YWCAの就活の授業で、インストラクターから、Dress for SuccessというNPO団体が、バンクーバーでプロフェショナル・ウーメンズ・グループ・プログラムを提供していて、とても素晴らしいNPOだから、このサービスを一人でも多くの人に利用して欲しいと強く勧められた。

女性の自立と就職を助け、キャリアアップの相談、サポート、または就職面接の際のスーツを無償で提供するなど、いろいろなサービスを提供しているとのこと。

全てがドネーションなどによって運営されているため、提供されているものの品質が実際にどんなものなのかを確かめたくて、気に入らなかったらそのまま帰ってもいいとのことだったので、その提案を受け入れてみることにした。Nothing to lose!!!

実際に、その団体のオフィスについて、プロフェショナルな対応を受けた時、私のその考えは全く違っていたことに気がついた。入荷したばかりの新品のも多数提供していたようだ。

私のトータル・コーディネーションをしてくれた女性は、リタイヤーする前は大会社の人事部に勤めていたらしい。年を取っていたので少し心配だったけれど、その女性のコーディネーとしてくれた組み合わせはとてもお洒落で、ビックリした。それ以外に、化粧品、アクセ、靴、カバンまで、移民で求職中の女性というだけで、サービスの対象になるなんて、さすが北米は購買欲の高い国、買ったけれど一度も着なかった服などを、社会貢献の為にガンバっているNPOに寄付する確率は、かなり高めなのだ。

日本から帰国して、結婚前に着ていたスーツがどれ一つも着れなくなっていた私にとっては、嬉しいギフトだったことには間違いない。

インターナショナルな組織なので、海外に住んでいる人は自分の住んでいるエリアでも、このNPOが活動をしているかもしれない。興味があったらウェブや、ソーシャルメディアでチェックしてみるべき!

Advertisements