先週の、日曜日の午後、丸の内の『丸の内カフェ』にて行われた、「名古屋では、希少で貴重」なマーケティングのセミナーに参加しました。

マーケティングは『売上げ』とても深くかかわっており、マーケティングなしてセールスは語れない?くらいの関係だと思うのです。

私もカナダのインテリア、不動産業界で働いていた時、仕事の一部としてマーケティングにもしっかり携わっておりました。季節ごとのキャンペーンを考えたり、製作面でも、会社のパンフレットの表紙のデザインしたり、ちらし、新聞広告、ニュースレター、メルマガ、展示ショー用のディスプレイの注文など、、、デザイナーさん、広告会社や新聞会社の担当との打ち合わせとか、ちょっと懐かしいなっ。

F1000019
マーケティングセミナーの講師は、JIBEのイベントでも通訳、マーケッティングを担当してくれている、週末起業家の理央 周さん。

理央さんは、MBAホルダーの、現役マーケッター。、、、学歴、職歴もすばらしい。でも、それ以上に印象的なのが、人柄の良さ。英語は、”Down to earth” という言葉がピッタリな、本当に腰の低い方で、相手を分け隔てすることなく、忍耐強く、相手を立てて話し方をされる理央さんに、聞き入ってしまいました。(笑)

セミナーに参加された方々は起業家の方、または週末起業家の方がほとんどで、マーケティングに対する知識は、かなり詳しい方からビギナーの方まで、千差万別だったと思います。その中でも、東海地方の女性限定グループ、ビタ☆ショコメンバーの方、まりあさん、丸カフェ子さん、マダム直美さんなどとお会いすることができて、ビタショコのパワーを感じました。(笑)

モノづくりの街、名古屋。モノをつくること、その技術へのこだわりが東海地方を今まで支えて来たこの街だからこそ、良い面、同時に悪い面もあると思います。戦後、私のたちの両親の時代は、日本の経済を復興させるためにみんなが一丸となって必死に働き、それによって日本の経済的発展を大きく支えてきたのだと思います。戦後60年もたった今、その働くスタイルは変わり、今はモノを作ったら売れる時代ではなくなってしまいました。

2009年、今の時代、せっかく良い製品を作っても、素晴らしいサービスを提供できたとしても、その売り方、PRの仕方をしらないと、受注までにかなりの時間がかかったり、人の紹介だけに頼るのも限界があり、、、。

利益を上げる方法が、今の方法以外に必ずあるはずなんだけど、、、

、、、そっ、それが、『マーケティング』なのです。

理央さんは、マーケティングの専門家なので、初心者から上級者までいろんな方へのコンサルティングができるプロです。その噂ははるか遠くまで伝わっているようで、このセミナーには、県外からの参加者もありました。一番遠くから来られた方は、滋賀県からだったと思います。

マーケッティングを定義から学ぶのなら、つまらないと思われるかもしれませんが、上手にマーケティングを取り込めたなら、今よりももっと、『確実に売り上げが上がる』と分かっていたら、勉強したくなりますよね。

勉強すればするほど、面白い、ドンドン夢中になっていく、奥の深~いマーケティング。

名古屋の社長さん!

マーケッティングを知るということは、磨かれていないダイヤをピカピカにさせる道具を手に入れると言うこと。
素晴らしい物が、いつまでも原石のような扱われ方をしていてはいけません。

もったいない~!(笑)

商売をもっと、もっと繁盛させましょう!