その昔、

傷ついたしかが

湯につかって

治したと伝わる

名泉、鹿の湯。

鹿の湯ホテルに泊ってきました。


夫の誕生日を家族で祝おうと、久しぶりにみんなで旅行が出来て楽しかった。

まだ、2月だったので、山の天気は変わりやすく、部屋でまったりしていたら、

いつのまにか、雪に、、、

これは、角部屋の私たちの部屋から見える、四日市方面の景色。プールにももちろん、雪が残っている。

夕食の時間になり、別室に移動した。

客室担当の女性は、夫が外国人なのがなんかすごく気になるようで、かなりテンションが上がっていた。おしゃべりが全然、止まらなかった。妙に親切というか、、、。

お料理もおいしかった。

部屋に戻って、ふかふかお布団の上でゴロゴロするのが極上気分。

翌朝も、贅沢な気分を味わうため?露天風呂へ。これも、ほぼ貸し切り状態。

目の前に広がる雪景色を見ながら、冷たい空気の中で、湯気につつまれて、、、熱~いお湯に肩までつかり、、、

これぞ、日本人!っていうか、、、日本に生まれて本当によかった~っといつも、心から思える瞬間。

熱いお風呂が苦手な外国人の夫とは、この気持ちを分かち合えない。

やはり、とても残念に思うが仕方がない。

これは、ホテル内に、飾ってあったおひなさま。

あと数週間でやってくるひな祭りに備えているらしい。

ホテル内のロビーでコーヒーを飲み、帰路へ。

ここも、三重の隠れ家的な存在なのかも?

<三重 観光>

三重の隠れ家、格安で泊まれてサービスも最高の温泉宿『ホテル湯の本』ここにあり!
伊勢と言えば、おかげ横丁。私のお勧めはこれっ。
伊勢、鳥羽 -1泊2日の家族旅行