テクノロジー


数日前、ブログで案内を書いた、Apple Store 栄でおこなわれた、ポッドキャストのイベント、PCBC Summer Tour 2009 に参加した。

今回は、外国人のポッドキャスターとして、夫がゲストスピーカーで招待してもらっていることもあって、ワクワクした気分で、アップルストアーに到着。

英語のポッドキャスト番組、JapanTechTalk の日本語版のプレゼンも用意してあるし、主催者の足立さんが日本語で説明をしてくれるということで話は決まっているから、私の唯一のお仕事、「夫がプレゼンをする間だけ、後ろに立っていればいいをこなせばよいというだった。

「人前で話すのは、とっても苦手な私でも、”ただ立ってるだけ”なら問題ないや~って思って、お役を快く、お受けした。

そ・う・言・え・ば、、、

人前で上がってしまった最悪の思い出と言えば、自分の弟の 結婚式でのスピーチ時。結婚式の為に日本に一時帰国していたせいもあって、自分の日本語にすごぶる自信がなかった。自分の番が来て、みんなの前に立って話し始めた瞬間、緊張のあまり声がぶるぶる震え、自分がいっぱいいっぱいになった。その後、ほぼ呼吸困難に近い状態、、、という、悲し~い思い出、というより、どちらかというと情けない話である。

話はイベントに戻る。

足立さんのプレゼンは想像通り、彼の人柄にぴったりというか、明るく楽しいものだった。そして、デモが終わり、夫が紹介された。私はお約束通り、黒子のように夫の陰に隠れるつもりで、前に出ていった。

が、し・か・し、そこで

、、、、非常事態が起きた!

夫が英語でプレゼンをスタートしたとき、通訳をしてくれるはずの足立さんが、なんと、来客に対応中だったのである。

夫は、彼がすぐに通訳ができない状態だと察知し、いきなり後ろを振り向いて、私に通訳を頼んだ。

、、、なんでこうなるの?、、

頭が真っ白になる瞬間。

そんな私に対して、容赦なく人だかりは増えていく。

そして、私は、、、最後に、、、、、開き直った

いきなりマイクを握り、おもむろに通訳を始めた。

人だかりが増えていくにもかかわらず、

参加者の表情まで見る余裕さえあった。

なぜなのか、全く緊張しなかった。

頭の中では、ただ一言

任・務・執・行

それだけの文字しかなかった。

目の前にお客さんたちがいるのに、自分の感情をプライオリティーにはできないっ。

夫のプレゼンが終わるころ、足立さんがすぐ後ろに立ってくれていることに気が付き、切りのいいところでマイクのバトンタッチをした。

そして、ふと我にかえった。

こ・こ・は、、、Apple Store なんだってこと。私のような素人さんが、通訳をしててもよいのだろうか?と、、、

そんな事を考えている中、イベントは無事に終わった。

今思っても、これって、やっぱり

「火事場の力持ち」

なのかな?

ちなみに、PCBC Summer Tour 2009のツアーは、今後 11日に大阪の心斎橋、25日は東京の銀座でおこなわます。ぜひ、みなさん足を運んでみてください。楽しいですよ~!!!

<関連ブログ>

夏到来!Apple StoreでPCBC Summer Tour 2009 に参加しよう!

ツアー初日。あ〜楽しかった(笑)

PCBCサマーツアー2009 名古屋 栄 行ってきました

「はい、ロバートさんに50,000ポイント!

新旧文明

PCBC in Nagoya Sakae に関するレポートのリンク集

<関連Podcast 、ポッドキャストを楽しもう>

ECOポイントよりPCBCお友達ポイントを溜めるべし

手軽にポッドキャスト「AudioBoo」

PCBC6 を無事に終えた thin-p さん

Vol.041 行ってきましたPCBCサマーツアー2009

<PCBCのイベントをライブ録音したポッドキャスト>

ただ今、PCBC名古屋開催中

PCBC続き

新しいプロジェクトを考えていて、今、マインドマップを製作中。というか奮闘中。

その作業中、考え始めたのが、日本で成功しているビジネスモデルで、海外で展開可能なものとはどんなものか、、、?

自己資金がなければ、資金を出せる人に参加してもらえば、プロジェクトは可能になるし。う~ん、、、。といろいろ考えているうちに、Twitterフィードを作る流れになり、突然開始。

難しくはなくても、決してシンプルではなかったプロセス。

まず、Twitterfeedを作りたければ、オープンIDを作れと?言っている。 すでに、嫌気がさしてきたが、一つ一つこなそう。

指示どおりの作業を終え、普段使っていないヤフーのメルアドを使って、とりあえず、OPEN ID 完了。ふ~っ。

で、次のTwitterfeedに登録する作業を開始。

とりあえず、目的の http://なんとかなんとか.rrs  と書かれたフィードをコピペしたのに、いきなりエラー。何度やってもエラーがでたのでQ&Aで助けを求める。

FEED Validator っていうアプリを使って、フィードがValidかどうか調べる方法があると書いてある。

どんどん、気が遠くなる。

忍耐が勝負。なんとか調べてみた結果、有効なフィードだと書かれていた。

ってことは、Feed自体は悪くないけど、何かが違うらしい。全く解決方法もわからないけれど、Go back to basic. もう一度サイトに戻って調べてみる。

文章内にRRSフィードのボタンがあったので、プロパティーを調べてみた。そしたら、rrs.の後ろに、xml っていうやつがついていた。

xmlって?

ああ、またもや、深ーい、暗ーい世界へと連れて行かれた。でも、もう戻ってこれなくなりそうになったので、意味を把握するのはやめて、単純にそれを付け加えてみた。ナント、正解だった。作業が完了。

あ~ちかれた。

普段使わない脳を使ったので、体力をかなり消耗。

<ブログ内でのTwitter関連記事>
Twitterとコラボする洗濯機 -”終わったよ!”とつぶやいてくれる。
カリスマ美容家のIKKOさんがTwitterをはじめた。
Twitterを使った求人情報が見れるサイト、「TwitHire」

Twitter 名古屋のオフ会に参加

Twitter 世界初の広告実験を日本で開始&日本語版のローンチ

TwitterアカウントをEbayオークションで販売?

『Twubble』 TwitterでFollowingしてる人達は誰をフォローしてる?

採用者が語る、Twitterで採用活動をしてみたら、、、。

Twitterの日本語版!賛否両論。なぜ今更、デジタルガラージはTwitterに投資したのか?
TwitterからFacebookへのアップデイトが可能になりました。

☆○☆○☆○☆○☆

ちなみに、
私のTwitterアイコンもこれです。
気軽にフォローしてくださいませ!

年末スペシャル、、、、という雰囲気に包まれながらも、我が家で大掃除はなかなか始まらず、やっとギアのスイッチが入ったのがなんと、30日の午後。

本棚の整理整頓から始めた。が、これが、結構時間がかかった。それもそのはず。去年は、大晦日の夜に帰国したので、カウントダウンが精一杯。いつの間にかお正月になっていた。ということで2年分の人生の処理を行った。大掃除は翌日の31日、夜の11時半頃まで続いた。

iPhoneのアプリでカウントダウンをして、シャンペンを開けてお祝いをした。そして、そのまま酔ったままで東別院駅近くの東本願寺へ。除夜の鐘のためのラインに並ぶこと約1時間。やっと自分たちの順番がきた。住職の方が左右にいてサポートをしてくれながら、夫と私は二人で頑張ってみた。空振りにならないことを祈りながら、、、、。全て初めての経験のはずの夫が大活躍。結構いい感じで鐘がなった。冷えた体に〝甘酒″はゆっくりしみこんでいった。

焚き火の近くで手と体を暖めて、出店でフランクフルトを買って歩きながら食べた。なお、超早足で、、、。帰宅した時の時刻はすでにAM3時頃だった。

こんな風に、2009年が始まった。さてホントに今年はどんな年を迎えることになるのだろう。 楽しみだ!!!

今朝は、午前11時前に名古屋は栄に出向く。その時点で、約100名は並んでいた気がする。

それよりも驚いたのがマスコミの数。いろんな人にインタビューをしていた。

前夜一緒に並んでいた夫の友人は、書類が配られた時間帯に、席を外していたので栄店では受け付けてもらえなくなってしまった。が、しかし近くのソフトバンクの支店で、なんと11時前にすでに購入できたらしい。栄店の前ではまだ、みんなが並んでいるのに、、、、

さて、ようやく12時前になり、ソフトバンクのドアが開く。5番目に並んだ夫の通訳兼付き添い?として一緒に同行した。

契約にはおそらく約30分前後の時間を要したと思う。階段を下りて出て行ったら、マスコミのカメラのフラシュ攻めにあった。
夫は、ソフトバンクのお父さん役の前で写真を撮られたり、アイフォーンを手にカメラにズームしてくれとか、いろいろ頼まれていた。

その中で、東海テレビの担当の方に頼まれて、充電した後の使っているシーンを撮りたいということだった。栄のソフトバンクの広報の方に訪ねていたようだが、今日は店内で充電はお断りさせていただきます、、、。のような返事を受けて、場所を変えて、東海テレビの本社にて充電をしてビデオ撮影をすることになった。

まず、最初に充電するにしても、その時点から普通の携帯のようにシンプルではなかった。
パッケージの中に、充電に必要な器具が送付されていて、手渡されたたった1枚の日本語での説明書きをしっかり読まないと最初から戸惑う。

そして、iTuneも新しくノートにインストールすることに時間がかかった。その時点で私も、iphoneは携帯というより、新しいオペレーティングシステムと考えた方が納得できると感じた。すべてのプロセスが終わって、録画が始り、それも無事終了。タクシーで自宅まで送ってもらった。

ぐったりと疲れていたので、知らないうちに寝むってしまっていたようだ。6時からテレビで放映してもらっているのに、なんと、本人がそれを見過ごしてしまったのだ。

ああ、最悪。妹は”楽しかった”といっていたので、きっといい編集をしてくれたのだろう。
でも、それにしてもとても残念だ。

夫が東海テレビのスタッフに説明していた内容を聞きながら、私もいろいろと学んだ。

iphoneはただの携帯ではないと。今まで、日本の携帯の市場は国内だけでとどまっており、携帯用のアプリを作る、有能なメーカーも、海外に出ていけるチャンスが携帯キャリア―との関係上なかなか難しかったが、今回のiphoneの出現によって、端末メーカーが作るアプリが、世界に市場を持つことが可能になったからだ。

iphoneは、見た目はケータイで、携帯としての通話の機能+インターネットの機能がついているものではなく、実は電話のついたパソコンと考えた方がわかりやすいと思う。

ビックカメラでも、今はケータイ売り場で販売するが、今後はオーディオとかのエンターテイメントか、またはパソコンとかの売り場に置かれる可能性は高いとのことだった。

確かに、日本の携帯には重視されているワンセグやお財布機能はないが、インターネットを使う際のタッチパネルはスムーズだし、なによりも、キャリアと端末メーカーの関係に逆転現象が起こったことにより、江戸時代の幕末のような、日本の携帯の「鎖国時代」がやっと今、終わろうとしている。
<7・12付の追加、参考記事>
契約してわかった、iPhoneのさまざまな注意事項
iPhone

iPhone発売 名古屋でも行列 (動画)
iPhone 3G
7/11 <狂騒曲とケータイ大戦争> iPhone日本上陸の裏側

午後、10時過ぎに名古屋のソフトバンクへ到着。

まず、栄の6番出口で最初に見かけたのがガードマンのオジサン。入り口にももう一人ガードマンがいた。

夫の友人によると7時15分にチェックしたときはまだ誰も並んでいなかったらしい。おそらく、最初のラインができたのは7時半頃から。ラインは表の入り口から、左回りに並んでいる。11時の時点ではまだ10人くらいだった。

夫は東海テレビの人からインタビューを受けみたいだが、聞かれていることが分からなくて困ったようだが、、。

それから、10時半過ぎの時点で、確か表参道?だったかな?では既に800人くらい並んでるらしい、、。これは大変だっ。

私は夫に頼まれて物を届けるため、たまたまそこにいたというか、それに、なんといっても夜風がとても気持ちよかったので、今日の為に買ったばかりのアウトドア用の椅子の座り心地チェックというか、、、気持ちよく夕涼みをしていた。

が、これもあるカメラマン(ウーマン)の登場で一気に変わる。

写真を取らせてもらいます。といったまま、取られている人が嫌かどうかも全く気にせずに、右から左から何度も往復して写真を取りまくっていた。

と、同時にまた、通行人も動物園の動物を見るように、じろじろと私たちを見ていた。または、車で前をとてもゆっくりなスピードで通り過ぎていく車もいた。” 見せもんじゃね~!”と叫びたかった。

無事、お役目が終わって帰宅。あ、もう、11日になっている。今朝もまた、ソフトバンクまで行かないといけない。
あまり晴れてないことを祈る。

<追加、参考情報、記事>

PacificitのTweetsによると、12:35AMの時点で約30人くらいになったらしい。
iPhone争奪戦、早くも列 きょう正午から全国一斉発売

Next Page »