12月8日、ついに念願のユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ。

天候をみて、前日に決めたのでほとんどのものをオンラインで手配した。名古屋からUSJに行く方法は3種類あるが、新幹線が一番早く、それよりお財布フレンドリーなのが近鉄。ただしその場合、鶴橋でJRに乗り換える必要がある。新幹線にしろ、一度、乗り換えをすることになることには変わらない。

ということで、一番楽な方法が、大阪経由の直行便バスだった。USJまで直接乗せて行ってくれるというのが、一番の魅力だった。

当日は、予約ができなかった早朝のバスを、集合場所に直接いって乗せてもらった。予定通り、約11時前に現地に到着。

まずは、入り口前にある、巨大なユニバーサルスタジオの地球儀の前でパチリ。
ランチは、サンフランシスコ・エリアで、ラグーンの側のパティオでお馴染みのクラムチャウダースープを頂いた。

最初のアトラクションはサンタのトイ・パーティ。スノーマンと、サンタの衣装をきた女性サンタの軍団が元気いっぱいだった。ショーの後、一同のパレードもあった。

その後、バックドラフトのアトラクションをみた。結構、映画のセットも、火災をリアルに再現してた。火災が起きたらどうなるかっていう、炎の力を体感。

次のアトラクションは、ハリウッド・エリアのミュージカル、ファンタスティック・ワールド
地球に見かけた舞台装置、カラフルな生き物たちがファンタジーの世界で舞い踊っていた。

その後、アミティ・ビレッジで”ジョーズ”では、船に乗ったアトラクション。待ち時間約30分?大技のアトラクションで、船に乗っていたらジョーズにアタックされるというシナリオ。

そのまま、次のアトラクション、ウォーターワールドへ行く途中、ジェラシックパークへ。乗り物は、、、。乗りたいのはやまやまだけど、水しぶきが凄すぎて、かっぱなしではありえない感じだった。

ウォーターワールドのアトラクションは、狭い空間でジェットスキーを操るエンターテイナーの技術はすごいと思ったけれど、、、この寒い冬の時期も、テーマだから仕方がないのか、衣装は夏のままの半袖で、エンターテイナーは演技でずぶ濡れ。前列もしっかり水を浴びていた。

小走りに、次のアトラクション、ランド・オブ・オズのミュージカルウイケッドに向かう。さすがに、ブロードウェイ生まれの特別版。迫力が凄い。舞台装置も、衣装も素晴らしかった。

あたりはもう、暗くなりかけていた。

夕食は近くのレストラン、ルイズN.Y.ピザパーラーにて、、、。

ナイトショーには、今日のハイライト、″天使の奇跡″を見た。大きな舞台で、ほんとに素敵な演出でした。エンターテイナーも、画像も舞台のセッティングとか、ライティングすべて素晴らしく、、、空から天使が舞い降りてくるというシーンも素晴らしく、エンディングには、クリスマスツリーのライトアップ。

ロマンティックなムードに周りが包まれたショーでした。

そのあとは、早足でスパイダーマンのライドへ。゛アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイーダーマン。これが、凄かった。ツアー形式で、ディスプレイが並んだ部屋を少しずつ進んでいくと、ライドの近くで青い3Dのサングラスを手にして、いざライドへ。これが、すごい迫力で、リアルに左右、上下の一言では表わせない゛体感″を経験できる。

ユニバーサルスタジオの中で、私の中でこれが一番だった!

最後のライドは、ちょうど帰り道にあったE.T.アドベンチャーで。これは残念ながら、Out of date というか、なんとなくセッティングが古い感じがした。

クリスマスのにぎやかさを背にしたくなくて、帰りたくなくなかった。

″ここに、住みたい!″という思いでいっぱいになった。

「クリスマス」のなんとなくワクワクした、明るくて、楽しい雰囲気が、、、そして私にとっては、一年の中で一番大好きなシーズンが、ここに凝縮されていた気がした。

子供じゃなくたって、夢見ることはできるんだ!っていうか、素直な心でしっかり楽しめた。ある意味、子供より楽しめたのかもしれない、、、、、

 

 

その他のフォトはこちらへ。

 

<日本、クリスマス関連記事>

『MIDLAND SQUARE』はなだ色のノエル。今年初めてのクリスマス