先日、バンクーバーから来ている夫の友人、ビルさんを三重県の観光地へ案内した。
あいにく、前日まで台風4号の影響で、雨風がとても激しかったので、海沿いのドライブはやめた。

が、23号線を伊勢方面に向かう途中、津市のあたりでとても目立つ道路標識を発見。
セントレア空港行きの高速クルーズ乗り場、津エアポートラインだった。時間に余裕があったので、立ち寄ることにした。

アイデアとしてはいいと思う。津市より南に住んでいたら、利用するかもしれない。

セントレアに行くには、鈴鹿からだと必ず高速で、伊勢湾岸道路を利用しているが、40分という高速クルーズ、1890円。セントレア空港からだと、そのまま名鉄で家まで帰れから、夏の晴れた日に、クルーズ気分で試してみるのはいいかも?

そして、伊勢、鳥羽と言えば我が家での定番の、二見の夫婦岩、伊勢神宮、おかげ横丁周りに向かった。

夫婦岩、何度も行っているのに今回はじめて気づいたことがある。

それは、早朝は日没に夫婦岩の間から朝日と夕日の見える写真が取れるということは知っていたが、なんと、それだけではなく、運がよかったら同時に、「富士山」のシルエットも見れるということだった。全ての条件が重なればそんな神秘的なフォトショットが可能らしい。

遅めのランチを二見プラザのカフェ、「シーブリーズ」で食べた。海の景色を見ながら、私はせっかくだから、現地の食べ物「伊勢うどん」とおにぎりのセット、夫はスパゲティー、ビルは伊勢・志摩の特産品、真珠の貝柱と貝肉で作った「パールカレー」を食べた。

不思議なカラーのカレー。見た目は完全にホワイトシチューぽいのに、味は確かにカレー味。ただ、スパイスがかなり効いているので、どっちかといえば、東南アジア風のテイストと言えそう。


そして、いざお待ちかねのおかげ横丁へ。

家族へのお土産には、本店で「赤福」を買って、と思っていたが、お土産は完売。うっ。涙。

食べ物屋がある方に進み、きゅうりの一本漬け、1本100円を買った。薄めの塩味でちょうどいい具合。みずみずしいきゅうりだった。その後は、夫の大好きはドーナッツ、どうやら正体は、とうふドーナッツのようである。見た目は、何も特別ぱっとしないが、味がいいんだこれが、、、。やっぱり食べ物は、見た目だけで判断してはいけない。

でも、それはそれでよくて、、、、私の一番の目的?例の食べ物が見つからない。私の「ひりょうず」の出店が見つからない、、、、。値段は決して安いとは言えないが、具が本当においしい。一度食べたら、また、どうしても食べたくなる味と食感。妹夫婦にもお土産として買っていこうと思っていたのに、これはショックだった。

気を取り直して、伊勢神宮へ。前回の秋の旅行とはまた違い、新緑の緑が眩しいくらい綺麗だった。観光ツアーの人たちは、もう帰路に向かった時間だったので、神宮内は人ごみがそんなになく、ゆっくりと時間をかけて歩いた。森林浴を浴びて、リフレッシュな気分になって、私たちも帰路へ。

帰りは、伊勢から高速で帰った。亀山-四日市間が15キロの渋滞と書いてあったので、亀山で降りたのはよいのだが、、、私が利用していた頃とは、想像もつかないほど発展していたので、しっかり迷ってしまった。使っているナビはアップデイトしてない?/されてない?ので、数ヶ月前にできたばかりの高速の情報とか、新しい道路とかの関係がまったく分からずに、非常に困った。そうなのです。「ここぞ、君の力が必要だ!」という大事な時に限って、フリーズして動かなくなってしまう、困ったナビ君。自分の車じゃないし文句はあまり言えないけれど、、、。

なんとか、旧道を探し当てて、無事に帰宅。とりあえず、高速に乗って、お金を払って渋滞に巻き込まれるよりは、早く帰宅できたと自分では信じている。

<参考サイト>
伊勢かまぼこの若松屋/おかげ横丁内
真珠のカレー「パールカレー」-「手コネ寿司」のサンエイが新発売