英語、英会話


9月30日は、International Translation Day として、各国で翻訳・通訳向けのイベントが行われた日でした。

ここBC州のバンクーバーでは、翻訳・通訳のプロの集団、Society of Translators and Interpreters of British Columbia (STIBC)の30周年記念イベントが行われた。

私たちが参加したのは、夕方のイベント。

午後のイベントには、現地の Global TV のキャスター、Mike MCCardell 氏書いた本の一冊から、彼がその中のストリーを読み、各言語に翻訳されたものを国ごとに読み上げた。 マイク氏は、”Everybody has a story” というフレーズを使うことで有名。大切なことをテレビを通して視聴者に伝えている、心あるキャスターとして知られている。

他には、旧バンクーバー市長のSam Sullivan氏が Greeting Fluency プロジェクトに関する紹介をするなど、ゲストとして参加していた。

Sam Sullivan氏は、数年前のトリノオリンピックでバンクーバー代表として、5輪旗を受けとった市長でもある。

彼は、19歳のときにスキーをしていて首の骨を折り、以来手足の自由が利かない。閉会式前の24日、AP通信とのインタビューで自身の障害についてこう語っている。

“Becoming a quadriplegic was really, really difficult. It took me seven years of depression and difficulties. Eventually I came through and decided I was going to focus on making my life better, and the lives of others.”

(四肢まひになったのは本当につらかった。7年間、うつ状態と苦悩が続きました。最終的には切り抜け、自分の人生をどう良くしていくかに集中しようと決めたのです。自分の人生とほかの人々の人生を)

“Some people consider disability as a tragedy. I look at is as a career move.”

(人によっては障害を悲劇だと考える人もいる。私はそれをキャリアアップととらえています) 参考はこちら

彼の、事故によるハンディを受け入れ、自己の最善を尽くして生きようとする ”前向きな姿勢” と、純粋な ”文化に対する理解の心” を持っている彼には、心を惹かれるものがある。

Greeting Fluency プロジェクトとは、簡単な外国語のフレーズを学んで、国際交流のきっかけにすること。移民の国カナダでは、お隣は別の国から移住してきた人というのも、そんなに珍しくはない。 サム氏は日本語もかなり上手だった。いい意味で驚き。この人なら、人の痛みが分かるから、きっと非営利な素晴らしいプロジェクトをこの先もリードしていってくれるのだと感じた。

『翻訳も通訳』も、同じ言葉では理解し合うことができない人たちを結ぶ、架け橋の役、相手のメッセージを正しく伝える、とても大切な仕事。相手を理解しようとする心がなかったら出来ない職業だと思う。 重要な書類の翻訳や、裁判の通訳などは、やはりプロにお任せしたい。

カナダ、またはBC州で翻訳・通訳のプロを探したいのなら、まず、STIBCに問い合わせるのが一番だろう。

今日の午後、夫とバンクーバー室内合唱団、Vancouver Chamber Choirの40周年記念のツアーコンサートに行ってきた。

コンサート会場は、キツラノのRyerson United Church

住宅街のなかに溶け込んでいる。厳かさを感じさせる、この教会は今年で創立100年になるという。歴史を感じさせる建物だ。

中に入ると、ステンドガラスの一枚、一枚にイエスキリストの生涯が描かれている。

最初の曲は、Youth Choirのコーラスから始まった。将来有望な若者たちの歌声を聞かせてももらった。

その後も、美しい歌声が奏でる音楽に聞き入った。

そして、私の頭に浮かんだイメージは、たった今、被災地で、この歌声が流れているものだった。説明はできないが、不思議な感覚だった。そんな思いと同時に、コンダクターのキャラクターが素晴らしかった!厳粛なタイプ?と思いきや、何世紀も前の音楽を、簡単に、なおかつ面白く説明してくれた。

そして、Intermission (休憩)のあと、コーラスのメンバーが長いす座席の右側、左側、舞台と3箇所に並び立ち、1曲、歌を歌った。会場が臨場感にあふれ、天国ってこんな感じなのかな?天使の歌声ってこんなのかもしれないと思った。

その後、突然、プログラムにはないが、コンダクターのJon Washburn氏が東北地方太平洋沖地震について、東京の姉妹合唱団のこと、そして、なによりも、彼の日本での個人的な体験を話してくれた。

それは、彼が電車で乗り継ぎをしようとしたときだった。案内をみてもよく分からず困っていたところ、一人の男性がグループから離れて、「May I help you …?」と声をかけたらしい。Jon氏は、「でも君の電車が行ってしまう、、、」と答えたら、その彼は「大丈夫。僕は次の電車に乗るから、、、」と言って、彼のことを助けてくれたらしい。それが、Jon氏の出会った日本人だった。
そして、その後、敬意を込めて、日本の代表的な歌、「赤とんぼ」を日本語で歌ってくれた。もちろん、彼は私の存在など知る由もなし、、、。彼らの日本への暖かい思いに、感謝の思いでいっぱいになり、涙があふれ出した。

後に、東北地方太平洋沖地震に向けてチャリティーコンサートの準備もしていると聞いた。

誰も知らないところでこうやって、日本の為に何かをしている人たちがいる!!!

チケットを譲ってくれた早苗さん&Vancouver Chamber Choirの皆様に心から感謝しつつ、、、

◆ ボランティアに興味がある人は、604-738-6822、もしくは、 info@vancouverchamberchoir.com まで直接連絡をどうぞ!

◆「YOUTH TICKET PROGRAM
YOUTH、またはSTUDENTは、シーズンコンサートの会場へ、1時間前に行き、rush tickets というのを$10ドルで購入できるとパンフレットに書かれていた。26歳以下だと普通のID、26歳以上の学生(年齢制限なし)はStudent IDを提示する必要がある。詳細は、問い合わせて確認要。

最近、やたらとにかく話題となっている『英語』。ただし、実際の所、日本人の英語力は他国に比べてどうなんだろう?

それに関する記事がThe Japan Times に掲載されていたので、抜粋して紹介。TOEFLの本、『Official Guide to the TOEFL® Test, Third Edition』の付録により、日本のTOEFL平均点と他国との対比の結果は


<TOEFL iBT テストの内訳>

Reading 30点、+ Listening 30点、+ Speaking 30点、+ Writing 30点 = Total 120点満点


日本

Reading 16 + Listening 16 + Speaking 15 + Writing 16  = Total 65

<ヨーロッパ>

ドイツ

Reading 23 + Listening 26 + Speaking 24 + Writing 24  = Total 97
デンマーク
Reading 24 + Listening 27 + Speaking 26 + Writing 24 = Total 101


アルファベット圏内のヨーロッパだけでなく、日本は同じアジアの中でも、中国、韓国よりもスコアが低いのです。


<参考記事>
TOEFLで見る日本人の英語力

TOEFL® Test and Score Data Summary for TOEFL Internet-based and Paper-based Tests: 2009 Test Data

<唐津さんのサクセスストーリー>

2008年に大学を卒業し、東京の人材紹介会社に就職した唐津さん。しかし、その
会社の業績が急に悪化し、わずか1年で退職を余儀なくされた。

再就職先を探してみたが、当時はリーマンショックの直後。採用してくれる企業は見
つからなかった。

「日本で仕事がないなら、海外で経験を積んでみよう」と決意した、唐津さん。知人
を頼ってベトナムに渡った。

1年半前から現在の会社で働いていて、現地企業や日系企業などへの営業や、研修の企画などを担当しているが、当初はベトナム語はもちろん、英語も話せなかった。それでも、現地の人と接するうちに実感したのは、「日本に対する憧れが強いベトナムでは、日本人というだけで必要としてもらえる」ということだった。

特別なスキルがなくても、思い切って飛び込めばチャンスがある――。

『求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。』

勇気をだして最初の一歩を踏み出す。

そのあとにしか開かれない道がある。


<参考記事>

リストラ経験若者 就職海外も道あり

日本経済新聞 国際大学、企業と連携 グローバル人材育成の記事を読んで、日本にもこんな国際環境の大学院があったことを発見!日本のグローバル人材育成のためにも頑張っているようだ!

<記事から抜粋>

この大学、国際大学(大学院)では、授業や演習はすべて英語で行われおり、グローバル人材育成のために、大手企業、オリックス、花王、住友商事、武田薬品工業、パナソニック、その他と提携し、40歳前後の部課長や幹部候補生らを対象に、今夏にから、1~2週間の「エグゼクティブ・プログラム」スタートする。企 業の要望に応じた独自プログラムも立案、実施する。世界108カ国に及ぶ卒業生の人脈を活用し、企業が進出したい国での人材採用も支援する。

さて、その国際大学って?

日本で最初の授業を全ての英語で行うプロフェッショナルスクール。

★日本の経済界と教育界の支援のもとに1982年に設立され、世界中からの学生に門戸を開き、共に切磋琢磨できるために設立。

900社以上の企業から財政的支援を受けて運営されている。特に、開発途上国からの留学生が非常に多く、欧米の大学院と比較して、学生にとって有益な特徴を持っている。

ソーシャルミディア、ライブチャットなどの有効利用 - FACEBOOK, LINKEDIN, キャリアーコーチ、卒業生のネットワーク担当によるTWITTER、カウンセラーとのONLINE CHAT

留学生、生徒の体験談あり 修了生プロフィール・メッセージや、学生プロフィール・メッセージ

、、、学校の設立背景、企業との提携、発展途上国を含めた国際的な教育環境の提供、ソーシャルメディアの活用など、成功のカギとなる要素がいっぱい詰まっているウェブサイト。

メルマガには留学生からのメッセージもあり、久しぶりにメルマガを登録してしまった。(笑)特に、発展途上国からの留学生の国際観、日本についてどんなことを感じているのかなどに興味をもった。今の私には触れるチャンスがあまりないないので、良い刺激、知識になっていくことは間違いない。

Next Page »