先週、11月4日と5日に恵比寿ガーデンホールで開催された、デジタルガレージ主催のカンフィレンスに参加した。

初日は、昨年blognation japanのlaunch party以来お会いしてなかった、サンマイクロシステムズ時代の渡辺さんや敬和学園大学の助教授の一戸信哉さん、Tokyo2point0の運営責任者のアンドリューさんなどと久し振りにあえた、、、。

そして今回のイベントで、初めてお会いしたのが、アルファブロガーであり、「Asiajin」の開設者でもある秋元さん、あとは台湾でベンチャーキャピタル系の会社のディレクター兼、創始者であるクリスティーンさん、デジタルガラージの南さん、そしてSeesmicのLoicさんと奥さんなど、、、。

SeesmicのLoicさんと言えば、最近彼の会社から解雇された社員達が、彼のことをブログ上で悪く言っていたのを覚えている。それらの記事だけを読めば、アメリカの不景気を利用して突然社員を解雇したひどい経営者にしか見えないが、その理由は分からないので何が事実かは分からない、、、という心理状況でLoicさんと会った。実際、直接話してみるとすごく雰囲気が優しくて、奥さんも綺麗な人で、全然話やすかった。

そして、南さんことDigitalbearさんは私がTweeterでフォローしている人。
いつも思うのだが、最初にデジタルの世界で出会い、実際に会ってみた時、本当は初めて会った人なのに、なぜか遠い人という感じが全くしない。相手がどう感じるかは別の話だけれど、、、。

会場では、ゲストへの質問などはTwitterを使って、@konkan というアカントにコメントを送れば、それがイベント内で反映されるシステムになっていた。

同時に、主催側とは異なるが、会場ではライブのブログも行われていた。(英語)
Live Blogging The New Context Conference 2008 (Tokyo)

初日は、Linkedinの創業者のReid Hoffmanがビデオ演説とスカイプでライブ交流をした。おそらく実際に目の前で話せばもっと良かったのだと思うが、話に華がなくありきたりでドライだった。やはり、このような機会では、ここに来ていなければ聞けないというような濃い内容の話が聞きたかった。

午後のコンテンツのセッションは、札幌市立大学デザイン学部教授武邑光裕氏の、大学の学部の説明とプロデューサー/ゲームクリエイターの水口哲也氏が見せてくれたビデオが気に入った。eコマースでは、国や地域を越える決済ビジネスとしてKiva創業者のMatt Flannery氏による、新しいソーシャルビジネスのコンセプトが素晴らしいと思った。

そして、2日間のイベントでは、最後のプログラム、伊藤嬢一さんと北米ゲストとのパネルディスカッションが、一番エキサイトしたし、楽しかった。

日本が車や家電業界ではすでにどの国の市場でも高い地位と知名度を得ているように、ITの業界でもユニークなアイデアや優れた技術をもったエンジニアーさん達がたくさんいる。実際、毎日のようにマッシュアップ等でいろんなアプリが作り出されている。

日本発のグローバルビジネスの展開.....

シリコンバレーなどでベンチャーキャピタリストの投資を受けてスポットライトを浴びた人たちと同じように、大規模な企業じゃなくても、日本にだって、世界に負けないものうやサービスを日々開発中のエンジニアーさんやプログラマーさん達がいっぱいいる。せっかく素晴らしいものを作ったのだったら、国内でひっそりまたは仲間内だけでシェアーするだけでなく、海外へも発信することも視野に入れて作ってほしいと思う。それだけの実力があるんだから、グローバルな舞台で、一人でも多くの日本人企業家が、どうどうと脚光を浴びてほしいっ!」と切に思うし、可能だと信じている。

そういう意味でも今回のイベントのように、IT業界で海外と日本の懸け橋になっているDigital Garageさんには今後も、活躍し続けていってほしいと思う。