ユニクロから販売されている、「HEATTECH」シリーズ。

数年ぶりにカナダに帰国し、今年の冬は極寒の地、カナダのアルバータ州、エドモントンで過ごすことになった

こともあって、「世界の冬を変える」とうたっている、日本のテクノロジーを試したく、帰国前に購入した。

さすが、グローバルカンパニー のユニクロ、世界の冬とは、言いきってしまえる、、、。

さて、現地、マイナス20度平均の極寒の地で、実際に試着をしてみた。

家の中だと確かに、ヒートテックの靴下やシャツは保温性がある。がしかし、残念ながら、どんなに素晴らしい

テクノロジーでも、-10度を超えると話にならなかった。

ただし、7つの機能は、しっかり果たしていたし、肌触りも、すごくいい、、、

ちなみに、コブスオンラインのニュースに、「ヒートテック系の商品、(3種類) を比べ特集」

があったので、その情報も、ここでまとめてみた。

「家で作業をしているとき」・「おでかけ」・「寝るとき」の3パターンに分けて着くらべ

ユニクロの ヒートテック

体が冷えている状態から、少し汗ばむことで生地が発熱し、今度は体を温めるヒートテックは
スポーツや散歩などよりは、ちょっとお買い物、という外出向け。

イーオンの ヒートファクト

一方、ヒートファクトは、体にこもっている熱を内側に閉じ込めるので、
じっとしている作業の人向け。

ライトオンのエクストラサーモ

そして、暖かさは劣るものの、着ている感が少ないエクストラサーモは就寝時向け。

他の二つも、欲しくなってしまった。Care Package (家族からの小包)で、送ってほしかったりして (笑)

さてさて、現地のバンクーバーは、オリンピックも秒読み中、、、

ちなみに、オリンピック選手でも、ヒートテックを使っている人っているんだろうな~。