8月2日。曇りのち晴れ。この日は、夫の家族と一緒にGolden Ears Provincial Parkへと出かけた。

バンクーバー市内から約1時間弱の所に位置し、車でしかいけないこともあって観光客にはあまり知られていない、ホットスポット。

ただし、現地ではあまりに人気がありすぎて、着いた途端、BBQの煙、子どもの笑い声がバックグラウンドに響く、、、

人気を避けてできるだけ静かなスポットを見つけ、そこでランチを食べた。食後の運動に近くの小道へと散策に出かけた。

そして、その先で出店らしきものを発見。

ここが日本だったら、もっと他にもショップがありそうだが、ここにはたった1件だけ。それも、食べ物の売店ではなく、ボート、カヌーのレンタルショップ。冷たい飲み物、アイスがかろうじてあるくらい。こうなると、食後のコーヒーを楽しみたかったら、持参するしかない。もう少し、商売気のあってもよい気がする。

湖沿いをもっと進むとボートの乗り降り場がある。そこでは、トラックや4駆の車が水際で、リズミカルにボートの乗り降ろしている。驚いたことに、一人ひとり、暗黙のルールみたいなものをしっかり守っているので、警備員がいなくても、アクシデントもないようだ。

そして、湖の水の温度はどうだろう?私にはとても冷たくてダメ。だけど、カナダ人は我慢したら泳げると言うのだ。無理無理。

さて、私にとっての一番のハイライトと言えば、、、、もちろん、ランチ後に木陰でまったしながら、お昼寝をしたことにま違いない。