4月19日、バンクーバーのクイーンエリザベス劇場で、東日本大震災復興支援に向けて、BC日本地震支援基金(BC- JERF)主催のチャリティーコンサート「GANBARE JAPAN」が開催された。

カナダ西海岸の先住民スコーミッシュ族が登場し、『今日のコンサートの邪魔となりえる悪いもの、不運を取り払う』ための祈りをささげる歌と踊りを披露し、その後、1分間の黙とうの時間が持たれた。

150人以上の、バンクーバー出身の世界的に活躍するアーティストたちがボランディアでの出演した。それぞれのアーティストが、自分なり日本へのメッセージを込め、支援を込めた選曲で、ステージで音楽を披露した。

世界で一番活躍している、日系カナダ人の環境保護活動家、David Suzuki氏はビデオメッセージの中でも特に、「福島の原発を機に、今こそ日本を中心として原発の是非をもう一度考えるべきだと」と呼びかけた。

コンサートの最終は、地元から数々の太鼓グループのメンバーが集まり、日本人の魂を揺り動かすことができるほど、スバラしい太鼓音楽を披露してくれた。その迫力と勢いのまま、 先住民とコラボレーションで、太鼓とダンスのパフォーマンスも素晴らしかった。

コンサートのフィナーレとして、天井から桜のように折り鶴1万4,000羽が舞い降りてきて、会場は歓声と大きな拍手で包まれた。

司会者の一人、テツロウ・シゲマツは、現地の日系アジア人コメディアンとしてはかなり有名で、10年くらい前と比べるとかなり落ち着いていたので、ビックリした。当時は、彼も若さという勢いがあって、大人の辛口ネタを得意としていたので私は苦手だった。しかし、月日が流れ、このような素晴らしいイベントの司会者に選ばれるほどに、変わっていたのであった。

公演の責任者は、ドキュメンターリーフィルムディレクターとして有名な、日系カナダ人のLinda Ohamaさん。以前、ブログでも紹介したこともあり、一度、プライベートでお会いしたことがある。キツラノのカフェでお茶をしながら彼女の人生のビジョンや私の日系カナダ人としての歩んできたストーリーを話し合った。彼女は、無を有にする力を備えた人であり、他人を知らないうちに、彼女の夢に惹きつけることができる能力を備えた人だった。つい、応援したくなるというか、なんとも素敵な女性でした!

<関係記事>

Ganbare Japan! Enchants, Rocks, and Rolls the Queen Elizabeth Theatre Ganbare Japan!コンサート劇場を沸かせそして観客を魅了した
バンクーバーで慈善コンサート「がんばれ日本!」-アーティスト150人以上が集結
バンクーバーで日本支援慈善コンサート「頑張れ日本!」開催へ