<島根県の島おこし>

”危機”という文字のように、”クライシス=危険”には、その渦中を通らないと見えない”解決方法”が潜んでおり、

そのビジネスが成功するかどうかへの”大きなチャンス”という意味でもあるからである。

島根県の島のほとんどは、海産物、農業等で生計を立ててるようだ。 きれいな海で、素晴らしい海産物が取れても、鮮度が命の魚にとっては、それが本島まで届くまの輸送時間が架かるため、どうしても本土で取れたばかりの魚産 物よりは値段は低くなるし、それと同時に、輸送コストもかなりかかってしまう。

つづき。