“What is the No. 1 selling duo in music history?”

そうなんです。60年代のスパースター、サイモン&ガーファンクルでもなく、、、70年代から音楽活動を始めた、ホール&オーツなのです。

なんといっても、80年代に爆発的にヒット曲を生みだした、Daryl Hall and John Oatesのライブを聞くのは今回が初めてだったので、かなり興奮気味。会社も早退して心待ちにしていたイベント。

9月3日、バンクーバーのPNE (Pacific National Exhibitionの略)で薄暗くなった8時頃過ぎにコンサートが開始された。

Out of Touch, Private Eyes, Family Man, Kiss on my list、、、私の大好きな曲をしっかり歌ってくれ、大満足。

実は、このコンサートの情報も夫が教えてくれたもの。同じ世代だからこそ、違う国で育っていても、趣味が違ったとしても、その時代に流行っていた音楽だから、それぞれ曲に対する思いがあり、、、、

当時から20年以上たっているが、素晴らしいものはいつまでたっても素晴らしい!ずっとこのまま音楽活動を続けてほしいと思う。

何曲か会場で大合唱となり、声を出して歌っている周りの人混みをみると、、、うーん。確かに中年の人ばっかり。っていうか、私もそうか?(笑)

ひとつ、ネガティブだったのは、すぐそばにいた高校生くらいの女の子がすごくつまらなさそうに彼氏に文句ばっかり言っていて(彼氏も彼女と同世代だったが、彼はかなりのファンのよう)周りの人を無視し続けていたこと。そんなにつまらないんだったらそこから出ていけばいいのに!後ろから蹴り飛ばしたいほどの怒りを感じたが、、、、ライブという貴重な体験を無駄にしたくないので、舞台にフォーカスするよう試みた。

音楽には好みがあるが、他人も自分と同様尊重するよう育てれらているはずの北米でも、他人の気分を害する行動しか取れないティーンが増えているのは間違いない。とても残念なことだ、、、。

古いとか言われても、しったこっちゃない。彼らの歌は、私の中で永遠に『大好きな歌』として残っていくことは間違いない、、、

Advertisements