名古屋には、135カ国から来ている外国人が暮らしている。

法務省の情報によると、平成19年末の時点で外国人登録者数

<都道府県別>
1位 東京都 382153人、全国の17.8%
2位 愛知県 222184人 10.3%
3位 大阪府 211758人 9.8%

<国・地域別の割合>
全体 愛知県
1位 中国(台湾・香港含む) 60万6889人(全体の28.2%) 1位 ブラジル 80401人(全体の35%)
2位 韓国、朝鮮 59万3489人(同27.6%)           2位 韓国、朝鮮 42252人(全体の19%)
3位 ブラジル 31万6967人(同14.7%)              3位 中国 41605人(全体の18%)
4位 フィリピン 20万2592人(同9.4%)              4位 フィリピン 24065人(全体の11%)
5位 ペルー 5万9696人(2.8%)                  5位 ペルー 8292人(全体の4%)
6位 米国 5万1851人(同2.4%)                  6位 ベトナム 4173人(全体の2%)

ただし、人口に占める割合をみてみると、東京の3%を超えて、愛知県が3.02%と国内でいちばん外国人の比率が高い。

『カナダ』の場合、常に「その他」に含まれているマイノリティーで、正確な情報を見つけるのが非常に難しい。
法務省の「在留外国人統計」(平成19年版)によると、2006年12月末日現在のカナダ人、外国人登録者の日本全国の総数は、

たったの11893人

その中には、Monkey MajikのPlant兄弟も含まれてるんだね。

<参考記事、情報>

名古屋圏在住の外国人について

愛知県の外国人登録者数の推移