1月3日、椿会館で5年ぶりに中学の同窓会が行われた。

5年前の同窓会では、ほとんどが中学卒業以来で、申し訳ないくらい認識不明だった人たちがいた。(笑) 今回はもっとひどかった。認識不可能で、卒業アルバムで見比べていたりして、、、ヘアスタイルが変わるとっていうか、ヘアがなくなると難しくなる?

今回の幹事さんは、母のお気に入りのお茶屋さん、拝啓かあさん のCEO。このお茶を飲み始めて何年になるのかな?いいお茶は、海を超えた場所にいても、心をほっとさせるというか、日本人になれるひととき。とても大切な時間だった。社長の彼は、時々、小学校などに行って生徒がお茶に親めるよう、地道な活動もしているとも聞いた。

前回の同窓会ではいろんなハプニングがあった。まず、当時は独身で未婚。それだけでも記録。私だけ、、、だった~。それだけでなく、自分のクラスも思い出せず、違うクラスの席に座っていた。ちょっと、恥ずかしい。

とは言っても、カナダからの参加だったので、それを理由になんとかボケてみた。ついでに、もう一つ図々しく、当時、日本向けのアロマセラピー系のブランドヘアケア商品の輸出のビジネスをスタートさせる準備でいたので、少しそのPRとして、AURA商品のプレゼンをさせてもらった。 <画像はAmazon.com より引用>

人前で話すのが超苦手なので心臓はバクバクしていたが、人前で話す練習にもなるし、失敗しても失うものはないと思って勇気をだした。ただ、恥ずかしい思いをしたのはそこで終わらず、名刺のタイトルにスペルミスを指摘された。正式なものを印刷する準備時間がなく、前日の夜中にスーツケースを詰めながら作ったものだったので、細かいことをチェックしてなかった。ああ、ホント今思い出しても、これは最高にカッコ悪かった。恥ずかしい~。穴があったら入りたいとはこの時のことだった!

今回の参加者も前回よりかなり多く全生徒の約1/3くらいだったと思う。私の隣の席に座った女性は、地元で名の知れてる、うどん専門店、ゑびすや 株式会社エビス.カンパニー. の専務取締役だった。

彼女のことは前回逢った時からずっと頭に残っていた。

その理由は、当時の私のプレゼンは、けっこうあやふやでインパクトのあるプレゼンとはとても言えるものではなかったのに、商品に興味を示してくれたからだ。配布用のサンプルはないのか?と聞いてくれた。

AURAという商品は、早く言えばAVEDAのようなアロマセラピーのヘアケア、当時も今も日本未発売品。

alterna1値段的にAVEDAと比べるとかなりお手頃。カナダではずっと愛用していた。ただ、残念ながらこの商品は提案した時点で却下。もっとブランド価値、知名度の高い商品を探しているということだった。いろいろ提案して、最終的にはアルタナという商品に決まった。ブランド商品として北米の雑誌にも毎月のように紹介されているし、ジェシカアルバ、ヒラリーダフ、パリスヒルトン、ジェニファーロペス、サンドラブロック、デミモアーなどかなり多くのハリウッドセレブ女優が愛用 しているからだ。基本的には専門のヘアサロンや高級スパなどで使われている。

話が横にそれてしまったが、エビス.カンパニー.の話に戻る。

カンパニーのウェブにあった社長のブログを読んでみた。(専務取締役のブログもあればいいのに!)ビジネスとその将来について、前向きな姿勢を感じられた。それと未来予想図というページ。私はこれが一番気に入った。会社の将来のVISIONがビジュアル化されている=ポジティブな構想が印象に残る。社員にとっても、ビジターにとってもいい刺激。ウェブを読む前は地元で店舗を大きくしている普通の会社だと思っていたが、2011年には青山、2018年にはマンハッタンへ進出という、海外への進出計画もあるらしい。

”うどん”が何よりも好きな私にとって、嬉しい発見だった。

バンクーバーにも、オシャレ、こだわりのある居酒屋、ラーメン屋などは増えてきているが、うどん専門店は記憶にない。

海外進出と言えば、やはりユニクロが気になる。同時に、愛知県に本社があるCoCo壱番屋 (夫が大好き)の動きも気になる。残念ながら、担当の方によると、両者とも、バンクーバーへの出店予定は今のところないらしい。 ロケーションとしてはアジアからの移民がすごく多い、人口の約半分が中国系という統計を持ち、健康に気を使っているので、海鮮類や和食を好むバンクーバーだからこそ、スタイル、テイスト的にも日本のモノって結構ピッタリだと思う。

なにはともあれ、地元の”鈴鹿から”世界へ目を向けている、エビス.カンパニー.に乾杯!