ホテルでバフェ朝食 を食べたあと、朝市へ。

8時を過ぎて現地に着いたが、すでに売り場の人たちは商品をかたずけ始めていた。
やはり、早朝の3時から商売している人たちにとっては8時は閉店に近い時間帯なんだろう。
やっぱり、違う。

ホテルへの帰り道、せっかくの晴天なので、三浦カトリック教会へ立ち寄った。メインストリートからのアクセスは、とても長い階段のみ。ちょっと息切れ?気味でなんとか着いた。今は、道路の反対側にも高い建物が建っているので当時とは景色は違っていると思うが、イエスキリストが両手を広げて、佐世保の町を守っている印象を受けた。

昨日の豪華船ですっかり船に魅了され、佐世保から長崎へのフェリーを探してみた。、、、、がやはり存在せず、予定通りバスで長崎へ移動。

JR長崎駅付近では、スーツケースを持って移動するのはかなり不向きというか、とても大変だった。おそらく、路面電車の為なのか理由は分からないが、駅に行くには歩道橋を渡らなければならず、その上、エレベーターは駅側にしか存在しないので、例えば、車いすの場合はちょっと考えられないというか、、、駅周辺に関しては、改善すべき点があると思う。

長崎のインフォメーションセンターは規模的にも佐世保よりもかなり小さかった。それはいいとしても、対応があまり良くなかった。見た目は若くて明るい感じの女性達だったのが、もう少し、親切でもよいのでは、、、という印象が残り、ちょっと残念だった。

長崎駅から路面電車に乗って、今回の旅行の目的地、平和祈念像を見に行った。

平和公園
平和祈念像 →旧長崎刑務所浦上刑務支所遺壁原爆落下中心地碑長崎原爆資料館

という順番で、ゆっくりと時間をかけて回った。

日も暮れてきたので、ホテルに向かった。

この日に泊まったホテル、ビジネス観光ホテルいけだも、路面電車の最寄りの駅から徒歩1分と書かれていたけれど、実際には長崎駅から約徒歩5分という近距離で路面電車を使う必要がなかった。
レストランを探すため、付近を散策した。