イベント


4月19日、バンクーバーのクイーンエリザベス劇場で、東日本大震災復興支援に向けて、BC日本地震支援基金(BC- JERF)主催のチャリティーコンサート「GANBARE JAPAN」が開催された。

カナダ西海岸の先住民スコーミッシュ族が登場し、『今日のコンサートの邪魔となりえる悪いもの、不運を取り払う』ための祈りをささげる歌と踊りを披露し、その後、1分間の黙とうの時間が持たれた。

150人以上の、バンクーバー出身の世界的に活躍するアーティストたちがボランディアでの出演した。それぞれのアーティストが、自分なり日本へのメッセージを込め、支援を込めた選曲で、ステージで音楽を披露した。

世界で一番活躍している、日系カナダ人の環境保護活動家、David Suzuki氏はビデオメッセージの中でも特に、「福島の原発を機に、今こそ日本を中心として原発の是非をもう一度考えるべきだと」と呼びかけた。

コンサートの最終は、地元から数々の太鼓グループのメンバーが集まり、日本人の魂を揺り動かすことができるほど、スバラしい太鼓音楽を披露してくれた。その迫力と勢いのまま、 先住民とコラボレーションで、太鼓とダンスのパフォーマンスも素晴らしかった。

コンサートのフィナーレとして、天井から桜のように折り鶴1万4,000羽が舞い降りてきて、会場は歓声と大きな拍手で包まれた。

司会者の一人、テツロウ・シゲマツは、現地の日系アジア人コメディアンとしてはかなり有名で、10年くらい前と比べるとかなり落ち着いていたので、ビックリした。当時は、彼も若さという勢いがあって、大人の辛口ネタを得意としていたので私は苦手だった。しかし、月日が流れ、このような素晴らしいイベントの司会者に選ばれるほどに、変わっていたのであった。

公演の責任者は、ドキュメンターリーフィルムディレクターとして有名な、日系カナダ人のLinda Ohamaさん。以前、ブログでも紹介したこともあり、一度、プライベートでお会いしたことがある。キツラノのカフェでお茶をしながら彼女の人生のビジョンや私の日系カナダ人としての歩んできたストーリーを話し合った。彼女は、無を有にする力を備えた人であり、他人を知らないうちに、彼女の夢に惹きつけることができる能力を備えた人だった。つい、応援したくなるというか、なんとも素敵な女性でした!

<関係記事>

Ganbare Japan! Enchants, Rocks, and Rolls the Queen Elizabeth Theatre Ganbare Japan!コンサート劇場を沸かせそして観客を魅了した
バンクーバーで慈善コンサート「がんばれ日本!」-アーティスト150人以上が集結
バンクーバーで日本支援慈善コンサート「頑張れ日本!」開催へ

今日の午後、夫とバンクーバー室内合唱団、Vancouver Chamber Choirの40周年記念のツアーコンサートに行ってきた。

コンサート会場は、キツラノのRyerson United Church

住宅街のなかに溶け込んでいる。厳かさを感じさせる、この教会は今年で創立100年になるという。歴史を感じさせる建物だ。

中に入ると、ステンドガラスの一枚、一枚にイエスキリストの生涯が描かれている。

最初の曲は、Youth Choirのコーラスから始まった。将来有望な若者たちの歌声を聞かせてももらった。

その後も、美しい歌声が奏でる音楽に聞き入った。

そして、私の頭に浮かんだイメージは、たった今、被災地で、この歌声が流れているものだった。説明はできないが、不思議な感覚だった。そんな思いと同時に、コンダクターのキャラクターが素晴らしかった!厳粛なタイプ?と思いきや、何世紀も前の音楽を、簡単に、なおかつ面白く説明してくれた。

そして、Intermission (休憩)のあと、コーラスのメンバーが長いす座席の右側、左側、舞台と3箇所に並び立ち、1曲、歌を歌った。会場が臨場感にあふれ、天国ってこんな感じなのかな?天使の歌声ってこんなのかもしれないと思った。

その後、突然、プログラムにはないが、コンダクターのJon Washburn氏が東北地方太平洋沖地震について、東京の姉妹合唱団のこと、そして、なによりも、彼の日本での個人的な体験を話してくれた。

それは、彼が電車で乗り継ぎをしようとしたときだった。案内をみてもよく分からず困っていたところ、一人の男性がグループから離れて、「May I help you …?」と声をかけたらしい。Jon氏は、「でも君の電車が行ってしまう、、、」と答えたら、その彼は「大丈夫。僕は次の電車に乗るから、、、」と言って、彼のことを助けてくれたらしい。それが、Jon氏の出会った日本人だった。
そして、その後、敬意を込めて、日本の代表的な歌、「赤とんぼ」を日本語で歌ってくれた。もちろん、彼は私の存在など知る由もなし、、、。彼らの日本への暖かい思いに、感謝の思いでいっぱいになり、涙があふれ出した。

後に、東北地方太平洋沖地震に向けてチャリティーコンサートの準備もしていると聞いた。

誰も知らないところでこうやって、日本の為に何かをしている人たちがいる!!!

チケットを譲ってくれた早苗さん&Vancouver Chamber Choirの皆様に心から感謝しつつ、、、

◆ ボランティアに興味がある人は、604-738-6822、もしくは、 info@vancouverchamberchoir.com まで直接連絡をどうぞ!

◆「YOUTH TICKET PROGRAM
YOUTH、またはSTUDENTは、シーズンコンサートの会場へ、1時間前に行き、rush tickets というのを$10ドルで購入できるとパンフレットに書かれていた。26歳以下だと普通のID、26歳以上の学生(年齢制限なし)はStudent IDを提示する必要がある。詳細は、問い合わせて確認要。

日系カナダ人』という言葉を耳にしたことがありますか?

日本では、あまり聞きなれない言葉ですよね。

それが、カナダでは違うんです。誰もが知っている言葉なのです。

カナダの公立学校では、Social Studyの一環として、カナダ政府が世界第二次大戦、真珠湾攻撃の直後、日系人を敵国人として恐れ、彼らの財産を全て没収し、短時間でトランクに入るだけの小荷物だけを持って、BC州の内陸へと強制的に移動させられ、戦争が終わるまで収容所キャンプで生活を強いられたという事実を、歴史として学んでいるのです。

日本人に関わる事実をカナダ人が知っていて、日本人が知らないのっていうのはどうなんでしょうか?

情報があまりない理由のひとつに、戦後、私の父(日系カナダ人3世)を含め、彼の家族のように、ほぼ強制に近い形で日本に送還された日系カナダ人の人口は約2万人くらいだったそうです。在日韓国人、中国人、日系ブラジル人などの人口に比べるとかなり低いので、マイノリティーということもあって、情報としては限られいるのだと思います。

そして、このパウエル・フェスティバルは、カナダに残った日系人たちがずっと支えてきたもので、私もできるだけ毎年、参加するようにしています。

日本人としては当たり前のこと、たこやき食べて、かき氷食べて、浴衣姿の人たちをバンクーバー近郊で見ることができるのは、唯一、この週末だけだとも言えるのです。

いろんな人たちが、いろんな思いを持ちつつ、なんとか続けてきたフェスティバル。

これからも、ずっと続いていってほしいです。

私と夫の知り合いに、バンクーバーの地元で起業家の間、イベント業界ではかなり有名な、中国系カナダ人女性企業家のアリスさんという女性がいる。

彼女は、当時イベント会社を経営しており、ソーシャル、ビジネスのイベントを何度も企画し、成功させてきた。彼女の選ぶイベント開催地は、いつもお洒落なレストランやバーが多い。参加するたびに新しいお店を紹介してくれるので、いつもワクワクした。

そして、今回は、彼女の新しい勤め先となるAltitude Recruiting 社主催のパーティに、私たちを招待してくれた。

初めて会った当時の彼女は、大学を卒業したばかりで、夢いっぱいの女性起業家だった。どちからといえば幼さを残していたイメージが強かったが、今回会った時はとても大人っぽい印象で、綺麗な女性へと変わっていた。

会場となった場所は、デイビーストリート近くにある、Jupiter Café というダウンタウンのバーで貸し切りで行われた。

ピアノ演奏のライブあり、カジノありで、エンターテイメント面は充実していた。それだけでなく、食べ物もピリ辛のチキンフライ、チーズの盛り合わせ、フルーツバスケット、なにかとおいしかった。

そこで、食べてるだけではいけないと、以前ブログでも紹介したDress for Success という現地の組織がそのイベントのスポンサーとなってブースを出していたので、軽い気持ちで挨拶にいった。そこで、担当の人といろいろ話しているうちに、その組織が運営する別のプログラム、働く女性のキャリアをサポートするプログラムに興味があったら参加してみないかと誘ってもらった。

ネットワーキングは、とても得意とはいえない。が、しかし今回は、自らアプローチした結果、次の道へと導かれていった。というのは、これもまたすごいタイミングでそのプログラムは年に2回しかなくて、タイミングをはずせばずっと知らないままだった可能性のほうが高かったからだ。

ほんの少しの勇気と行動が、次のステップ、大きなネットワークへの道につながっていくことは可能なのだ。

バンクーバーでは恒例のイベント、リッチモンドで開催される、サマー・ナイト・マーケットの季節となりました。

毎年、夏になるたびに必ず、数回はおとずれるこの夜店。金、土、日の夜の7時から真夜中前後まで、人だかりでとてもにぎわっている。

3年ぶりに訪れてみて変わったと感じたのは、以前はブースの大半がチャイニーズ関係の輸入グッズ、コンピュータ関連のアクセサリーが多かったのに比べ、今回はいろんなエスニックのギフト系の商品へと変わっていた。それに何といってもiPhone関係のアクセサリーが多く、1/3くらいを占めていた。

フードエリアは、基本的にはあまり変わっていなかった。ただ、そんな中で見つけた、斬新なアイデアのビジネスモデルを紹介したい。

それは、、、、インスタントヌードルをその場で調理してくれて安価で提供するというサービス。

他のブースより値段が抜群に安いから、ボリュームで売れば、成功するのは間違いないだろう。

ビジネスは、なんといってもアイデアが大切。

こうして、今日も新しい起業家が生まれ、面白いアイデアがこんな風に生まれている。

Next Page »