日本で暮らす外国人


東亜日報の記事で、戦後の日本で成功した「外国人の起業家のサクセスストーリー」を読んだ。

それは、90歳を目前にした現在でも「青年の頃のの熱情」を感じさせてくれる、ロッテの会長、辛格浩(シン・キョクホ)氏のことだった。いろんな記事を通して、私なりに辛格浩氏について学んだことをサマリーにしたので、ここで紹介したい。

<辛格浩氏の生い立ち>
1940年代、20歳の青年は、日本行きの釜関連絡船に乗り込んだ。第2次世界大戦が終わるまで釜山(プサン)と日本の下関間で運航されたその船の中で、青年 が持っていた資金は僅か83円。蔚山蔚州郡(ウルサン・ウルジュグン)で5男5女の長男に生まれた青年は、蔚山農業補習学校を卒業し、慶南(キョンナム) 道立種畜場で騎手補として働きながら、牛と豚の世話をした。新聞や牛乳配達もしたが、貧しい暮らしから脱するには力不足だった。父親に内緒で船に乗り込んだ 。

<早稲田大学>
工学部の学生は、軍隊に行かずに済むという噂を聞き、望んでいた文学部ではなく化学科を選ぶ。

<起業スタート>
日本人の友人の勧めでカッティングオイル生産工場を設立し、事業家の道に入った。 爆撃で工場は全焼したが、崩れた軍需工場で石けんを作って再起した。

<アイデアマン、ロッテ設立>
彼の事業的な才能が表れ始めたのはこの時からだ。 米軍が駐屯しながらガムが人気を呼ぶと、辛会長はすぐにガム事業に飛び込んだ。 風船ガムは飛ぶように売れた。 風船ガムに竹筒をつけ、おもちゃにするなど、市販するガムはヒットした。日本のテレビ普及率が急増するタイミングで、大々的なテレビコマーシャルで「ロッテのガムはお口の恋人」という言葉を流行させた。東京周辺の土地を持続的に買い入れ、日本の土地成金にもなり、こうしてにロッテが設立された。

<ロッテの由来>
『若きウェルテルの悩み』に登場する女主人公の名前はシャルロッテ。「ロッテ」グループの名前は、文学狂だった彼がこの本に感銘を受け、「シャルロッテ」にちなんで付けたのだ。浪漫に満ち溢れた社名なのである。

<ビジネスに対する情熱>
「ウェルテルはシャルロッテに対する愛と情熱のために楽しみ、時には悲しみ、その情熱の中に自分の命を燃やすことができた」。情熱があれば どんなに難しいことでも楽しく乗り越えられるが、情熱がなければ興味もなくなり、仕事の能率も悪くなる」、「経営者の情熱と職員の情熱が一つの総体とし て表れる時、その会社は大きな発展が約束される」と彼は強調している。

<戦後の日本で創業できた理由>
彼が日本で成功を収められたのは、誠実さと信頼感があったからだ。 創業の初期、辛会長の誠実な性格を信じて5万円を出資した日本人投資家は、稼働前に工場が爆撃で灰になっても辛会長を最後まで信じたという。

辛会長はその投資家に借金を返すため全力を尽くし、1年半ですべて返済、感謝の気持ちで住宅1軒を贈った。

<韓国に進出>
67年に辛会長は韓国にロッテ製菓を設立し、母国への投資を始めた。 ロッテグループの関係者は、この時から日本で稼いだ金を韓国に投資し始めたが、韓国で稼いだ金を日本に持って行くことは一度もなかった。

会長は韓国に進出する際、食品会社ではなく重化学会社の設立を希望していたという。 日本の工業化を見ながら将来性があると判断したのだ。 辛会長は石油化学事業を検討した後、政府に提示したが、LGグループが事業者に決定したため断念するしかなかった。

結局、実現したのはホテル業だった。 辛会長はあるインタビューで「ホテル業は利益を出すのが難しいが、韓国に一流ホテルがなかったので将来性があると考えた。 ホテル業について何も知らなかったので世界各国の一流ホテルを回って勉強し、日本の帝国ホテルをモデルにした」と述べた。

ここから辛会長が生涯守ってきた3つの経営原則を窺うことができる。

  1. 理解できない事業には手をつけない
  2. 可能性がある事業を始める時は徹底的に調査をしながら準備する
  3. 事業に失敗しても誰も被害を受けない範囲で資金を借り入れる

ロッテグループの系列会社のうち非上場会社が多いのも「失敗した場合、株主に被害を与えたくない」という辛会長の信条のためだ。このような背景を持ち、ロッテはグローバル企業へと発展してきたのだった。

辛会長は、国内の上場企業代表取締役のうち最高齢CEOであり、現在も1カ月間隔で韓国と日本を行き来するシャトル経営をしている現役なのである。

Advertisements

Thanksgiving 。。。

これは、「感謝祭」、「収穫感謝日」とも呼ばれていて、文字通り、収穫を感謝するために設けられた祝日。

アメリカは11月、カナダは10月の祝日で、月曜日も休みの3連休、ロングウィークエンドでもある。

そして、その日、家族が集まって、ディナーを共にする。

今年も、義理の母は、これを2日間かけて用意したとのこと。

前日は、デザートを数品作り、当日は伝統的なものを作るのがいつものスケジュールらしい。

今年のディナーのメニューは

トラディショナル

★ロースト・ターキー
★マッシュポテト
★グレービー
★クランベリーソース
★スタッフィング
★ヤム煮
★ミニキャベツ

その他
★ローストポテト
★ピーマンのライス詰め
★グリンピース
★ライス

デザート
★パンプキンパイ
★タピオカプディング

至福の極みです。

そして、、、私の料理の腕がどこまで上達できるかは別にして、

いつか私も、義理母のように、家族を招待できるようになりたい!

※病気のことではありません。

これは、先日、友人からちらっと聞き耳した、笑えるお話です。

主人公の子どもは、約5歳の男の子。

お父さんの知り合いに外国人の人がいるらしく、少し興味があったので、お父さんについてきた模様。

話によると、どうやらそれがその男の子が、初めてご対面する、『外・国・人』らしい。

実際、会った時、特に動揺するわけでもなかったとのこと。

ただ、その子の父親と、外国人のお友達が話を続けていた時、どうやらその会話が英語だったことが気になったというか、不自然さを感じたよう。

そして、その子は、外国人の男性の目を見つめてこういった。

『なぜ、ずっと英語を話し続けるの?』

『う~ん』といいながら、なんて答えようかと迷っている外国人のお友達。

そこでつかさず、その子の父が、『彼は外国人だからだよ』と答えた。

それでもその子は、『日本語』を話さないのはおかしい!!!と思ったようだ。

そして、劇的な一言を。

『じゃあ、日本のお薬を飲んだらいいよ!』

そこにいた大人はその発想にビックリして、一時沈黙。

その後、大・爆・笑・

となった!、、、、らしい。

本当に、子どもって、なんて発想が素晴らしいのかしら。

Overheard 5 year old:
“Why does he keep speaking English dad?”,

“Because he’s a foreigner.,
“Oh! We should give him Japanese medicine then!”

読売新聞の記事によると、「第18回ウォーカソン・国際チャリティーフェスティバル」には、約3000人が参加したとのこと。

河村たかし市長が開会宣言をし、その後参加者は、1周1・25キロのコースを歩き、初夏の鶴舞公園を満喫したようだ。

イベントでバイリンガルの司会を務めたクリスさんのブログによると、なんと河村市長は英語での挨拶もしてくれたよう。

ああ、残念、市長の流暢な英語を聞きそびれた。(流暢なのは名古屋弁だけでななかったらしい。:0

外国人起業家の方達をはじめ、現地の外国人コミュニティーが主宰するチャリティーイベントに市長が、開催の挨拶という形だけ参加だけでなく、自らイベント自体に参加したところがよかった。何でも体当たりというか、積極的に、”自分の体を使って”参加するという姿勢が気持ちいい!
まだ就任して間もない河村市長。これからが本勝負!名古屋をどのように変えていくのか、おおきく期待しつつ、、、

<関連>

まだ間に合う!名古屋で最大の国際イベント「ウォーカソン」に参加して、地元に貢献しよう!

Replacing Emoji...

今週末、5月24日(日)に、今年で18年目を迎える、外国人起業家や外国人コミュニティーのボランティアに支えられている名古屋で最もインターナショナルなイベント 『Nagoya Walkathon名古屋ウォーカソン というチャリーティ・イベントが開催されます。

ウォーカソンってどんなイベント?
(Walk /歩く、と Marathon/マラソンを合わせた意味)。

ウォーカソンのイベントの主催者は?
在日米国商工会議所と名古屋国際学園が主催者です。

ウォーカソンの目的は何?
主な目的は外国人コミュニティーが地元の児童養護施設や慈善団体のために資金を集め、同時に、日本人コミュニティーと絆を深めることです。昨年度分ですが、集まったお金を、寄付受贈したチャリティ団体とその金額がウェブサイトに掲載されています。
ウォーカソンはどれくらいの規模?
毎年、約2000名の人々が参加します。

どれくらいの距離を歩くのですか?
2005年の場合を例にとると、5キロのルートだったようです。ただし、1.5キロの短いコースや、少数のグループは名古屋国際学園からウオーカソンの会場まで22キロというルートもあったようです。

企業スポンサー


イベント詳細

日時:5月24日(日) 10:00am ~ 4:00pm

場所:鶴舞公園、9:30am 開場。軽食、ステージ・ショー、抽選会など!
チケット料金:大人2000円、高校生以下1000円。

チケット購入可能場所:

下記にリストアップされているレストランやバーで購入することができます。チケットを購入したその日に限りお食事、ドリンクが10%オフになります。

Shooters (シューターズ)
名古屋市中区栄2-9-26 ポーラ名古屋ビル2F
TEL:(052) 202-7077
営業時間 17:00-3:00 月~金, 11:30-3:00 土/日 more information

Red Rock (レッドロック)
名古屋市中区栄4-14-6  アスタービル2F
TEL:(052) 262-7893
営業時間 11:00-16:00 (Lunch) Daily, 17:30-2:00 日~木, 17:30-4:00 金/土、祝日前  ラストオーダー 24:00
more information

My Bar (マイバー)
名古屋市中区錦3-6-15 たての街ビルB1F
TEL:(052) 971-8888
営業時間 18:00-1:00 日~木, 18:00-3:00 金、土 more information

飲食業以外で購入可能場所

H&Rコンサルタンツ (不動産業)
名古屋市中区丸の内3-17-6 ナカトウ丸の内ビル8F
TEL:(052) 973-3957 more information

BERLITZ Language Schools
英会話・英会話教室のベルリッツ・ジャパンが愛知県下6スクールにて公式チケット販売開始!詳しくは ここ です。
特に、国際的視野の広い方々と交流を持ちたい方、地域貢献に興味のある方、地域のイベントに参加するのが好きな方、支援を必要とされてる方々をサポートしたい方!、、、、、など、そんな人たちにおススメなイベントかも!

確か、あれは去年のこと。めずらしくFMラジオを聞いてみた。たまたま、DJがオーストラリアの話題をしていた。そして私は、『ふ~ん。噂には聞いていたけど、やっぱり名古屋ってオーストラリアがダントツ人気!なんだ~』という事実を、ラジオ番組をききながら、一人こっそりと、”納得した日”であった。

全く別の理由で、最近、Twitter(NagoyaLife)を通して、 『名古屋地区に暮らす外国人に同地区の産業や文化への理解を深めてもらおうと、東海テレビ国際基金(名古屋市東区)がDVD「名古屋の力~This is NAGOYA Power」を制作したというニュースを知り、一体、どの会社が、どんな内容のDVDを作り、どこにディストリビュートしているのか、、、つまりどこで借りれるのか?(おそらくNIC、国際センターとか)?知りたくなった。

せっかく資金を使い「外国人の為に作ったもの存在自体を、どれくらいの外国人が知っているのだろうか?

、、、という疑問を持ちつつ、ともかくサクッとリサーチしてみた。

その結果PPFという会社が製作にかかわっていることが分かり、それがナントあのラジオ番組のDJの(栗栖)クリス・グレン さんが経営する会社だということも分かった。

彼はバイリンガルDJとしてだけでなく、名古屋の外国人企業家としても、ローカルのビジネスのネットワークにはかなり精通してるに違いないと確信した。

ちなみに、読売新聞の連載記事 『ど~も ど~も』 によれば、どうやら彼は、ヘリコプターが大好きで、14歳から赤の靴下をはき、両親や家族をとても大切にしているようだ。

「赤の靴下」といえば、ふと、ジュリアンさんのことが頭に浮かんだ。彼はおそらく、名古屋で一番おしゃれな?アメリカ人のビジネスパーソンかもしれない。「赤のネクタイ」をトレードマークにしていると夫から聞いたことがある。まだ直接会ったことはないけれど、おそらく来月?POKEN関係のイベントであえるような気がしている。楽しみだったりして、、。ははっ。

とにかく、赤というカラーは元気が出る色!名古屋よ!元気を取り戻そうぜ!

ちなみに、クリスさんの『僕はエイリアン という記事には同感するところがいっぱいあって、今日のトピックとして使うことにした。

その理由は私も、、、、

日本政府が発行する 『外国人登録証明書』 (CERTIFICATE OF ALIEN REGISTRATION と書かれています) を持つ、エイリアンの一人だから。

この外国人登録に関しては、「日本に90日以上在留する外国人は、「外国人登録法」という法律によって外国人登録をすることが義務づけられおり、同時に、このエイリアンカードを常時、携帯する義務があるとのこと」。カードを提示することができなかった場合、大変なことになってしまう可能性あり。???

家などで保管、外出時に携帯してなかった場合、事情聴取のため警察や入国管理局へ連行されることもあります。外国人登録証明書の不携帯に対する罰則は、道路交通法における免許証不携帯に科される反則金などよりも処分は重い。

そうなんですね。日本在住の外国人はこのIDを常に持っていないと〝処罰″の対象となるのです。なんか、腑に落ちません。

というのは、例えば、カナダでも運転免許書を不所持でドライブしていた場合、日本と同様、処罰の対象になります。ただし、カナダの移民カード、「メープルカード」を不所持のために〝罰則″をされるということはありません。

それに 『外国人』という呼び方で、外国からの定住者を分け隔てたりはしません。というのも、外国人という言葉を使おうとしたら、ほとんどのカナダ人が外国人と呼ばれることになってしまうからです。原住民(インディアン)以外は、全て、ヨーロッパの国々などから移り住んだ移民で作られた国だからです。

私のUFO、宇宙船もなかなか迎えに来てくれません。
なぜでしょうか?
交信が途切れてしまったのかな?

もしかしたら、永遠にこの地球に置いてきぼりかも~。

<外国人、関連記事>
外国人・民族的マイノリティの子供の教育をめぐる今 ~国の政策の現状と課題~
愛知県、「外国人との共生を考える会」
愛知に住む外国人登録者数、カナダ人はマイノリティー?

日本に長く住んでいると、日本の持つ素晴らしさに、気がつきにくくなってしまう、、、。

それをもう一度、思い出させてくれた面白いビデオの紹介!

ゲストの女性たちの意見は別にして、ビデオでコメントをしている外国人たちの感想、意見がおもしろかった。「うん。そうだ~!」と深くうなづいている自分を発見して、笑った。

ビデオで紹介された内容を簡単に説明すると、こんな感じ。

日本に初めてくる外国人の多くはまずその地形の豊かさに驚く。

  1. 最北の岬では冬の寒い間流氷を見ることができ、南に行けば亜熱帯の島々から台湾を望むことも できる。
  2. 山地には温泉やハイキングコースがあり、低地には巨大で刺激的な都市が広がっている。
  3. そしてそこには多様な文化があり、世界最古の木造建築の寺院 があるかと思えば、斬新で奇抜な近代建築が立ち並んでいる。
  4. しかも、その全てを楽しめるだけの交通システムが充実している。
  5. その上あまりお金がなくてもき れいで安全な宿に泊まれ、旨い食事にありつける。


まさにサービス・安全・衛生面において日本に勝る国はない。

日本を訪れて失望することは絶対にないだろう。

「失望することはない」、、、この言葉は少し気になる。言いたいことは分かる気がするけど、記事を書いたライターさんっておそらく「超、日本びいきな人かも?」なんて、つい疑いたくなるような表現の仕方だっ!

マックの定員さんの態度」を例にあげていたが、それはイギリスだけじゃない。

◇定員に怒られているように感じる、、、。
◇”スマイル0円”と書いてあるが、笑顔を見たことがない、、、。

これって、カナダやアメリカでも結構あったりする。

マクドナルドに限らないが、お客へのサービスのクオリティーの悪さは北米でも同じ。
時に、日本から帰ったばかりの時は、日本のサービスに慣れてしまっているので、海外での粗末な扱われ方に、妙にイラだったりする。

例えば、、、

レジのラインで並んで待っていたら、日本の場合、『次のお客様、こちらへお願いします』と言ってくれる。だが、私が経験した、カスタマーサービスでは、そんな丁寧な言葉を使ってくれるわけではない。ただ一言、『NEXT』と、、、それも大声でいわれる事もある。

他にも例がある。
ある、ファーストフードの長蛇の列で起きたこと。5人から10人くらいのお客さんが一列になって自分の注文の順番を待っていた。レジの担当はプライベートに起こったことで隣のレジ打ちの担当と話をしつづけたかったらしく???、長蛇の列にも関わらす、一向にお客の注文を取るという行動にでない定員がいた。「ち、ちゃんと仕事してくれ~!!!!」と心で内爆発が怒っている私。

でも、ふと気がつくと現地のお客さん達はなぜか文句もいわず、ただひたすらじっと待っている、、、、。

で、ふと私は考える。

心が狭いのは私の方か?と、、、。

でも、何回考えてみても、その『感覚』に、イライラして、怒りを感じる私は、やはり今でも、日本人なのだろうか?

でもこれが、長期滞在をすると、いつの間にか気にならなくなりはじめたりする。人間って不思議。

外国暮らしのスイッチが入り、イライラしたところで周りの人は変えられない。自分の考え方を変えないと自分にストレスが溜まる。やってられない。→ 自分のメンタルヘルスを保つため、気にならないよう 『努力』 をする。

郷に入れば郷に従え』?というか、、、
自分の価値観で相手を判断しないように心がける。

決して同意できない考え方だったとしても、少なくても、『この人はこんな風に考えるんだ』と納得し、違いを受け入れる。

この考え方は、海外で必要不可欠なサバイバルツール。

それは、体で覚えていくこと。頭ではない!!!
もうひとつ、外国人からのコメントで上げられてたのは、「日本では当たり前に思える、旅館での宿泊サービス」

確かに感動するサービスがそこにある。『かゆい所に手が届く』というような、本当に細かいサービス。この感覚的なサービスは海外では、よほど有名で、高級なホテルのレベルでないとありえない、すごくレベルの高いサービスの質の良さに、外国人はビックリ、感動する。

まず、部屋に入ったら、用意されたお茶、茶菓子の用意がある。

その後、外を散歩したり、温泉に出かけ、部屋に戻ったら食事の用意がされていたりする。

食後、もう一度温泉へ行く。そして、部屋に戻ったら、ちゃんと布団が敷いてある。

。。。これは、やはり『日本人の心』というか、

世界に誇れるおもてなし方法のひとつである。

日本のサービスの質が、もっと、普通のレベルのカスタマーサービスの世界にまで、どんどん広がっていけばよいと思う。

これから日本が輸出するものは麻生首相があげた、環境対策ビジネス、または付加価値を付けた製品の販売などというハードな面ばかりではなく、日本が世界のトップともいえるホスピタリティーの分野、ソフト面でもっと積極的に世界にどんどん売り込んでいくべきだと思う。同時に、日本政府は、世界に進出していこうとするこれらの分野の企業を、思いっきりバックアップしてくべきだと、私は強く思う。

皆さんはどう思われますか?

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

人気ブログランキングへ

Next Page »