Web of the Year 2007  受賞サイトのリストというのがおそらく数か月前?に発表されたようだ。
私なりの感想をちょっと付け足してみた。

年間総合大賞
ウィキペディア
圧倒的な得票数を獲得、異例の2年連続

特別賞
ネットレイティングス賞
ニコニコ動画
2006年のYouTubeにひき続き、動画共有サイトをを選出。 登録制サイトとして史上最速でユーザー数が拡大。

話題賞

  1. 脳内メーカー
  2. ニコニコ動画
  3. YouTube

プロバイダー賞

昨年同様ヤフーBB が獲得
その他、地図、コミュニティー、旅行、ショッピング、エンタメ、 その他いろいろとあった。<個人的な感想>
当たり前だが、受賞したのは新星のニコニコ動画や脳内メーカー以外には、有名なサイトばかりだ。北米では、新しいアイデアを主にしたベンチャー企業がその分野の頂点に立っていたりするが、北米スタイルのベンチャー企業があまり成り立っていない日本ではやはり、新しいサービスが短期間で既存のサービスを越えて分野のトップになるというのは、やはりとても難しいのだろう。