愛知、三重情報


11月1日、雨の中、高速で実家に帰る。

車は荷物でいっぱい。

夫が運転してくれたので助かった。雨の中、夜道に帰ったものの無事に着いた。

翌朝、2日、鈴鹿の市役所と警察署で、住所変更等の手続きをした。

その際に展示してあったものが、これっ。

とても、鈴鹿らしい。

Advertisements

先日、NEFで出会った友達から、私達が帰国するということで、その前に、

彼女のお気に入りの『名古屋スポット』に連れて行きたい!と申し出てくれた。

そして、半日の名古屋市内観光、ツアーガイドをしてくれた。

まずは、浅間町で待ち合わせ。

最初に向かったのが、愛知県では名の知れている

老舗のリサイクルストアー、キンブル。

キンブルの本社は愛知県。ただ、なんでこんな社名をつけたのかが気になったので、少し調べてみた。

その結果、このサイトのコメントによると、、、

『アメリカに「ギンブル」って店があったから、銀より上をいく金ってキンブルって名前にしたって言う、有名なディスカウント店ですね。』 と書かれていた。

社名って面白い!

その後、まっすぐ進んで『製菓の問屋街』へ、、、。チロルチョコのオリジナルの味を探してみたが、

他の味のものしか見つからず、残念。

そのまま、円頓寺商店街へ。昔懐かしいの面影を残す、歴史ある商店街だとのこと。

そこで、あの100円で有名なお好み焼きのお店、

『お好み焼き甘太郎』へ。

ホカホカをあっという間に食べてしまった。

もう一つくらいは楽にイケたと思う。

そのまま、奥に向かって歩いていくと、

私は、名古屋で一番?おいしいと言いたい!

た・ま・せ・ん を初めて食べた。

名古屋では、昔は駄菓子屋さんに行けば、いつでも買えたらしい、子供のお菓子。

いや、大人が食べてもおいしい!

名古屋の人は海老せんべいをこんな風にアレンジして、ずっと食べていたのか?

ああ、感動。

おいしすぎっ。

レセピもウェブで探せば、簡単にでてきた。

その後、大須のサノヤに負けじと?

名古屋で一番安い?だかや 250円弁当の店へ。

なんとこの店の前の自販、お茶を買うと100円でおつりが帰ってくる。

この時点で、もうお弁当を食べる胃のスペースがなくなってきていた。

夫とランチで合流できそうだったので、弁当をもって、ノリタケの森まで歩いた。

夫にもたませんを食べさせてあげたくて、買ったのはいいけど、

手渡した時には、冷たくなって、噛みにくくなっていた。

これだけはすぐに食べないといけない。

可愛そうな夫、、、

たませんの本当の美味しさを知らないまま、、、

次回の機会まで、我慢してもらうしかない、、。

空は秋晴れで気持ちイイ、ちょうどいい気温。

このベンチでランチを食べた。

食後は、噴水の前で、秋風に吹かれながら

まったりとして午後を過ごす。

都会の中のオアシスというか、、、

心が休まる場所であることには違いない、、、。

その後、ショールームセラボで、ノリタケの100年の歴史とテクノロジーについて学んだ。

このショールーム、とても良くできていて、楽しく学べるミュージアムに造られていた。

見るだけではなく、触りながら学ぶのは記憶に残りやすい。

お天気も良かったし、引っ越しで忙しさが増していく中で、ゆっくりとしたいい一日が過ごせた。

<参考ブログ>
円頓寺 本町商店街

地元、三重県の亀山市というところに、『関』という名前の宿場町の跡地があります。


そんな近い所に、実はすごく歴史的に意味をもつ観光地があるんです。

ただ、あまり大々的にはPRしていないような気がしますが、、、

7世紀頃に、その場所が古代日本三関の一つ「鈴鹿の関」となり、それが地名の由来となって、『関』と呼ばれるようになったそうです。

古くから交通の要衝であったようで、徳川幕府が宿駅の制度を定めて以来、東海道五十三次第47番目、屈指の宿場として参勤交代の大名行列や伊勢詣りの旅人で大いに賑わっていた場所。

関宿は、昔の人たちが東海道の往時したという面影を唯一残す、歴史的町並みとして、1984年、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。

「日本の道百選」に選ばれて以来、歴史的景観の保存に力を入れた町づくりが行われているようです。

同じ三重県でも、伊勢のおかげ横丁は新しく江戸時代のテーマをもとに人工的に作られた街の風景に対し、この関宿は、当時の風景をそのままで残しています。

同時に、昭和初期のアンティークが店頭に飾られていたりして、、、。

懐かしいというか、、、

確かに タ・イ・ム・ス・リ・ッ・プ した感じがしました。

その関宿で、今週末11月1日(日)に

『東海道 関宿 街道まつり』

というイベントで

仮装コンテストや時代行列が行われるそうです。

興味がある方は是非どうぞ!

10月の3連休の最終日の12日に、鈴鹿で開催されたバルーンフェスティバルに行ってきました。

庄野町の鈴鹿川河川会場に着いたのは、早朝の7時前。

すでに、川辺にはカメラを持った人がずっと連なっていた。

パーキングもかなりいっぱいな状態。

どんな絶景かとおもいきや、、、

ちょうど、会場に向かう途中で、広場からゆっくりと、、、

ひとつづつ熱気球が大空へと旅経っていく、、、

雲ひとつない秋晴れの空へ。

やはり、目の前で上昇していく熱気球には目が釘付けになてしまう。

そんな間に、気がついたら、気球で空がいっぱいになっていた。

どうやら、鈴鹿サーキットに向かっているようだ。

それから待つこと約1時間半。

チケットをもらって「係留飛行」の始まり。

どうしても乗りたかったのは、いちばん人気の『たこ』の気球。

係員さんには、本来は希望に添えないのですが、、といいつつ、

私たちをタコの気球の列に並ばせてくれた。やったー。

目の前にいる、お面をかぶった人が子供向けに風船で何かを作っているのだが、

お面の顔が異常に大きすぎて、『かわいい』というより、『怖かった』。

反って逆効果だったかも?(笑)

自分の番が回ってきて、さっそくこのタコの気球に乗った。

で、びっくりしたのが、、、ガスの噴射口がかなり低く設定されていたこと。

頭のすぐ傍で、「ボーッ」という大きな音を立てて上がって行ったので

その音に驚いていたら、すでに地上に下がっていき始めていた。

これこそ、『旅行』と同じ。

パンフレットみて、いろいろ想像して、お金払って、妄想しているあいだが一番楽しい。

ただし、小学生のお子さんのいる家族、4人以下だったら、さいこーに楽しいかも。

朝早く、朝やけをみて、青空を見上げ、新鮮な空気をいっぱい吸えた、秋の早朝であった。

さっき友人が教えてくれたのですが、皆さんは、名大のレンタサイクル社会実験で、来月からはじまる無料レンタサイクルプロジェクト!『名チャリ』ってご存じですか?


名チャリ(めいちゃり)

とは、新たな公共交通の実現を目指し、『放置自転車再生型コミュニティサイクル』の愛称です。

★今回で3度目となる、「名チャリ社会実験2009」では、名古屋市の都心部(名駅地区〜栄地区)に30箇所のステーションを設置し、300台の自転車をみんなで共有します。会員は、この社会実験期間中は何度でも名チャリをご利用できるとのこと。

詳細は、こちら

自転車の使用料は無料です。

みんなで「CO2排出量の削減」に協力しましょう!

先ほど、紹介したこのイベントには、、、『隠された秘話』がありました。

j0336402実は、このイベント「前日の時点では、キャンセルされる可能性がかなり高かった???」という、とんでもない状況下にあったのです。

もちろん、当日は参加者は誰一人知ることもなく、そして、知る必要もなく?、、、無事に進行されていきました。ホッ。

<舞台裏では、何が起こっていた?>

イベント前日の夜、翌日の準備に励んでいた主催者ロバートの上に、絶対起こってほしくなったことが起ってしまったのです。

それは、全てを遮断するパワーを持つ、治療中のやっかいな歯の痛み。処方してもらった痛み止めがあまり効かず、彼の顔をよく話見てみると、左顎がかなり腫れて、すごく炎症しているのが分かった。口が開かないようだった。時間が経つほど、その痛みが過激になっていき、激痛のあまり、嘔吐と失神寸前な状態になっていた。

どうしようもないので、緊急連絡先に電話をしたが、やる気のない返事と、電話番号をもらった。その病院の当直は処置ができず、結局、名古屋近郊で夜間救急の歯科として対応しているのは、たった一つの病院だけ。それも、名古屋から高速で片道約1時間のところだと聞かされた。

車がなくても生活していける交通の便のいいロケーションに住んでいる私達にとっては、かなり厳しく情報でしかなかった。

患部を氷で何時間も冷やした後、手持ちの薬が効くのを本当に神様に祈った。そしたら、夕食後に効かなかった同じ薬が少し聞きはじめ、、、、早朝3時前になんとか眠りにつくことができた。

そして翌朝、(イベント数時間前)にいきつけのXX病院に行った。診察してもらった結果、その日の担当医は激痛の原因を他の理由だと思い込んでいるようで、診察してもなんの処理も行わず、抜歯の専門に回された。そこで、以前担当してくれたことのあるS先生が診察してくれたところ、激痛の原因をズバリと当ててくれた。ああ、感謝。それも、抜かなくていいという情報と共に、、、

<医者の思い込みは何より怖い、セカンドオピニオンは大切です。>
最初に担当した二人の先生は、カルテを読んで、それに対する概念を持ちすぎていたせいだろう。実際に診察しながらも、痛みの原因を見落としていたようだ。このブログを読んでいるみなさん、医者とは言っても、やはりただの人間です。診察の判断は、絶対に完璧ではないのです!』気になるようだったら、絶対にセカンドオピニオンを、、、それをしなかったら、夫はどうなっていたのかと思うと、ゾッとします。

とりあえず緊急に対応をしてくれたので、痛みはなんとか半減したものの、二人が帰宅したのは3時半。

配布物の製作や、パッケージにするなど、最低でも半日かかるものを約1時間強で作り上げる? そんなのどう考えても無理!j0378949

限りなく impossible に近い。

スーパーマンとスーパーウーマンになるしかない?

鬼のようなスピードで修正をかけて印刷を始めた。

看護疲れの私は、ヘアもメイクはまだ、、、ディナー弁当を取りに行く時間が刻々と迫る。

そして、あと40分へと突入。

j0440400そ・ん・な、緊・迫・し・た・空・間・の・中・で、突然、プリンターのインクが切れた。

いつもは、かならず在庫があるのに、この日に限って、その色の在庫だけが欠品していた。

かなりの緊迫感の中で発狂寸前の私は、あたふた、、、、し始めた。

するとそんな私に夫は、XX文具店に売っているから心配しなくていいよと、『解決策』を提案してくれた。

自転車でいけば、往復15分でなんとかなる距離だったので、なんとかその危機も乗り越えた。その後、、、

タクシーのボランティアをしてくれた Subphy、ロゴデザイナーの神田さんのお世話になり、ディナー弁当を伏見まで取りに行った。、、、、が、ここでもトラブルが、、、。前回とは違い、5の付く日は名古屋の交通事情が悪いというか、非常に込んでいた。

それだけでなく、何かの手違いで、弁当が出来上がっていなかった、、、。待つこと15分。開場6時半なのに、すでに6時を過ぎている、、、。
夫とイベント用品を車に載せて(夫は荷物ではないが、、)会場へ向かう。開場前に来てくれていたゲストなどを少し待たせてしまったが、おそらくちょっと遅れて?なんとか会場に到着。

CB025268早めに会場に来てくれていた方々に手伝ってもらい、会場のテーブルセッティングなどを終えて、無事に受付を開始した、、、。

いろんな方々に、多大なご迷惑をおかけして申し訳なかったことと、皆様、一人一人のサポートとご理解があったからこそ、今回もJIBE#4のイベントを終えることができました。

どうもありがとうございました。

<関連ブログ>
『感動』・『感謝の思い』がいっぱい詰まったJIBE#4イベント

名古屋近郊で、飛び抜けた信用度、人脈、情報網を持つ人と言えば?

顔ぶれもすごくなったJIBE 第三回目のイベント。通訳さんも最高で、イベントはますます、、、

外国人起業家と日本人起業家の交流イベント、JIBE #2 無事に大成功。

イタリア系のオシャレな外国人起業家&お茶目な日本人起業家がまた、やります!

名古屋発、JIBE(ジャパン・インターナショナル・ビジネス・エスクチェンジ)キックオフパーティ

と言えば、、、、、みなさんは誰を想像されますか?

実は私、最近、というか3ヵ月からずっと気になっている人がおりまして、、、、、、

とは言っても既婚者なので、恋愛話ではありません。(笑)

★当時から、知り合いの起業家の方とお話をすると、必ずその方の名前が出てくるし、、、、

★実際に主催したJIBEのイベントでも、毎回必ず何人かの方は、その方を通じて、、、。という方がおりまして、、、、

私の中では、、、、、いつかお会いしたい 『マイブーム』 の人になっておりました。

そんな中、以前のブログでも紹介した、JIBEのイベントを通して知り合いになった、ファッションバッグ・革小物のオリジナル商品を製造、販売している女性起業家の張さんが、な・ん・と偶然にも、その方とはプライベートでも仲がよいとのことで、、、、あっという間に、すごいスピードでお会いできる機会をセッティングをしてくれました。感謝、感謝。

その方についていくと、、、、栄から歩いて数分?のところに位置する、とあるホテル内の奥で、隠れ家のようにひっそりと営業している、とても上品な焼き鳥屋さんに連れて行ってくれました。張さんの口にも合うおいしい温野菜とか、一品料理もおいしかった。カウンター以外には、4人くらいの座席コーナーが数か所あり、あれこそ、ホントに知る人ぞ知るという、お洒落なお店でした。

お会いする前からの印象は、彼の選ぶ言葉とか、さりげないコメントなどをみると、なんとなくよい人格ににじみ出ているというか、、、なんとなくの自分勝手なイメージはあったのですが、さすが、張さんが紹介してくれた人でした!!!

新聞という媒体で、ニュースを制作されておられる職業の方にお会いするのは初めてだし、かなり緊張していたのですが、、、、想像していたよりも、もっと気さくな方で、それ以上に、人間的な魅力が体からオーラのようにあふれてるというか、、、純粋に、この東海地方の発展を望んでおられ、スムーズなセールトークなんて全然できない私を等身大で受け止めてくれて、、、マッチメーカーの張さんが先に帰ってしまってからも、話が途切れることはなく、楽しい時間を過ごすことができました。

、、、、でその方というのは、今回JIBE (外国人起業家と日本人起業家の国際ビジネス交流を目的とした、セミナー、ディスカッション、デジタル名刺Pokenを使った名刺交換会、ディナー付)イベントの日本人初のゲストスピーカーとなってくださる、不定期ニュースの世話人、三ッ口陽一氏です。(中部経済新聞の市場開発課にお勤めのメディア業界のプロでもある)

東海地方にひそんでいる素晴らしい技術、商品など、『ダイヤモンドの原石』を持っておらえる経営者の方、綺麗に磨いて『見せる力』が弱くて、スポットライトを浴びていない商品たちと、日本のニッチな商品を探し出し、海外に売り出すのが得意な外国人起業家の方が、三ッ口氏のすぐれた情報網、人脈を通して、みんながWin-Winで相乗効果で利益を上げることができる、『ビジネスマッチング』をすることができれば、幸せですね~。

三ッ口氏の知識を、たった一度のイベントでご紹介するのはとても無理ですが、、、ぜひブログを読んでくれている皆様にも、折角のチャンスなので、是非お知り合いになっていただきたく、、、面倒見の良い方でもあり、まず人との出会いを大切にしてくださる方です。

JIBE #4のイベントは、以下の通りです。

<イベント詳細>
日程: 9月25日(金)
会場: 6時30分 (受付け)
時間: 7時00分~9時00分
場所: 愛知県勤労会館 つるまいプラザ 3F 第一講習室
会場: 460-0064 名古屋市昭和区鶴舞 1-2-32
※地下鉄、鶴舞駅 5番出口から南へ徒歩5分、JR鶴舞駅、公園口から南へ徒歩5分。
会館前に無料パーキングあり (スペースがある場合)、または地下の有料パーキング、180円/30分
地図: http://www.ailabor.or.jp/tmplaza/
イベント料金:5,000 円(ポーケンなし)、4000円(ポーケン持参)、3000円(メンバー特別割引として、JIBEのイベントに初めて参加される方とご一緒に参加していただく場合)

*イベント参加者全員へのディナー弁当(by Shooters)と冷たい飲み物をご用意してあります。
*サンプル品、ちらしなどがあれば、参加者に配布させていただきますので、ぜひご持参ください。
*ビジネスプロフィールの情報はメンバーと新規のメンバーのみに配布されます。

<イベントのスケジュール>
-JIBE代表者からの挨拶
-ゲストスピーカー、三ツ口洋一氏によるプレゼンテーション
-グループディスカッション
-デジタル名刺、ポーケンの紹介と使い方 http://www.poken.jp
-ポーケンを使った、メンバー同士のハイタッチ
-ディナー弁当(冷たい飲み物)
-参加者同士のビジネスのアイデア交換、商品説明、ネットワーキングタイム
-閉会の挨拶

イベントへの登録先はこちらから。

http://www.JIBE.biz/application

分からないこと、質問等がございましたら、気軽にご連絡ください。

サンザローニ・ロバート&アソシエイツ

JIBE 連絡先 info@jibe.biz
Tel: 090-4110-0665 (日本語)
Tel: 080-3686-0015 (English)
http://www.jibe.biz

POKEN公式サイト イベント案内: http://poken.jp/ja/meetups/

Mixi: http://mixi.jp/view_community.pl?id=4394271
ツイッター: http://twitter.com/JIBEbiz
写真: http://www.flickr.com/groups/jibe/
フェイスブック:http://www.facebook.com/home.php#/pages/JIBE-Japan-International-Business-Exchange/87145588863

過去のイベント案内
8月 http://upcoming.yahoo.com/event/4171124
7月 http://upcoming.yahoo.com/event/3013880/?ps=6
6月 http://upcoming.yahoo.com/event/2852470

Next Page »