一人の男性がグループから離れて、「May I help you …?」と声をかけたらしい。Jon氏は、「でも君の電車が行ってしまう、、、」と答えたら、その彼は「大丈夫。僕は次の電車に乗るから、、、」と言って、彼のことを助けてくれたらしい。それが、Jon氏の出会った日本人だった。
そして、その後、敬意を込めて、日本の代表的な歌、「赤とんぼ」を日本語で歌ってくれた。もちろん、彼は私の存在など知る由もなし、、、。彼らの日本への暖かい思いに、感謝の思いでいっぱいになり、涙があふれ出した。

後に、東北地方太平洋沖地震に向けてチャリティーコンサートの準備もしていると聞いた。

誰も知らないところでこうやって、日本の為に何かをしている人たちがいる!!!

チケットを譲ってくれた早苗さん&Vancouver Chamber Choirの皆様に心から感謝しつつ、、、

◆ ボランティアに興味がある人は、604-738-6822、もしくは、 info@vancouverchamberchoir.com まで直接連絡をどうぞ!

◆「YOUTH TICKET PROGRAM
YOUTH、またはSTUDENTは、シーズンコンサートの会場へ、1時間前に行き、rush tickets というのを$10ドルで購入できるとパンフレットに書かれていた。26歳以下だと普通のID、26歳以上の学生(年齢制限なし)はStudent IDを提示する必要がある。詳細は、問い合わせて確認要。

Vancouver’s Christmas Music Station

103.5 QM/FM

一日中ずっとクリスマスソングが聞けます。

現地のラジオから流れているクリスマスソングを、

iPhoneやwebを使えば、日本にいても

同じ歌を、今、この瞬間、同時に聞いてると思うと

とても遠いのに、すごく近い気がする、、、。

* 帽子をクリックすると、サイトに行きます。

<クリスマス関連ブログ>

ひと足早いホワイトクリスマス?バンクーバーの初雪 2010
カナダでクリスマス - 赤とゴールドのクリスマス・ツリー エドモントンにて
カナダ、バンクーバーのGREENなクリスマス・ビジネス

カナダのクリスマス – フェスティバル・オブ・ツリー クリスマスツリー編 (エドモントン)

カナダのクリスマス – フェスティバル・オブ・ツリー  ジンジャーブレット編 (エドモントン)
カナダで見つけた、おしゃれなクリスマス用靴下たち (エドモントン)
カナダ、エドモントンでサンタへの手紙を送る、赤いポスト箱を発見!
ラストミニッツ?クリスマス・ショッピング
ワンダー・クリスマス - ユニバーサル・スタジオ

カナダ、バンクーバーでクリスマスのディナーを大切な家族と共に過ごす

サンタ追跡サイト!今どこを飛んでいる?アフリカ、ヨーロッパ経由、北アメリカへ

バンクーバーのクリスマスライツ Festival of Lights - バンデューセン植物園

『MIDLAND SQUARE』はなだ色のノエル。今年初めてのクリスマス

とかく何かと、苦手なことにチャンレンジしている時は、積極的に、視野が広がるイベントなどに参加する必要があると思います。

その意味を兼ねて、バンクーバーのダウンタウンにある、Orpheum Theatreで、Academy Symphony Orchestraの演奏する、オーケストラを聞きに行って来ました。

建物もすごくゴージャスで、やはり正装でないと、建築物に失礼な気がするというか、、、アッパークラスの階層に人たちの交流場のような雰囲気。

オーケストラの演奏は、教会で慣れているつもりだったけど、やはりシンフォニー音楽を聴いたのは初めてで、会場全体に広がっていく迫力があり、音楽の深さを感じました。

言葉もないのに、心にずーんと響くような何かが確かにそこにはあった。

そのあとにオペラが続く。

実はオペラも初めてで、少し心配でした。というのは、オペラは好きな人は好きだし、嫌いな人は嫌いだとよく言われているから、自分はどっちのタイプが良く分からなかったから。

そのオペラも、ドイツ語だったりしたりして、、、、

でも、全然大丈夫でした。

意味は分からなくても、何か、心に響いてくる歌声だったからです。

素晴らしいものは、やはり素晴らしいのですね。

また、シンフォニーを聞きに行きたいと思いました。

昨夜、すごく久しぶりに夫と義理の妹と3人でDVDをみた。英語版のオリジナルタイトルは「THE BUCKET LIST」。

モーガン・フリーマン監督による、主演、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが繰り広げるライフコメディ・ドラマ。公 式サイトのプロ―モーションビデオはこちら。

日本語での翻訳タイトル、「最高の人生の見つけ方」も結構よい感じかも。

<映画の内容>

ジャック・ニコルソン(実業家として成功しており、財産があるにもかかわらず、離婚を繰り返し、信用できるのは秘書のみで、最後は自分の経営する病院に入院する羽目に、、、。そこで、自動車修理工のモーガン・フリーマン、愛する家族に囲まれているキリスト信者と同室になり、いろんな意味で全く共通点のない二人が、死期を迎える前に意気投合し、モーガンが書いていた死ぬ前にしておきたいリスト(バケット・リスト)を達成するため、強引に家族を説得して世界旅行に出かける、、、、、、。そこで、「人生の最高の友」とは何なのかを発見することになる、、、。

人生のいろいろを、すでに体験していたとしても、末期がんであと「余命6カ月」と告げられたら、、、あなたは残された時間、何をして、どのように過ごしたいのか?

映画の中にもあるように、一日でも延命できるよう、病院で「闘病」するのも、ひとつの選択にはちがいないが、、私の知り合いの女性は、カナダの病院で闘病することを選ばす、生まれ故郷の沖縄に帰ることを決意し、帰国された。彼女が人生の中で最も大切にしている神様を思いつつ、キリスト教会でお世話になりながら、今もそこで、残された一日、一日を大切に過ごされている。

さて、私自身はどうなのだろうか?余命数ヶ月と言わたらどうするのだろう?私にとっての「死ぬ前にやっておきたいバケット・リスト」とは何だろうか?この世からいなくなる前に、やり残したこととは、、、?、、、これをしっかり考えてみるのは、人生を振り返るのにとてもよい機会でもあると思う。

というのも、、、、「目に見える形で満たされることが、人生の本当の幸せ」だと信じていたとしてら、もしある日、それを提供、または受け取ることができなくなったらどうなるのか?それらが突然、目の前から取り去られたとしたら、どうなるのか?予期せぬことに直面した時、人は、一気に人生の岐路を見失ってしまうのではないのか?

収入が安定していて、家や車など必要なものは全て揃っている、快適に暮らしているのはとても好ましいこと。できればそれが、ずっと続いてほしいと望むのも普通のこと。だけど長い人生、自分たちではどうしようもできないことが起こってくるのが当たり前。

「死は、いつか誰にでもやってくるもの、、、」

例えば、裕福な人は高級な墓石を買ったり、豪華なお葬式をすることはできても、死期をのばすことはできても、変えることもできない。それに、どんな人でも「人が死ぬときは、この世から何一つ持っていけない」。

「病気の場合、、、」

例えば、自分がなんらかの病気で入院したとししたとする。そこで、「仕事など、自分との利害関係のある」人たちを除いたとしたら、、、、もし、今、仕事をしていなかったとしたら、その職場にいなかったら、「一体だれが、お見舞いに来てくれるのか?」

自分の周りには「知り合い」が多いのか、それとも「自分を大切に思ってくれる人」たちがいるのか?

残された人生。それが長くても短くても、愛する人たちと共に過ごす「ごくあたりまえの時間」がどれだけ大切なのか、、、その意味を理解しながら、自分の人生を過ごせる人たちが、私にとっては、「最高の人生を見つけた」人たちなのだろうと思う。

私の大好きな、バンクーバー郊外出身のジャズシンガー、Michael  Bublé  マイケル・ブーブレ

ダウンタウンの、ロブソン・ストリート聖火ランナーとして参加していた様子がこちら、、、。

が、、、日本のマスコミはカリフォルニア州知事、アーノルド・シュワルツェネッガーのことしか

報道していない、、、、、

<Michael  Bublé マイケル・ブーブレ –  オリンピック聖火の記事>
Michael Buble Carries The 2010 Olympic Torch In Vancouver

Buble to carry torch
Michael Bublé to carry torch in Vancouver

Singers Buble,、、、 to tote torch

Michael  Bublé マイケル・ブーブレは、自分がバンクーバ-出身であることに

とても誇りをもっているようです。その彼は、インタビューでこのように答えていました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

“Every day it is nice to be a Canadian. I am proud to be a Canadian

but I am also proud to be a Vancouverite.

I’m proud of all these people who came out and showed their support.”

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

※Vancouverite とは、バンクーバー出身、またはバンクーバー住民 <参考記事>Buble Proud To Take Part In Olympic Torch Race

その、Michael  Bublé マイケル・ブーブレが、バンクーバー五輪フィギュアスケート

日本代表の小塚崇彦選手に、彼の歌をパフォーマンスの曲に選んでくれたことに感激し

エールを送ったとのこと。その内容は、こちら、、、

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

小塚崇彦 選手へ

バンクーバーへようこそ。
あなたのキャリアの中で、僕の音楽でパフォーマンスをしてくれたことがあると聞いて、
とても名誉に思っています。
当日は小塚選手が最高のパフォーマンスができるよう、
地元を代表して、君を歓迎し、応援しています!

当日のあなたの素晴らしい演技を楽しみにしています。

マイケル・ブーブレ

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

以前にも彼のことは、昨年のブログでも紹介していましていますが、今回の

『バンクーバーへようこそ』メッセージで、日本にも彼の旋風が始まるかも、、、

それと、これはクレイジーラブ、アルバムのプロモ-ション用のビデオです。


Michael  Bublé マイケル・ブーブレ

『Crazy Love』 

視聴


こちらは、DVD付きの

限定版の表紙です。


<ブログ内、Michael Bublé マイケル・ブーブレ関連の記事>
北米、ヨーロッパで大人気のMichael Bublé マイケル・ブーブレ、バンクーバーで撮影されたミュージックビデオ

<Michael  Bublé マイケル・ブーブレ –  エール関連の記事>
カナダNo.1シンガー、マイケル・ブーブレがフィギュア代表小塚崇彦選手にエール!

Michael Buble フィギュア日本代表小塚選手に応援コメントを発表!

マイケル・ブーブレ、小塚崇彦選手にエール

マイケル・ブーブレがフィギュア・スケート日本代表 小塚崇彦選手に応援コメントを発表!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

人気ブログランキングへ

Next Page »