この日は、チェックアウトしたとたん、雨が振り出すというすごいタイミングで一日がスタートした。

旅館から歩いていける観光地、眼鏡橋に向かった。

眼鏡橋は日本最古の石造アーチ橋として、知られている。水に映った部分を含めてみると眼鏡のようにみえることから、眼鏡橋と呼ばれるようになったようである。

帰り道、たまたま通った道のショップに、福岡行きの高速バスの割引チケットが売られてので、早速その場で購入。ちょっとラッキー。

長崎の観光は朝で終えた。

曇り時々雨の長崎だけど、福岡はどうなんだろう。台風の進み具合もかなり心配だ。

移動の途中、ひとつびっくりしたことがあった。

福岡空港の近くの高速上にあるバス停で、乗車しようとしたお客さんがいた。

バスの運転手が”これは降りる専用のバス停です。”と一言いってそのお客を乗せなかった。

あの親子はどうやってあのバス停に着いたのだろう?降りるとは言っても、高速の停留所?

ちょっと理解に困った。

福岡は曇り空。

下車の時間になった。博多と天神の距離感がよくわからず、とりあえずホテルに近そう?な天神で降りてみた。

手持ちのマップによると、天神駅からホテルまではそんなに遠く見えなかった+地下鉄だと1駅先だったのということから、徒歩範囲内の距離だと理解し、歩きはじめた。

私は地図を、夫はiPhoneでGPSを見ながら、ホテルに向かった。

で、発見したのはiPhoneのナビは歩いていないと明確でなくなるってこと。信号待ちとかの場合、とにかく歩き出さないと正しい方向に進んでいるのかどうかわからないということだった。

そのうえ、福岡では1ブロックの距離が長い。長崎とはぜんぜん違う。スーツケースも持っていたし、初めて歩く道は、必要以上に遠く感じた。

なんとか無事にホテル、平和台ホテル本館に到着。

少し休んでから、福岡の中心へ向かう。

ホテルからは違う道を通った。中心部に行き着くまでにお腹がすきすぎて、、、、。

パティオが誘っている感じ?だったのでインターナショナル風のカフェ、TRAVEL CAFE (博多グリーンホテル) の1Fで夕飯を食べた。

その後、天神に向かう途中、屋台をいっぱい発見。ラーメンなどもお手ごろのお値段でいい感じだった。今度、福岡に来ることがあるのなら、ぜひ行ってみたい。