2009年、カルガリー最後の日。

噂に聞いていた、カルガリー近郊の新しいアウトレットモール、

CrossIron Millsに行って来た。

ハイウェイに乗れば、叔父の家から約30分くらいで行ける距離。

正門入口から入ると、いきなりファイヤープレイスがお出迎え。

暖炉”に見立てた、ファイヤーが飾られていた。

見た目はちょっと、、、、でも、雪が解けない極寒の地で、

のイメージでお出迎えするとは、よい戦略。

フェイクと分かっていても、なぜか少しあったかい気持ちになる私。

そして12月という季節柄、このモールではほとんどの入口に、パターンの違うツリーが飾られていた。

例えば、、、

ナットクラッカー編、キャンディーケーン編、ナットクラッカー編、キャンディーケーン編、

ブルークリスマス編、ピンククリスマス編

そして、モールの中には、その後もいろんなオブジェが飾ってあった。

一番ドキッとしたオブジェは、これっ。

通路のド真ん中にあり、私たちの視線は、一気に釘づけ。

近くで見るとかなり迫力あり。

周りの氷もかなり本物っぽい。

原始時代の男性が、

氷河期に取り残されたような、、、

が、しかしその片手はしっかりと何かが、、

これって、ティムホートンのコーヒーマグかい?(笑)

天井にも、いろいろなテーマごとにデコレーションされていた。

オリンピックだったり、折り鶴だったり、、、、

カヌーのデコもあったが規模が大きすぎて、

写真にはうまくおさまらなかった。

ショップには、専門店など、

セレクトショップがいっぱい並んでいた。

例えばアイスホッケーファンにはたまらない?

専門グッズショップとか、、、

そして、お待ちかねのフードコートへ。

とはいっても、最近のフードコートは単価が高くなった割に、

味がおいしくなったわけでもないから、割高感を感じる。

そんな私の期待を大きく裏切ったメニュー発見。

安くて、ボリュームがあって、なおかつおいしい」という。おいしさ三兄弟!!!

それは、ギリシア系のファーストフード店にある

ローストチキンディナーセット」だったと思う。

チキンとベイグドポテトにライスとサラダのセットメニュー。

ああ、ほんとにおいしかったあ~。

いろんな意味で、好奇心をそそったモールだったが、

その中でも、一番気に入ったというか印象的だったのは、

フードコートに飾ってあった、ゴールドの看板に黄金の”言葉”。

May all your dreams are big and

your paths be happy trails.

あなたの夢は大きくて、それに向かう道のりも幸せなものでありますように!

聖書の言葉にも、「幻なき民は滅びる」という個所がある。
この幻というのは、ビジョンとも言えるし、夢とも言える、、
人は、志をもって、進むべき道が見つからなければ、滅びてしまう、、、。
精神がさまよえば、体も生きることができなくなる、、、


さあ、この言葉を胸に、2010年も前に進もう!

アルバータが私を呼んでいる、、、。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

人気ブログランキングへ