『最高のサービスは、最高の製品を超える』

随分昔の事になるが、あれは確か1989年だった。

私がアルバーター州のエドモントン市に住んでいた頃、ダウンタウンの中心部にある、

カナダの西部では最大級のWoodward’sというデパートがあった。

そこにある、有名ブランド化粧品ばかりがおいてあるフロアーに

シャネルやランコムと肩を並べて、”資生堂”SHISEIDOとして、

日本製ブランド化粧品として並んでいた。

ずっと前から、資生堂の 海外進出は始まっていたのである。

そして、2008年の資生堂は、商品と同様に、

”サービス面”にもかなりの力を入れているようだ。

数日前にもTwitterにも書いたのだが、資生堂は日本流のサービスで攻める。

人のサービスが『成功のカギ』。だからこそ、社員の力をつけないといけない。

ここで、人材教育が必要となってる。

日本の老舗旅館のような、「おもてなしの心」を持って、

日本流のサービスを海外でも徹底するとのことだった。

業界は変わって、日本の居酒屋チェーン「和民」香港で店舗を出している。

日本流のサービスが香港人にも評価されているようだ。

香港では、親と神様にしか、膝はつかないので、

客からは日本流の膝つきの注文の取り方によって

「”お客”として大切に扱われている」のが分かるからだそうだ。

ただし、現地の社員を教育には、2倍の時間を要するそうだが、、、。

以前、デルのカスタマーサービスの関する *記事 でも書いたように、

販売員の接客態度で全てが決まると思う。

それともう一つ、私が、実際に体験した”感動のサービス”の話をここで紹介したい。

あれは2年前、私たち夫婦が短期で日本に滞在中、

帰国直前に夫が”眼鏡”をオーダーした時の話。

視力測定の際にどうしても片眼が上手く測定できないので、

眼医者に見てもらうように強く勧められた。カナダへの帰国日程が迫っていたので、

とりあえず最適と思われる度数でメガネを作ってもらった。

帰国後、眼医者にいくと”ドライアイがかなり進んでいる”と言われた。

しばらく目を休めて視力を再度測ってもらい、その度数で片目のレンズの

度数を再調整してほしいと、カナダから眼鏡を送付した。

その後、そのメガネは日本の実家に送付、又は両親に取りに行ってもらうことを予定していた。

それが、なんとある日、その眼鏡が、カナダに届いた。

海外まで送料負担で送り返してくれただけでなく、手書きでメッセージも入っていたのだ。

とてもびっくりした。

『これぞ、日本のおもてなしの心!と心から思った。

夫共々、彼の誠意あるサービスにとても感動した。

何か月もあとのことだが、ちょっとした感謝の意味を込めて、ポストカードを送らせてもらった。

鈴鹿ハンター店内眼鏡市場 (当時はメガネトップだった)で働く、

伊藤さん。あの時はどうもありがとう!

私も最近、同じお店で自分の眼鏡を購入した。

その時の担当者の女性の方も気持ちよいサービスをしてくれました。

そしていつも見かけるもう一人の男性社員も、以前、眼鏡が歪んでしまった時も

もっていったらすぐに直してくれた。

あのようなちょっとしたサービスは、カナダでは有償のサービスでしかやってくれません。

アフターケアーバッチリのサービスには、本当に助かっています。

心をこめた日本流のサービスは、世界に誇れる素晴らしいものなのです。

*関連記事〉
*Dellのノートパソコン購入時のトラブルとデル社員の対応 - 誠意を見せるとは?
*日系人移民シリーズ‐波乱なる人生、チャーリーチャップリンの秘書は日本人だった