2月6日 AFPの記事によると、カナダでは移民は「機会」のひとつと考えられているが、それにたいし、英国や米国、スペインでは移民を「問題」ととらえている人が多いこと明らかになった。


フランス
では移民に対して否定的な意見を持つ人が急増した。


移民
犯罪を増加させると考える人

フランスでは、2009年25%以下、2010年には40%と急増した。


移民を「機会」であるよりは「問題」であると考える人

英国で66%以上
米国 スペインで50%以上に上った。


しかし一方で、移民たちが社会に 適応できていると考える人の割合も人


米国で59%、スペインでは54%と半数以上に上った。

また、英仏独ではおよそ40%、オランダ、イタリアではわずか36%ほどだった。


一方、移民らが社会に適応できていると考える人

カナダでは、およそ60%で、移民を「機会」と考える人の方が多く、移民を「問題」とみる人はわずか27%だった。


また、移民が社会に適応するための方法としては

ドイツでは言語の習得が重要と考えられ、

オランダでは言語と文化

イタリア、スペイン、フランスでは政治制度と法の尊重が最も重要だと考えられていた。


<参照調査リンク>
欧米世論の移民問題に対する意識を調べる「欧米トレンド:移民(Transatlantic Trends: Immigration

<参考記事>
移民は「問題」、欧米世論調査