マネー、投資


6月20日、カナダ銀行(中央銀行)は、カナダ紙幣をポリマー製に切り替える準備を始めたと報道した。

実施時期は、今年の11月に$100ドル札から開始し、2013年末までに$10ドル、$5ドル札を発行する予定。

新紙幣の長所は、、、、

●しわだらけ、折り目のため、自動販売機に拒否されるようなこともない。
●洗濯してしまっても破れにくい。
●コストは紙幣の2倍近くとなるが、耐用年数は2.5倍。

新札、早くみてみたい、、、、、。

<関連記事>

カナダ、紙幣を樹脂製に切り替える方針

Canada’s New Polymer Bank Notes – Celebrating Canada’s Achievements at the Frontiers of InnovationCanada’s new plastic banknotes will be nearly impossible to fake

Canada Introduces New “Plastic” Money

Get ready for more plastic in your wallet

Bank of Canada unveils new plastic bills

新紙幣のビデオはこちら。


Advertisements

週末の6月4 日に、ウェルス・アカデミーという女性の為のファイナンシャルセミナーに参加した。

そこで学んだカナダ人と消費の関係、統計の数値を聞いて驚いた。

それは、カナダ人の一人当たりの平均借金額。住宅ローン以外に、クレジットカードなどを含めた借金の平均が、なんと$26,000ドル。夫婦だと$54,000ドル。

2008年度に行われた国勢調査によると、カナダの一家族の収入の平均が$63,900ドル

ということは、その借金を返すのには、1年間まず食わずでただ働きをしないといけない。ただし、それは悲現実的な解決法なので、もっと現実的にいえば、何枚もあるクレジットカードをキャンセルして、カードを統括して、1枚までに減らしていくことが必要となってくる。

問題は、高度成長期の中、消費文化で育ったシニア世代の多くが、リタイヤ前に借金をしている+年金での生活でありながらも生活のレベルを落とすことができない=借金をしながら暮らしている。このシナリオはあまり珍しいことでもない。

ただし、持ち家の価値が購入当時の何10倍にもなっているので、それが生活、借金の対象となっているようだ。

日本のように、小さい時から『貯金する』と子どもが育てられている文化とは対照的だ。当然のごとくそれでは、自分の子どもにも、正しいマネー管理を教えることなどできない。

マネーの管理に大切なことの一つは、ファイナンシャル・プランニング(個人の収支・負債・家族構成・資産状況を基に、住居・教育・老後など将来設計に即した資金計画)をすることだと言っていた。

それによると、次の4つのステップを大切にする。

ステップ1、一年に一回、収支を把握する

What I own? 自分の資産は何で、どれくらいか?

Own/持っているもの
Registered Retirement Savings Plan/退職後のための個人の貯蓄プラン
Cash/現金
Real Estate – Market Value/市場価格の家屋、土地
Owe/借りているもの
Credit Card Balance/クレジットカードの残高
Line of Credit/個人ローン
Loan,Mortgage/その他、車や住宅ローン

Car/車両は、購入後すぐにdepreciation/減価償却の対象になるので、財産とはみなされない。

これらの合計が、Net Worth /自己資産

Assessing Cash Flow/現金収支

Comes in 収入→ Where it goes? 支出

Net Income /純利益

●Net Pay /所得税など、税金を惹かれた後の月給
●GST/PST/Child Benefit 支払い過ぎた消費税の返金、児童手当など

それらにより、Net Income /純利益がPositiveなのか Negativeなのかが分かる。

◆ステップ2◆ GOAL

ゴールを決め、書きとめる。

1、Short term goal /短期 1年~3年
2、Mid term goal /中期 3年~5年 3、
3、Long term goal /長期 6年以上

Debt Management /債務管理計画

●クレジットカード債務は、支出の10~15%が最大限
●住宅ローンの債務は、支出の20~30%を越えてはいけない。
●キャッシングを使って借金を返済するのは、絶対にしてはいけない

Strategy/ 戦略

1、Self Help
●decreasing non essential 必要なもの以外は購入しない
●Assets/ 所持品を売って税金などの借金を返す
●クレジットカード会社と交渉してクレジットの利息を下げてもらう。

2、Debt Counselor/債務カウンセラー
●債務返済管理計画(2~4年で返済できるように)
●Credit counseling Society  に連絡する
● Bankruptcy/自己破産              

◆ステップ3◆ Cash Reserved/積立金など

●1~4カ月の月給額を投資
●Accessible /引き出し可能
●No long term/短期投資

※ Guaranteed Income/所得補償

◆ステップ4◆ Implementing Investing Strategy/投資戦略の実行

●Matching up investing strategy /ベストな投資方法を見つける
●Guaranteed Principal/元本保証

1、Short term/短期 1年間で0-2%の利息、引き出し可能
2、Mid term/中期 3年~5年、Bond & Term Deposit/投資信託、定期預金、2-3%の利息

●Non-Guaranteed Principal/元本保証なし
3、Long term goal /長期 6年以上、3%以上の利息

◆ステップ5◆ Monitor Review/評価を見直す

<関連記事>

‘Wealth academy’ helps women take control of money matters