最後の祖父母、たったひとりで毎年、毎年頑張ってくれていたおばあちゃんが、水曜日に亡くなくなった。

感謝の気持ちをいつも持っていて、愛情たっぷりだったおばあちゃん。ここ何年も寝たきりで、言葉も交わすこともなかったけれど、そこにいてくれるだけで、生きてくれてるだけでよかった。


今朝、実家から告別式に向かう途中、お茶畑から

しっかり大きな虹がみえた。

まるで、おばあさんが ”私は大丈夫だからね”

これからも元気に生きて行っておくれ!と

言っているような、、、、

とても爽やかな気持ちで、お別れの日を迎えさせてもらえた。