<唐津さんのサクセスストーリー>

2008年に大学を卒業し、東京の人材紹介会社に就職した唐津さん。しかし、その
会社の業績が急に悪化し、わずか1年で退職を余儀なくされた。

再就職先を探してみたが、当時はリーマンショックの直後。採用してくれる企業は見
つからなかった。

「日本で仕事がないなら、海外で経験を積んでみよう」と決意した、唐津さん。知人
を頼ってベトナムに渡った。

1年半前から現在の会社で働いていて、現地企業や日系企業などへの営業や、研修の企画などを担当しているが、当初はベトナム語はもちろん、英語も話せなかった。それでも、現地の人と接するうちに実感したのは、「日本に対する憧れが強いベトナムでは、日本人というだけで必要としてもらえる」ということだった。

特別なスキルがなくても、思い切って飛び込めばチャンスがある――。

『求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。』

勇気をだして最初の一歩を踏み出す。

そのあとにしか開かれない道がある。


<参考記事>

リストラ経験若者 就職海外も道あり