今朝、夫がカナダの家族に電話をしたとき、ちょうどEasterで家族が集まってディナーを食べてるとのことでした。

これは、簡単にいえば、イエスキリストが十字架に架けられてから3日目によみがえったことを祝うことで、クリスチャンの間では、クリスマスよりももっと大切にされています。

金曜日はGood Fridayと言って、カトリック信徒の場合は年に一度だけお肉を食べてはいけない日といして扱われているので、代用して魚料理が好まれているようです。

もちろん、カナダでも全てがキリスト信徒ではないので復活祭自体を祝うわけではないのですが、祝日なので家族で集まってディナーをともにしたり、保育園や小学校ではイースター・エッグ(Easter egg)という、卵の殻にカラフルに色づけをしたり、それだけではなくスーパーやデパートでは卵をかたどったチョコレートなども売られています。それと同時に、イースター・バニー(ウサギ)も最近ではシンボルとされています。同様にウサギの形をしたチョコレートなどもこの時期にだけ販売されています。

今年のEasterには私夫婦の席が空席で、ちょっとさびしかったそうです。

来年は、一緒にお祝いできるかもしれません。

Technorati , , , , , , 復活祭