最近、やたらいろんなところで、聞くようになったTwitter。特に、ワールド・ビジネスサテライトで特集を放映されてからは、かなりの勢いでユーザー登録数の増加、話題も以前よりずっと増えた気がする。

放映された特集のリンク先はこちら “つぶやき”が生む 新ビジネスとは

私の場合、『がんばる外国人、起業家』というID名で、顔写真のプロファイルも出している。それに、好きなことを好きな時に、好きなようにつぶやいているだけなので、誰とも絡む?わけでもないこともあって、2年前に始めた、アーリーアダプター?(早期導入者)の割には、秘やかな活動をしていると思う。楽しくてハマってしまっただけだった。やっぱりオタクなんだろか???

Twitterでつながっている人は、どっちかっていうと距離的にも遠いというか、名古屋近郊というより関東地域に住んでいる方が多く、もし会ってみたい人がいたとしても、そう簡単には実現できなかったので、『Twitterのつながりで人と逢う』という発想がなかった。

でも最近、その考え方を少し変えてみることにした。

例え、実際に会ったことがない人であったとしても、Twitterからつながりが始まってもいいのではないかと、、、

もちろん、公衆で会うわけだし、その人のつぶやきを注意深くフォローしていれば、おおまかな感覚でその人の人間性というか、興味とか関心とかが分かってくるので、それで自分と考え方に共通点がある、趣味、興味が同じなど、目的を明確にして合うのは全然平気だと思う。

、、、てなことで、昨年のTwitterのオフ会に参加して以来、初めてIn Person (直接)でお会いすることに決めた。で、その相手はyoidoreSkknさんという方。詳細をみると、『名古屋』と『東京』を行き来されている方らしく、ちなみに、そこには載っていなかったが、名古屋では「名古屋でプチ・セレブの会」の広報も担当されているとのことだった。そして、普段、どちらかというと思い込みの激しい?私は、プチセレブ=女性にちがいない!、、、、彼女ではなく、彼をお茶にお誘いした。、、(笑)

どちらにしろ、『名古屋で何かを始めよう!』という心意気が気にいったし、何かとアクティブな活動をされているという感じがついったーのつぶやきから充満していたので、性別はどうでもいいことになった。(、、、、とは言っても、夫はちょっと心配気味だったが、私の”人を見る目を信じてよ”!といって納得させせみた。)、、。そして、”大須のスタバ”で待ち合わせし、お茶をした。

自己紹介をしてみると、、、、な・ん・と、yoidoreSkknさんは、同じ三重県出身の方で、(急に親近感アップ)なおかつ、彼は若いころ?、東京の商社でバンバンとxx億とかいう大きな取引をされており、XXXヒルズ族の一人だったようだ。今は、とても落ち着いた大人のビジネスマンに見えるので、そんな激しい感じが想像できない、、、。

今は、三重県で工場を経営しながら、国内で100社以上の会社へのコンサルタントサービスを提供されているようだ。いろいろな経験と、多才な能力をお持ちの方である。

そこで、私たちも体験したことだが、やはり彼のクライアントも東京が多いらしい。というのは、コンサルタント業をする場合、同じサービスを提供しても、東京の企業の場合、訪問する時点で、すでにクライアントの方が彼の提供するサービスの内容を把握しているケースが多く、一から十まで説明しなくてもく、契約に結びつくスピードが速い。それに比べ、東海地方で同じサービスを提供する場合、教育の部分から始めないといけないケースの方が多く、そうなると地元でやっていくには、忍耐力と時間、より多くの資本力が必要となる。

例え、経験豊富で、確実に売り上げを伸ばしてくれる方法を親身にアドバイスしてくれるコンサルタントがすぐそばにいるにもかかわらず、経営者がそのサービスの意味に気がつかないと、知識と才能はは外へでていくしかなく、地方での内需拡大ができなくなってしまう。なんともったいないことである。

例えば、全国展開の方向で販路の拡大を考えたとき、目に見えないものにはお金をかけないという名古屋体質と、目の見えないものの力を理解している東京の企業と比べれば、どうしても歴然の差が出てしまう。スタート地点の位置が違うので、どうしよううもないのかもしれない。

それと、話は変わって、、、名古屋近郊にお住まいの三重県出身の方へ。

yoidoreSkkn さんによれば、名古屋でも定期的に『三重県人会?』というのを開催しているようです。
三重県の幸を魚にして酒を飲む会?みたいな感じだそうです。

興味ある方は、彼のTwiterにダイレクトメールをどうぞ!