今日の午後、夫とバンクーバー室内合唱団、Vancouver Chamber Choirの40周年記念のツアーコンサートに行ってきた。

コンサート会場は、キツラノのRyerson United Church

住宅街のなかに溶け込んでいる。厳かさを感じさせる、この教会は今年で創立100年になるという。歴史を感じさせる建物だ。

中に入ると、ステンドガラスの一枚、一枚にイエスキリストの生涯が描かれている。

最初の曲は、Youth Choirのコーラスから始まった。将来有望な若者たちの歌声を聞かせてももらった。

その後も、美しい歌声が奏でる音楽に聞き入った。

そして、私の頭に浮かんだイメージは、たった今、被災地で、この歌声が流れているものだった。説明はできないが、不思議な感覚だった。そんな思いと同時に、コンダクターのキャラクターが素晴らしかった!厳粛なタイプ?と思いきや、何世紀も前の音楽を、簡単に、なおかつ面白く説明してくれた。

そして、Intermission (休憩)のあと、コーラスのメンバーが長いす座席の右側、左側、舞台と3箇所に並び立ち、1曲、歌を歌った。会場が臨場感にあふれ、天国ってこんな感じなのかな?天使の歌声ってこんなのかもしれないと思った。

その後、突然、プログラムにはないが、コンダクターのJon Washburn氏が東北地方太平洋沖地震について、東京の姉妹合唱団のこと、そして、なによりも、彼の日本での個人的な体験を話してくれた。

それは、彼が電車で乗り継ぎをしようとしたときだった。案内をみてもよく分からず困っていたところ、一人の男性がグループから離れて、「May I help you …?」と声をかけたらしい。Jon氏は、「でも君の電車が行ってしまう、、、」と答えたら、その彼は「大丈夫。僕は次の電車に乗るから、、、」と言って、彼のことを助けてくれたらしい。それが、Jon氏の出会った日本人だった。
そして、その後、敬意を込めて、日本の代表的な歌、「赤とんぼ」を日本語で歌ってくれた。もちろん、彼は私の存在など知る由もなし、、、。彼らの日本への暖かい思いに、感謝の思いでいっぱいになり、涙があふれ出した。

後に、東北地方太平洋沖地震に向けてチャリティーコンサートの準備もしていると聞いた。

誰も知らないところでこうやって、日本の為に何かをしている人たちがいる!!!

チケットを譲ってくれた早苗さん&Vancouver Chamber Choirの皆様に心から感謝しつつ、、、

◆ ボランティアに興味がある人は、604-738-6822、もしくは、 info@vancouverchamberchoir.com まで直接連絡をどうぞ!

◆「YOUTH TICKET PROGRAM
YOUTH、またはSTUDENTは、シーズンコンサートの会場へ、1時間前に行き、rush tickets というのを$10ドルで購入できるとパンフレットに書かれていた。26歳以下だと普通のID、26歳以上の学生(年齢制限なし)はStudent IDを提示する必要がある。詳細は、問い合わせて確認要。