もう、紙じゃないんです。

テレビ東京、「ワールドビジネスサテライト」のトレたまでも紹介された、「POKEN」は、スイス生まれ。欧州で大ブレイクし、日本で発売が開始されたばかりのプロフィール交換ツール。

その、話題の、大人のソーシャル名刺ガジェットをついに、ゲット!ちなみに、

AMAZON JAPAN ではすでに在庫薄になってしまっていたGEISHA版!

何でもいいけど、POKENって何?

「ポーケン」とは、別名、SNS名刺、または※デジタル名刺。とも言えたりする。 ※友達の中では勝手に「デジメ」と呼び始めてる。紙ナプキンに電話番号やメールアドレスを書いて渡したり、後でわざわざFacebook、LinkedinやTwitterで探したりしなくていいっ!

で、どんな時にどうやって使うの?

「名刺」VS 「ポーケン」???

例えば、イベントやパーティで、たくさんの人と出会ったりした時、、、、

初対面の人の顔と名前覚えるのって難しい。それに、その場でもらった名刺を整理するには、結構時間がかかるし、しかも情報はアップデイトされないし、それに、自分のSNSのアカウント名や、ホームページURLを教えたり、相手のアカウント名を聞いたりとか~。

出会いが多い人ほど、マジで超~大変なお仕事になってしまいますね。

っていうか、

逆にそうじゃなくて、「シャイなので、パーティで人に声かけられない。」なんていう、恥ずかしがり屋さんにも、POKENは使えるんです!『小さくて、可愛くて、流行りのカジェット』 だからこそ、「本当は、”あの人”に声かけたいけど、きっかけがない、、、」なんて悩んでる時に、このPOKENくんをちらっと見せて、その人との会話を始めるきっかけにもなったりするし。

ポーケンがあれば、自分のプロフィール情報、例えば名前やメールアドレスだけではなく、自分のブログやホームページのアドレス、色々なSNS(ソーシャルネットワークサービス)での登録 IDなど、『自分の教えたい情報』だけを、教えたい相手とカンタンに交換することができます。同時に、いつ何時に友達に会ったかという情報も記録しているので、、、「3週間前に会った、青山さんの知り合いの、あれ、名前なんだっけ???」なんて時にも、履歴をみることができるし、また、一度プロフィール交換をしたことがあるお友達とも会うたびに「ハイタッチ」すれば、いつ何回会ったのか等のデータも管理することができたりして、、、、何かと賢い子なんです。


でも、どうやって、使うの?

ポーケンを買ったらすぐに使うことができ、POKEN相手とハイタッチを して、家に帰ってからパソコンのUSBにさしこみ、Web上で自分の情報を登録したら、完成。

事前登録も必要なし!

お互いのポーケンの手を1~2秒かざしあって、緑のランプがつけばデータ交換成功!これであなたの情報は相手に、相手の情報はあなたのポーケンに伝わります。

※ちなみに、ハイタッチを英語では、ハイフォーといい(ハイファイブの指が4本版という意味)

じゃあ例えば、情報交換したくない人に、『ポーケンしようよ!』って言われたら、どうしたらいい?断るのも悪いし、、、

そんな時には、相手の気分を害せずに、乗り切る方法があるんです。

まず、自分のプロフィールはビジネス用、プライベート用など5種類まで登録でき、これらをPOKENする直前に切り替えれば、相手に合わせて適切な情報を与えられる。POKENしたくない相手には「ゴーストモード」というプロフィールに設定すればOK。

ゴーストモードでハイタッチすると、その場ではグリーンライトがついて、通常通りPOKENされたように見えるが、実は自分のデータは相手に送られていない状態になる。そして、後から相手がどんな人か確認してから、自分のプロフィール情報を送ることも可能。


っていうか、、、、相手もゴーストモードだったりして。結構笑える。ある意味、お互いに思いが通じていたりして。


***追加情報***

4月26日にブロードキャストされた英語のライブ・ポットキャスティング、JapanTechTalk (日本のソーシャルメディア、テクノロジー関係)にゲストで招待されていたPOKEN JAPANの代表取締役のピーターさん、Peter Van der Weeën 氏のコメントの一部を紹介。


質問1

なぜ、北米市場より先に、日本で発売されたのですか?

回答
北米市場に向けては、今、サンフランシスコでビジネスの基盤を作っているところです。日本市場が先になった理由は、ヨーロッパ出身のバイリンガルの社員のいる会社から、POKENを日本で全面的に展開していきたいと強くアプローチされたからです。とのこと。

リスナーの文子
ふ~ん。確かに、既存する会社を通して販売をはじめたとすれば、最初から全てを立ち上げるより、文化の違い、マーケット市場調査など、いろんな分野でもっとスムーズに、短期にビジネスを展開していくことができる点ではうなづける。


質問2

あまり日本人受けしないデザインではないかというコメントを聞いたりしますが、どう思われますか?

回答
デザインがちょっと、、、という意見が多少あるのは理解しています。本社のスイス人デザイナーがデザインしたですが、日本でもほとんどの人が気に入ってくれていると思っています。ただ、現在、日本市場向けに新しいデザインのコンテストをやろうと準備をしているところです。

リスナーの文子
デザインは正直言ってかなり、奇抜。ヨーロッパの可愛いという感覚と、日本人が可愛いと思う感覚がかなり食い違っているのが、今回でよく分かった。その証拠に、以下に紹介するように、自分でデコポーケンオリジナルポーケンを作っている人たちがいる。


質問3

MixiとかGREEとか、日本のソーシャルネットワーキングには対応してますか?


回答

はい、今準備中です。
ちなみに、Mixiはもうすぐ利用可能になります。

リスナーの文子
そりゃ~よかった。ふ~っ。話変わるけど、「婚活」のイベントとかにも、ピンポイントで使えないのかな?流行りのトレンドをいち早く取り入れて、他社との差別化を図れるよいチャンスのような気がする。結婚支援企業の皆さま、これはチャンスかと、、、、、。

ちなみに、婚活とは関係ありませんが、もうすぐ、名古屋でもPOKENのイベントが開催される予定です!

予定が決まったら、このブログでも紹介します!

今のところ、名古屋で買える場所はありませんが、なんでもいいから今すぐゲットしたいという人は連絡ください。知っている人が数個なら、まだ在庫を持っているかもしれないので問い合わせてみます。既存のデザインがいまいち気に入らなくても、カラーさえ気に入れば、デコポーケンを作って、世界にたった一つのMY POKEN を作るのも、オシャレかも、、、。

<関連サイト、ブログ等>

公式サイト
Poken.jp
ニュースやアップデートなどPRサイト

ログイン用のサイト
DoYouPoken.com
実際にポーケンの機能を使用するログイン用

オンラインショップ
アマゾン

Twitter


PokenJapan

コミュニティー

Mixi コミュニティー
ポーケン(Poken Japan公式)


Facebook グループ
Poken Japan (Official Users Group)


オリジナルポーケン
オリジナルpokenの作り方

★イベント★
Meetupカレンダー

<追加情報2>

「POKENの名古屋」のオフィシャルイベント – featured with JIBE  –
6月末に行われた、外国人起業家と日本人起業家のための交流、コラボ発掘イベントの一環として、メンバーのIDにPokenを採用した、コラボイベントの案内です。http://upcoming.yahoo.com/event/2852470

あと、このブログの後で始まった、POKEN関係のTwitter です。

POKEN Nagoya

Deco Poken