日本経済新聞 国際大学、企業と連携 グローバル人材育成の記事を読んで、日本にもこんな国際環境の大学院があったことを発見!日本のグローバル人材育成のためにも頑張っているようだ!

<記事から抜粋>

この大学、国際大学(大学院)では、授業や演習はすべて英語で行われおり、グローバル人材育成のために、大手企業、オリックス、花王、住友商事、武田薬品工業、パナソニック、その他と提携し、40歳前後の部課長や幹部候補生らを対象に、今夏にから、1~2週間の「エグゼクティブ・プログラム」スタートする。企 業の要望に応じた独自プログラムも立案、実施する。世界108カ国に及ぶ卒業生の人脈を活用し、企業が進出したい国での人材採用も支援する。

さて、その国際大学って?

日本で最初の授業を全ての英語で行うプロフェッショナルスクール。

★日本の経済界と教育界の支援のもとに1982年に設立され、世界中からの学生に門戸を開き、共に切磋琢磨できるために設立。

900社以上の企業から財政的支援を受けて運営されている。特に、開発途上国からの留学生が非常に多く、欧米の大学院と比較して、学生にとって有益な特徴を持っている。

ソーシャルミディア、ライブチャットなどの有効利用 - FACEBOOK, LINKEDIN, キャリアーコーチ、卒業生のネットワーク担当によるTWITTER、カウンセラーとのONLINE CHAT

留学生、生徒の体験談あり 修了生プロフィール・メッセージや、学生プロフィール・メッセージ

、、、学校の設立背景、企業との提携、発展途上国を含めた国際的な教育環境の提供、ソーシャルメディアの活用など、成功のカギとなる要素がいっぱい詰まっているウェブサイト。

メルマガには留学生からのメッセージもあり、久しぶりにメルマガを登録してしまった。(笑)特に、発展途上国からの留学生の国際観、日本についてどんなことを感じているのかなどに興味をもった。今の私には触れるチャンスがあまりないないので、良い刺激、知識になっていくことは間違いない。