アジア


最近、やたらとにかく話題となっている『英語』。ただし、実際の所、日本人の英語力は他国に比べてどうなんだろう?

それに関する記事がThe Japan Times に掲載されていたので、抜粋して紹介。TOEFLの本、『Official Guide to the TOEFL® Test, Third Edition』の付録により、日本のTOEFL平均点と他国との対比の結果は


<TOEFL iBT テストの内訳>

Reading 30点、+ Listening 30点、+ Speaking 30点、+ Writing 30点 = Total 120点満点


日本

Reading 16 + Listening 16 + Speaking 15 + Writing 16  = Total 65

<ヨーロッパ>

ドイツ

Reading 23 + Listening 26 + Speaking 24 + Writing 24  = Total 97
デンマーク
Reading 24 + Listening 27 + Speaking 26 + Writing 24 = Total 101


アルファベット圏内のヨーロッパだけでなく、日本は同じアジアの中でも、中国、韓国よりもスコアが低いのです。


<参考記事>
TOEFLで見る日本人の英語力

TOEFL® Test and Score Data Summary for TOEFL Internet-based and Paper-based Tests: 2009 Test Data

<唐津さんのサクセスストーリー>

2008年に大学を卒業し、東京の人材紹介会社に就職した唐津さん。しかし、その
会社の業績が急に悪化し、わずか1年で退職を余儀なくされた。

再就職先を探してみたが、当時はリーマンショックの直後。採用してくれる企業は見
つからなかった。

「日本で仕事がないなら、海外で経験を積んでみよう」と決意した、唐津さん。知人
を頼ってベトナムに渡った。

1年半前から現在の会社で働いていて、現地企業や日系企業などへの営業や、研修の企画などを担当しているが、当初はベトナム語はもちろん、英語も話せなかった。それでも、現地の人と接するうちに実感したのは、「日本に対する憧れが強いベトナムでは、日本人というだけで必要としてもらえる」ということだった。

特別なスキルがなくても、思い切って飛び込めばチャンスがある――。

『求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。』

勇気をだして最初の一歩を踏み出す。

そのあとにしか開かれない道がある。


<参考記事>

リストラ経験若者 就職海外も道あり

バンクーバーは、50%以上が中国(香港、台湾、中国)からの移民と言われています。

そして、今年も、Gung hay fat choy! Gong Xi Fa Cai!という祝い声をにする季節がやってきました。

バンクーバーでも所々で、中国旧正月のイベントが多数行われています。

地元紙、Vancouver Sunの写真(右)にもあるように、そのお祝いのカラーは赤とゴールド。

お年玉袋も、赤とゴールドで、中国では「红包」と言われているようです。

そして、我が家も、週末はリッチモンドのAberdeen Centreへ。モール内のデコレーション、ランタンがいっぱい飾られていました。

Aberdeen Centreのイベント紹介ビデオはこちら。

バンクーバーは、北米に居ながらも、しっかりと中国のお正月が体験できる街なのです。

Thanksgiving 。。。

これは、「感謝祭」、「収穫感謝日」とも呼ばれていて、文字通り、収穫を感謝するために設けられた祝日。

アメリカは11月、カナダは10月の祝日で、月曜日も休みの3連休、ロングウィークエンドでもある。

そして、その日、家族が集まって、ディナーを共にする。

今年も、義理の母は、これを2日間かけて用意したとのこと。

前日は、デザートを数品作り、当日は伝統的なものを作るのがいつものスケジュールらしい。

今年のディナーのメニューは

トラディショナル

★ロースト・ターキー
★マッシュポテト
★グレービー
★クランベリーソース
★スタッフィング
★ヤム煮
★ミニキャベツ

その他
★ローストポテト
★ピーマンのライス詰め
★グリンピース
★ライス

デザート
★パンプキンパイ
★タピオカプディング

至福の極みです。

そして、、、私の料理の腕がどこまで上達できるかは別にして、

いつか私も、義理母のように、家族を招待できるようになりたい!

最近、トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦 を読んで、なるほどと思うことがありました。

「文化、習慣」の違いをお互いに理解していないことが摩擦となり、問題を引き起こしてまうことがあります。

日本人の視点から、中国人の行動について理解できない部分とは何だろうって考えてみました。そこで、代表的な5つの習慣について説明されているサイトを見つけたので、それから内容を少し抜粋してみました。

<1、使用済みのトイレットペーパーを便器に流さないのはなぜ?>

中国からの観光客の増加に伴い、東京・浅草寺や秋葉原のトイレでは、昨年あたりから 使用済みのトイレットペーパーがごみ箱に溢れかえるという事態が頻発し始めたということ。中国では下水道や水洗トイ レの普及率が低いほか、トイレに置かれているのが、日本のように水に溶ける紙ばかりではないので便器に流す習慣がない。中国ではトイレを詰まらせないよう使用済みの紙を備え付けのご み箱に捨てる方が正しいマナーなのです。  トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦

<2、トイレの便座に足跡があるのはなぜ?>

昨年、バンクーバー空港のトイレでも同じ中国語の注意書きを見かけました。その時は、その注意書きがなぜ貼られているのか、意味がよく分からなかったのですが、なるほどでした。田舎に住んでいる中国人は、洋式トイレの場合は、和式のトイレの様に便座に靴のまま上がって使うそうです。それは、直接便座に座りたくないからとのことです。中国の田舎モン式トイレの使い方


<3、中国人が「値切り」をするのはなぜ?>

中国では自由市場や青空市場が主流なので、その環境で言い値で買う客などいないそうです。同じ商品でも、駆け引き次第で、いくらでも値段に差が出る。それとは逆に、日本では中国人観光客に定価以上の値段で買わせ、バックマージンをとる悪徳ガイドも存在するらしいので、大人しくしているとボッタクられる可能性があるという危機感あるとのこと。 トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦

<4、商品の袋を勝手に開けるのはなぜ?>

中国ではニセモノが多く市場に氾濫しているので、買う前に中身を確認しなければ、怖くて買えないとのこと。 トイレットペーパーが引き起こした日中の文化摩擦

<5、中国では並ぶ習慣がない?>

中国は昔から、戦争などで生活が苦しい上に、人が多く、物が足りない、チャンスもない。平等なんてそんな甘っちょろいものはない。誰も自分を守ってくれないのだから、自分でそれを取りに行くしかない。そんな危機感の中を生きてきた人々は、たとえ平行棒のような高い柵があっても、ヒョイっと乗り越え割り込んで行く。長年の習慣は中国人のDNAとして残ってしまっ たという説もあり。生き残るのにマナーは邪魔!?毎日が生存競争の中国―米紙柵を乗り越える中国人と線1本で並ぶ日本人

<日本は中国は違う?>

実は、日本も40年前までは、大声で話す人、ゴミのポイ捨て、バスでの座席争い、交通ルールの無視、河川や空気の汚染などの 問題があったらしく、それを解決したのが、義務教育だそうです。日本の教育者は勉強だけではなく教養をも教え、子どもたちは義務教育を通して、正しいマナーを学んでいる。一 方で中国の学校はただひたらすに受験の成功を追い求めるばかりで、残念ながら、礼儀の教育は保護者に頼るしかないのが現状なようです。海外でも受け入れられるエチケットとは何かということを、保護者自身が学んでいなければ、子どもに伝えるのはとても無理でしょう。日本人はなぜ礼儀正しいのか?「義務教育の成功」に学べ―中国ブログ

最近、中国大使館は公式ホームページに「中国公民向け訪日旅行に関するお知らせ」を掲載し、中国人観光客に日本旅行の際の注意点や心得を紹介したようです。 中国大使館が公式サイトに「日本旅行の注意点」、来日後のマナーを細かく指南

確かに、”郷に入れば郷に従え”という考えはもっともだと思います。でも、文化の違う海外から旅行者を誘致しているのであれば、ホスト側の責任・役割として、例え、それらの行動がその国では受け入れがたいものだったとしても、”マナー違反だから”と決めつけてしまうだけではなく、相手がなぜ、そのような行動を取るのかを理解しようとすると努力と、相手にこちらの希望や必要を知ってもらうため、「相手に通じる言葉、方法でのコミュニケーション」を取り続けることが必要だと思います。

嫌だというネガティブなエネルギーを逆に利用して、「嫌だからなんとかしたい!、、、だったら、こういうしたらどうだろう?」などとポジティブなアクションとして使ってみると、最終的にはお互いとって、よい解決策が生まれるのではないでしょうか?

今回は、For Good の帰国になる。

For Goodの帰国とは、日本へ帰ってくる予定は未定ということ。

だから、海外旅行のように往復切符ではなく、『片道切符』を買った。

<どこ経由で帰国?>
以前は、中部国際空港として、小牧の空港へ、週一便で運航しされていたAir Canadaの名古屋 ⇔ バンクーバー間の直行便が運行されていたが、これが2003年になくなって以来、名古屋からカナダは遠くなった。オリンピックに向けての、直行便は、、、なかった。

成田経由以外にも、サンフランシスコ、シアトル、ソウル経由を試してみたので、今回は初めての中国、北京経由で帰国してみた。

<自宅からセントレアまで>
朝9時過ぎのフライト = 7時に搭乗手続きなので、高速の込み具合を考えて、5時に実家を出発したが、車の数も少なく、事故もなく、あっという間、6時過ぎにセントレアに到着。

<早朝のセントレア空港>

いざ着いてみると、早すぎてエレベーターも使えない。スーツケースをエスカレーターで苦労して持って上がったものの、売店、カフェ、何一つ開いていない。その上、荷物預かり所も7時からと書かれていた。早朝のセントレアはかなりの静かだった。旅慣れた人は、食べる物を買ってきていた。

<Air Chinaのチェクイン・カウンター>
フライトの2時間前ピッタリにチェックインが始まるということで、開始時間の10分前位にどこからか社員がさっと現れて、手続きが始まった。
<Air China 搭乗客用フライトアテンダント>
4人の女性のチームだったが、食事の担当の中国人の女性たちは、背が高く、見た目もよく、英語は上手だったが、営業スマイルゼロ、どっちかと言えば、接客が荒かった。それに対し、飲み物の担当は日本人の女性と中国人の女性のコンビ。どちらも、ニコニコしていて、いい感じだった。特に、物を渡す時のしなやかさを比べたとき、日本女性のアテンダントは軍を抜けて、しなやかな動きをしていたことは隠せなかった。

<北京空港>

父が言ったとおり、確かに北京空港は広かった。というより、発着のゲートが特に長く横に伸びていた。空港内のワイヤレス環境と言えば、WifiはCHINA MOBILEを通して、自分の契約しているモバイル会社のローミングを使うようになっている。

<お手洗い>
洋式トイレと、中国式のトイレの2種類。はじめに入ったのが中国式のトイレ、初体験。和式の先のボウルがない、フラットなトイレだった。洋式トイレは普通。ただ、、、トイレのドアに書かれた案内が間違っていた。『Please lock the door for your convenience. 』と、、、オリンピックの来客もこれを読んでいたのかと思うと、、、、。ちょっと残念に思えます。中国の文化をベースに英訳してしまった風習なのでしょうが、中国語で書いた方が良かったのでは???

<待合室での出来事、、、グット・サマタリアン 登場??>
到着当時は電子版で、4時前発が5時半発と書かれており、とりあえずかなり早めにゲートで待つことにした。アナウンスにより、天候が不安定なので、フライトが遅れているとのことだった。待合室で待っていると、後ろの席からかなり大きく、変な音が聞こえた。振り返ってみると、中国系の男性の腕が待合の椅子と椅子の間に挟まってしまっている。夫がさっと立ち上がって彼のもとへ。いろいろ角度を変えてみたが、一向に腕が動かない。どうしようもないのでセキュリティーを呼んだ。その間、彼を助ける対策を考えた。

そこで、突然、思い出したのが小学校の出来事。クラスの男の子がふざけていて教室の椅子の間に体を入れてしまい、彼の体はそのスペースに挟まって、自力では抜けなくなってしまった。絶対絶命の大ピンチ。その時の担任の先生、教頭、校長先生などの提案で、彼の体と椅子に石鹸をぬって、皮膚を滑りやすくして、なんとか危機を抜け出したのを思い出した。

夫にそれを伝え、本人の希望もあって、その方法でトライすることにした。トイレでフォーム石鹸を持ってきてもらい、彼の腕と椅子に塗ってみた。その後、彼の腕は少し動くようになった。

ふと、日本だったら、セキュリティーの担当は、、、一般人にこんなことをさせないよな?なんて思いが、あとでふとよぎったが、その時は、とにかく目の前の困った人を助けるので精いっぱいだった。

セキュリティーの人と、通りがかりの人たち数人で、椅子を左右に引っ張って、彼の腕が動きやすいようにスペースを作った。なんとかレスキュー成功。少しの青あざですんだ。

普段は、確実に記憶力が失われていっている私の脳みそでも、いざとなるとフル活動してくれた。記憶の棚から大切な情報を収集し直してくれる。30年以上前に起きた、たった一度の出来事だったのに、、、。人間の脳は、不思議だ!
それよりも、なによりも、困った人を見た時、いつもすぐに助けようとする夫の「自然な態度」に、また感動させられる。、、ふふっ。

<エアポートの食べ物の値段>
日本のエアポートと同じでちょっと高め、特に高いと思ったのが飲み物。日本円に換算すると、コーヒー、紅茶は約700円~900円くらい。日本の空港なら、レストランからカフェの値段で選択することができたが、北京のゲートないでの選択肢はあまりなかった気がする。それと、自動販売機は極端に少ない。
<ゲート内のレストランの接客>

流石、北京。オリンピックがあった場所だけあって、ウェイターとウェイトレス、全員がとりあえず、英語の対応ができるみたい。これは、セントレアではあり得ない。成田ならどうだろう? VIPのラウンジ以外、国際線のカフェは、全員がバイインガルなんだろうか???

カナダの生活で、中国人の対応には慣れていたつもりでいたが、、、。どうやら、3年間の日本生活が、私の感覚をすっかり変えてしまったようだ。当時の空港の状況は、天候が悪くいろんなフライトが遅れて、客がイライラしていた。どのレストラン満席状態。 私達の便も1時間以上予定よりも遅れていた。

まず、一番に気がついたのは、中国の定員は笑顔をほぼ見せないこと。注文をしたものをテーブルにおく、その簡単な動きが、かなり荒っぽい。で、食事の味は?サンドイッチもミルクティーも味は結構美味しかった。ただ、ミルクティーに砂糖を入れたかったので、周りを探してみたが、砂糖の器や塩、胡椒が空のまま、、、仕方なくウェイターと、ウェイトレスに砂糖を頼んでみたのけれど、メインメニューじゃないから?または担当じゃないのか?から返事でなかなか持ってきてくれない。その間にミルクティーは冷えていく、、、。

極めつけなのは、ウエイトレスの女性が、客のいる前で他の社員に癇癪を起して、メニューを机にすごい音で叩きつけた。ビックリして振り返ったら、その女性は、中国語で何を大声で叫んでいた。

これは、日本でも、カナダでもないと思う。お客さんの目の前ではあり得ないな~。

これが、私のカルチャーショック。 日本はやっぱり、接客の天国だった、、、。

タイトルを見ると、、、なんとなく 『欧米人 VS 日本人』かと思いきや、、、、違うんですね~。これが、、、

同じアジアの国、ガンジス川にて開催された日印イベントでの記事でした。

(記事を書かれた方の感想を青色で抜粋させていただきました。※1)


『、、、セミナーの趣旨は、相手国の規制やシステムの相互理解を深めるというもの。だた、お互い、相手の状況は大体理解している。それならば、セミナーのポイントは、両国間の相違点と、その相違点の対応方法に力点が置かれるべきだろう』

全く同意見です。私も、両国の相違点を考えるにあたっては、自国そして、相手国の事を「客観的な目」で見ることができるというのが、ベースになるべきものであって、それがあって初めて対応策も見出せるというもの。それには、お互いの国の「欠点と長所」をある程度しっかりと認識していなければできないことだと思っています。


『、、、、ところが、日本側の説明は、情報が詰まりすぎて総花的だった。確かにシステムの説明は退屈だ。また、すべてを英語でやるというハンディはあるが、どうもいただけなかった。』

私は、過去に何度と日本人と外国人のプレゼンテーションを聞いています。その結果思うのが、日本人にとっては、英語でプレゼンするのがハンディーだからというより、プレゼン自体のコンセプトが、プレゼンを英語でやりこなす方に力が入っているのではないかと思うのです。なぜだというと、プレゼンターのプレゼン手法が、日本国内では普通に受け入れられるものだったとしても、それは国内でOKというだけのことであって、それは、日本人という自分または、思考回路にとって分かりやすいものであり、『相手国の国民性』にはあまり訴えないやり方かもしれないということを、あまり、考慮されてなかったのではないでしょうか?


『、、、、インド人らしく自国の強みをうまくアピールするのだ。もっとも、これもインド的だが、インド人は自国の欠点にはほとんど触れない。』

、、、インド的?という意味がちょっと分かりにくかったですが、、、、私の記憶でも、インドの人は平均的におしゃべり?な人が多いような気がします。ヒドイケースでは、会話というより、その勢いに負けそうになったりするとか、、、。(笑) それとか、例えば、かなり強めのインド風のアクセントには全く目をくれず、結構平気で英語を話し続ける。そのパワーには見習うものがあうというか、、、。遠慮がちな日本人の姿勢でいると、たちまち、おしのけられてしまいそう、、。

ただし、インドのアクセントも含め、他国のアクセントというのは、「辛抱づよく」聞いていれば、いずれ、それなりに耳が調整され、彼らの英語が聞こえるようになってくるものなのです。、言葉とは、まか不思議なものですね。(笑)


『言われて久しいが、日本の存在感を高めるためにも、政府や企業はプレゼンテーション能力を磨くことに本腰を入れるべきではないか。』

j0385588この日本の現状、とても残念に思います。国際とう言葉を一つ取ったとしても、一体、国際ってどういうことなのでしょうか?日本からみた国際という言葉の理解と、外国からみたら国際という意味には、かなり違いがあると思います。自分の持っている尺度で、ものごとを測ろうとすると、池の蛙 状態になってしまい、その固まった考えで海外に出たとしても、成功への道には、かなりの時間がかかりそうな気がします。

「プレゼンテーション能力」というより、外国の人に分かってもらえるプレゼンテーションとは一体、何なのか?どんな方法なのか?何に気をつけたらいいのか?「グローバルな意味でのプレゼンテーション」とは一体何を意味しているのか?その意味を理解するところから、実際に使えることを学んでいくことができるのでは?海外で、相手と同じ土俵に立つという意味と責任を学ぶことが最初に必要な気がします。

例えば、日本にいてインドのことを学びたいのなら、おそらくインドのレストランに何度も足を運ぶのも一つの方法だと思います。移民の人たちは日本で暮らそ うと一生懸命頑張っています。相手が歪んだ性格でない限り、「インドに行くから、インドのことを学びたい」からって正直にその気持ちをつたれば、相手の国、相手の事を少しでも学びたいという気持が相手に伝わると思います。そんな姿勢が、自然にプレゼンテーションにも反映されていくのではないでしょうか?

身内の話になってしまいますが、、、

CBR003592私の夫はプレゼンテーションが得意です。それに、プレゼンを始めると彼の目がキラキラしはじめる?(笑)おそらく、これは、好きなことをしている人に共通して言えることかもしれませんね、、、。

ちなみに、最近、なぜか私のブログでは、インドの話題が続きます。それは、おそらくずっと音沙汰なしになっていたインド出身の友人と、facebookで交流が始まったからかもしれません。彼は、哲学を大切にするひとだったので、彼のアップデイトは短くていい感じです。(笑) それに、バンクーバー郊 外で一人暮らしをしていた時のランドロード(大家さん)もインドから移民してきていた家族でした。いつも香辛料とカレーの匂いにつつまれて、ちょっと大変 ?でしたが、大家さんの入れてくれた本格派のチャイティーは、とっても美味しかったのを覚えています。

あ~インド、、、、一度是非訪れてみたい国ですね。

<参考記事>

※1 ガンジスのほとりで プレゼンテーション

Next Page »